これを読めば万全!! 大人気SUVのスマートな運転術!

オンロード指向の今だから意識したい!! SUVのスマートな運転術

 いまや世界的に人気のSUV。2021年は多くの国産SUVが登場し、ヴェゼルやランクル300、カローラクロスなどいずれも大ヒットとなっている。

 車高が高く見晴らしがよいのが特長だが、サスペンションストロークが長く、また車重もあるので、運転には独特な癖がある。

 そこで今回はSUVのスマートな走らせ方について考えてみよう。

文/斎藤聡、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】まさに百花繚乱!! オフロードからシティユースまで どこで乗っても楽しい現代のSUVを見る!!(8枚)画像ギャラリー

■今の主流は本格派よりも乗用車的SUV

ヘビーデューティからタウンユースまで。ひと口にSUVといっても本格派から都会派までさまざまな車種がある。写真は本格派の代表格であるトヨタ ランドクルーザー

 一口にSUVといってもオフロード志向が強めのヘビーデューティなタイプから、タウンユースを中心に据えたオンロード指向のものまで様々です。傾向としては、オンロードユースをメインに据えた都市型SUVが人気で、占める割合も大きくなっています。また、SUVの形はしていますがFFも少なくありません。

 “SUVは4WDに限る”という人も一定数いるのですが、駆動方式にこだわりを持たない人も少なくありません。

 実際にFFモデルに試乗してみても、意外に走破性が高いことに驚かされたりします。FF車は4WDほどではありませんが、走破性は高いんです。近年進化が著しい電子制御ディバイスのおかげで悪路走破性はさらに上がっています。

 そんな近年のSUVですが、全体的な傾向としては、本格的クロカン4WDのようにサスペンションがソフトでたっぷりストロークするクルマは少なくなっています。むしろ乗用車的な比較的短いストロークの、乗用車的な乗り味のクルマが増えています。

 かつてクロカン4WDがソフトな足回りを持っていたのは荒れた路面を走るときに、サスペンションの有効ストロークを使って4つのタイヤを路面のしっかり設置させトラクションを作り出すのが目的でした。

 現在は電子制御で浮いたタイヤが空転しないようにそのタイヤだけのブレーキを掛けることができるので、本格的なオフロード性能を求めるクルマ以外はサスペンションストロークをそれほど大きくとっていません。

 サスペンションストロークを長くとると、ロールやピッチングが大きくなります。大きなボディが大きく傾くと、切り返しの動作が遅くなるし、直進状態からハンドルを切り出した時もまずクルマのロールから起こるので軽快な動きは出せなくなります。

 最近のSUVはコンパクトカーやセダンのプラットフォームをベースにしているクルマも多くあって、それほどサスペンションストロークを長くとっていない(取れない)のですが、クルマにかかっている力は同じなんです。

 しかも乗用車の重心高よりも高い位置に着座ポイントがありますから、ドライバーやパッセンジャーも乗用車と比べれば前後左右に(ちょっと)強く力がかかるわけです。

 ですから運転のコツとしては、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作で前後左右にかかる力を穏やかにしてやるのを意識する事がポイントになります。

■運転は上下左右の動きが穏やかになるよう心がけて

トヨタ カローラクロス。SUVは座席が高い位置にあるため、上下左右の動きが乗員に影響しやすい。動き出しと動き終わりの挙動を緩やかにするのが快適な乗り心地のコツだ

 個別に考えてみましょう。

 まずはアクセル操作ですが、アクセルも無造作にグイッとアクセルを踏んで加速するのではなく、最初のタイヤ半転がりをゆっくりと動かしそこから滑らかに加速していくのがいいと思います。

 動き出しのショックをできるだけ穏やかにしてやると、そこから続く中間加速は多少加速が強くてもパッセンジャーは不快に感じにくいのです。

 ブレーキのポイントは踏み出しを優しくするのはもちろんですが、じつはブレーキを離すところが重要なんです。

 パッとブレーキから足を離さず、緩めるようにブレーキから力を抜いてやると乗り心地はだいぶ変わってきます。これは停止するときだけでなく、例えば60km/hから30km/hに減速するような場面でも同様です。

 ハンドルを切る場面は、ハンドルの切り始めがポイントになります。

 昔のオフロード用タイヤは、オンロード向きパターンのタイヤでもグリップはそれホロよくなかったし、応答もあまりシャープにならないような味付けのタイヤがほとんどだったのですが、最近はSUV用タイヤもオンロード向けは乗用車用タイヤに近い味付けになっています。

 グリップが比較的よく、応答性のいい田谷はむしろゆっくりハンドルを切り出すとクルマの動きがぐっと滑らかになります。特にハンドルを切り始めるところ、直進状態から指一本分くらいの操作を意識的にゆっくりにすると、クルマは微クリするくらいなめらかに曲がり出します。

 ハンドルを戻すときも手の中でハンドルを滑らさず、滑らかに戻すようにすると車の動きに落ち着きが出ます。

 逆にオフロード色の強いタイヤを履いている場合は、タイヤの応答が比較的にニブめなので、ハンドルを切り過ぎないように意識してハンドル操作をするとぎくしゃくした動きがなくなります。

 以上のことはほかのクルマでもいえることなのですが、特にSUVは操作に対する効果がはっきり表れると思います。

次ページは : ■ひと口にSUVといっても魅力はさまざま

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ