追いつけ、追い越せ!? 何十年も国産車がドイツ車と比べられるナゼ

追いつけ、追い越せ!? 何十年も国産車がドイツ車と比べられるナゼ

 昔から日本の自動車雑誌の定番企画といえば、『日本車vs欧州車』。特にドイツ車とはよく比較されてきた。

 たしかにドイツは自動車先進国だし、日本の車開発はドイツ車に追いつけ追い越せでやってきた部分もある。

 しかしメディアで日本車とドイツ車を比べる理由はどうやらほかにもあるようだ。渡辺陽一郎氏がメディア側の視点で考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】日本車にとって『宿命のライバル』!? 2021年に日本上陸をはたした8代目フォルクスワーゲン ゴルフ(11枚)画像ギャラリー

■なぜ日本車はドイツ車と比べられてきたのか

1975年に日本への輸入が開始された初代フォルクスワーゲン ゴルフ

 クルマを扱うウェブサイトや雑誌では、日本車と、ドイツ車を中心とした欧州車を比べることがある。このような「日本車VS欧州車」の図式は、少なくとも1970年代の自動車雑誌では行われていた。企画立案の背景には、複数の理由があった。

 まず1車種だけの試乗記が行き詰まったことだ。1970年代に入ると車種の数も多くなり、クルマを買う時に、ライバル車と比べて選ぶユーザーも増えた。そこで日本車を含めて「比較試乗記」を掲載するようになった。

 1975年に初代VW(フォルクスワーゲン)ゴルフの輸入を開始した頃からは、輸入車が次第に身近な存在になっていく。1970年の輸入乗用車の登録台数は約1万7000台だったが、1975年には4万3000台に増えて、1979年には6万台に達した。

 そうなると自動車雑誌も欧州車を積極的に取り上げるが、今に比べると輸入車がマイナーな時代だから、1車種だけの試乗記では評価が分かりにくい。そこで比較対象として身近な日本車が引き合いに出された。「日本車VS欧州車」の比較試乗記が始まったわけだ。

 しかし当時の日本車と欧州車を比べると、今と違って優劣の差が激しかった。話を分かりやすくするために欧州車をドイツ車に置き換えると、走行安定性、乗り心地、シートの座り心地の3点についてはドイツ車の圧勝であった。

 ドイツでは昔から日常的に高速走行の機会が多く、走行安定性が低ければ、交通事故を発生させやすい危険なクルマになってしまう。そこでボディとサスペンションをしっかりと造り込んだ。

 シートも同様で、この造りが悪ければ、着座姿勢が乱れやすく走行安定性も悪化させる。長時間の運転では、腰痛や強い疲労を引き起こすから、これも危険なクルマになる。そこでシートも入念に造り込んだ。

 ドイツ車の乗り心地については、車種によっては低速域で硬く感じたが、不快に揺すられたり突き上げる印象はなかった。走行安定性と同様、ボディをしっかりと造り込んでサスペンションを滑らかに伸縮させたから、乗り心地も向上した。

■日本車のほうが優れていた部分もあった?

さすがのドイツ車も『すべての面で快適』とはいかなかった。当時のドイツ車はエンジンノイズが大きく、ゴルフも写真の3代目までは電動ファンが耳障りな音をたてていた

 ただし優れていたのは主に上記の3点と、ボディサイズの割に車内が広い空間効率の優れたデザイン程度だ。当時のVWなどのドイツ車では、内装を見ると樹脂素材が丸出しという感じだった。シート生地も弱かった。

 快適装備も日本車が優位で、1970年代から大半の車種がエアコンをディーラーオプションで装着できたが、ドイツ車はインパネの下側にクーラーを吊り下げる方式もあった。パワーウインドー、集中ドアロック、イグニッションと連動するライトの消し忘れ防止装置など、装備の充実度は全般的に日本車が勝っていた。

 エンジンノイズもドイツ車は概して大きかった。VWゴルフでいえば、5ナンバーサイズだった3代目までは電動ファンが騒々しい。個人的に3代目ゴルフは初代と並んで好きなクルマだが、欠点も目立った。

 当時のドイツ車は故障も多かった。怖いのは初期の右ハンドル車で頻繁に経験したアクセルペダルが戻らなくなるトラブルだ。

 MT車ならクラッチを踏めば良いが、ATの場合はブレーキペダルを踏みながらATレバーをNレンジに移すといった面倒が生じた。左足でブレーキペダルを踏みながら、右足のツマ先でアクセルペダルを引っ張り上げることもあった。

 このほか車内のドアパネルの上部に装着されたドアロックの樹脂製スイッチがチギれる! サイドウインドーが脱落して閉まらない! ドアロックのキーシリンダーが頻繁に脱落! など「一体どうなってるの!?」と思う故障も多かった。しかもこのような商品力なのに、当時のドイツ車は価格が高かった。

 つまり日本車とドイツ車の商品力を価格まで含めて偏りなく総合的に比較すると、明らかに日本車が満足できた。総合的に見ればドイツ車は負けてしまう。

 そこでフランス車なども含めて、敢えて欧州車を贔屓(ひいき)する風潮ができあがった。「日本車が良いと考えるのは一般人で、エンスージアスト(熱心な愛好家)は欧州車を好む」という感覚だ。

 そして先に述べた欧州車の走行安定性/乗り心地/シートの座り心地、つまり走り/曲がり/止まるを重視するクルマ造りは、長年の技術の積み重ねだから説得力も強い。

 例えば当時のカローラやサニーの走りをゴルフと対抗させると、面白いようにドイツ車を持ち上げて、日本車を斬ることができた。

 ドイツ車は高速走行に重点を置き、日本車は時速100kmが上限で利便性を追求するから、走行安定性/乗り心地/シートの座り心地に限って比べればドイツ車の評価が高まるのは当然だった。

次ページは : ■日本車vs欧州車(ドイツ車)の現在

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ