4WDじゃダメなの!? 前輪駆動のSUVが好調に売れる理由!!

4WDじゃないの!? 前輪駆動のSUVが好調に売られる理由

 クロカンやSUVというと車高があり走破性が高いイメージを持つが、調べてみると販売は2WDが中心となっている。

 例えば2021年4月23日に発売されたホンダヴェゼルの最初の1か月の受注状況では、FFが81%に対して、4WDはわずか19%となっている。

 なぜSUVの売れ筋はFFとなっているのだろうか?

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】あなたはどちらがお好み!? 販売好調の都会派&本格派SUVたち(16枚)画像ギャラリー

■SUVが売れる2つの理由

2021年10月登場の日産 ノートオーテッククロスオーバー。SUVは新型車の発売も活発だ

 今の売れ筋カテゴリーはSUVだ。2010年以前のSUV比率は、国内で新車として販売される小型/普通車の10%弱だったが、今は25%に達する。小型/普通車の販売ランキングを見ても、ヤリスクロス、ヴェゼル、ライズ、ハリアーなどが上位から中堅に並ぶ。

 SUVでは新型車の発売も活発で、新規車種としては2021年9月にカローラクロスが導入された。10月にはノートの派生車種として、ノートオーテッククロスオーバーも加わっている。

 既存の車種では、レクサスNX、ランドクルーザー、アウトランダーPHEVなどがフルモデルチェンジを行ったから、話題になるクルマの大半がSUVだ。

 新型車にSUVが多い理由は、日本と海外の両方で、人気のカテゴリーになるからだ。軽自動車やミニバンは国内が中心で、クーペやセダンは海外が主力になる。

 国内と海外の両方で好調に販売できるカテゴリーは、以前はコンパクトカーの一部車種のみだったが、今はSUVが世界の市場で売れ行きを伸ばした。その結果、車種も増えている。

 それならなぜSUVは世界的に人気が高いのか。そこには2つの理由がある。まずは外観のカッコ良さと、優れた実用性を両方とも備えることだ。

 SUVの外観を見ると、ボディの下側は大径タイヤの装着などによってカッコ良く、上側はワゴン風だから4名乗車が快適で荷物も積みやすい。車種によっては3列のシートを備え、多人数乗車を可能にしたSUVもある。

 ほかのカテゴリーを見ると、クーペやセダンは外観はカッコ良くても車内が狭く、ミニバンは実用的な代わりにデザインや走りのスポーティ感覚が乏しい。カッコ良さと実用性の選択を迫られるが、SUVでは両立できるから人気を高めた。

 2つ目の理由は、SUVではいろいろなパターンの車種を開発できることだ。

 ランドクルーザーのような後輪駆動ベースの4WDを搭載する悪路向けのSUV、ハリアーのような前輪駆動をベースにした舗装路向けのシティ派SUV、RAV4のようにメカニズムやプラットフォームはシティ派のハリアーと共通でも、デザインや機能をランドクルーザーなどの悪路向けに近付けたラフロード派もある。

 さらにスバルXVは、インプレッサスポーツをベースに外装をSUV風に仕上げ、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)も200mmに高めて人気車となった。前述のノートオーテッククロスオーバーも、ノートをベースに開発されている。

 このように既存の車種を活用することで、コストを抑えて開発できることも、SUVが増えた理由だ。

■本格4WDが少ないワケ

本格的な悪路走破を想定して開発されたSUVは写真のランドクルーザーなどごくわずかだ

 しかし、さまざまな形態のSUVが、すべて偏りなく販売されているわけではない。今は大半が前輪駆動ベースのSUVで、後輪駆動ベースの4WDシステムを搭載する悪路向けは、日本車ではランドクルーザー、同プラド、レクサスLX、ジムニー、同シエラだけだ。

 冒頭で取り上げたヤリスクロス、ヴェゼル、ライズ、ハリアー、RAV4などは、すべて前輪駆動とそれをベースにした4WDになる。

 なぜ前輪駆動ベースのSUVは車種も豊富で好調に売られるのに、後輪駆動ベースは少数派なのか。その背景には複数の理由がある。

 まずSUVの歴史を振り返ると、最初は後輪駆動ベースでスタートした。もともとSUVは悪路を走るためのクルマで、ランドクルーザーはトヨタジープの名称で1951年に誕生している。

 1970年には軽自動車サイズの悪路向けSUVとして、ジムニーも発売された。これらは初代モデルから現行型まで、一貫して後輪駆動ベースの4WDを搭載する。

 また1982年には、三菱がジープの技術を生かした初代パジェロを投入して人気を高めた。これもデザインはワゴン風だが、メカニズムの基本は後輪駆動ベースの悪路向けSUVであった。

 1980年代の中盤から1990年代の初頭には、初代パジェロのような後輪駆動ベースのSUVが活発に投入されて人気を高めた。ハイラックスサーフやテラノが好調に売られている。

 ところが需要は長続きしなかった。ランドクルーザー、パジェロ、ハイラックスサーフ、テラノなどは、外観は野性的で悪路走破力も高いが、ボディは重く床は高めで小回りの利きも良くない。動力性能、走行安定性、燃費、街中での取りまわし性、乗降性などに不満を感じることが多く、価格は高めだった。

 そして抜群の悪路走破力は、日本では真価を発揮させる機会が少ない。国内で4WDを必要とする場面は、キャンプ場などに見られる雨上がりの未舗装路や雪道程度で、4WDが装着されていれば悪路向けSUVでなくても不満は生じなかった。

 このような事情で、悪路向けSUVの走破力を過剰な性能と考えるユーザーも少なくなかった。一度購入したものの、乗り替え需要を保ちにくく、悪路向けSUVから離れるユーザーも増えた。

次ページは : ■安くてカッコいい都会派SUVの台頭