「GR」から続々登場! GRカローラ カローラクロスとヤリスのGR SPORTはいつ発売?

トヨタのスポーツカーブランド「GR」から続々登場! GRカローラ カローラクロスとヤリスのGR SPORTはいつ発売?

 トヨタのスポーツカーブランドいえばGR。確実にその地位を築きつつあるが、今後の展開はどうなっているのだろうか?

 近々では、10月にはUSAトヨタがGRカローラのティザー写真を公開。11月29日にはカローラクロスGRスポーツがタイで発表され、さらに12月2日、欧州でヤリスGR SPORTが登場した。

 日本より先に発表された3モデルはどんなモデルなのか、いつ発売されるのか、最新情報をお伝えしていこう。

文/柳川洋
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】268psのGRカローラに18インチを履くヤリスGR SPORTそしてGR BEVスポーツまで「GR」最新事情の写真を全部見せます!!(28枚)画像ギャラリー

■トヨタにおけるGRとは?

 GRとは、グローバルにオンロード・オフロード問わずモータースポーツ活動を行うTOYOTA GAZOO Racing が、極限的なレース環境で戦うことで培った技術と情熱をそのままクルマづくりに反映するブランド、とトヨタは定義している。それを代表するクルマがGRヤリスだ。

この写真の通りGRヤリスは市販車とレース車両が密接にクロスオーバーしている

 市販車をまず作り、そこからモータースポーツで勝てるクルマを作り出す、というのが通常の流れだが、GRヤリスは正反対。まず「モータースポーツで勝てるクルマ」をプロのドライバーと一緒に初めに開発し、それを公道を走れる市販車にする、という真逆のアプローチをとっている。

 「量産車を効率重視で作るトヨタ」というイメージが強いが、GRヤリスはGRファクトリーというトヨタ元町工場のGR専用ラインで、トヨタ全社から集められた熟練工の誇る匠の技を活かしながら、あえて組立工程の多くを自動化せず、一台一台ハンドメイドに近い形で作られる。

GR専用のラインが置かれた元町工場にはベルトコンベヤーはなく、一台一台トヨタの誇る熟練工が手を入れてレーシングカー並みの精度でクルマを作る

 エンジンは小型軽量化・高出力化の両立のため、軽量な中空組み立て型のカムシャフトを採用。ピストン・コンロッドの質量のわずかな差を計測してばらつきを最小にすることで、高回転までバランスよく吹け上がるエンジンを作り、匠と言われる熟練工が一台一台組み上げている。

 また通常のクルマづくりと異なり、エンジンと足回りを全て組み付けた後、その上にボディを搭載するデッキング方式を採用。

 それぞれの個体に合わせて許容される範囲内でのごくわずかな寸法の違いを最新鋭の機器で3次元計測し、部品が集合体になった時の誤差が最小限になるような組み合わせを作り、その他の部品の大半が装着されて完成車とほぼ同じ重量となってから乗員の体重も考慮したうえで、足回りやステアリング周りなどの操縦安定性に関わる部品を超微調整して組み付ける、というこだわりぶり。

 そうすることで、ラインオフした時点でアライメント調整などが最小限で済む、バランスの取れたGRヤリスが完成するという。

 検査工程では市販車では考えられない厳密さでレーシングカー並みの設定値に達するまでアライメント調整が行われ、車軸にずれがないかホイールセンターを全車測定。トヨタ唯一の自社生産スポーツカーとして、ここまでこだわりをもってGRヤリスは作られている。

■現在のGR/GR SPORTのラインナップは?

GR/GR SPORTのラインナップ。日本では現在3つの「GR」車と7つの「GR SPORT」車をラインアップしている

 現在のトヨタのラインナップには「GR / GR SPORT」というカテゴリーがある。そのなかの「GR」に、GRヤリス、スープラとGR86が属する。

 ヤリスのみが通常のヤリスと「GR」のヤリスの2種類が存在するが、スープラと86は全て「GR」。だが86の正式名称は「GR86」で、スープラの正式名称はちょっとややこしいがGRがつかず単に「スープラ」となる。

 GR86の生産拠点は、BRZと兄弟車ということでスバル群馬製作所本工場、GRスープラはBMW Z4と兄弟車ということでマグナ・シュタイヤー社のオーストリアにあるグラーツ工場となる。

 GRヤリスの自社生産以前と以後では、GRブランドが大きく変わりつつあると言っていいだろう。GRヤリスのようなクルマを次々に送り出していくのがトヨタにとってのGRブランドの究極的な姿と見られる。

 その「GR」の下のカテゴリーとして「GR SPORT」が存在。GRとは違い、「ランドクルーザーGR SPORT」、のように車種名の最後にGR SPORTと付けられる。GR SPORTは通常のクルマをベースに専用の内外装・サスペンションチューン、ボディ剛性強化が行われるいわゆるライトチューン、「スポーツコンバージョン」である。

 現在GR SPORTのバッジがつくのは、ヴォクシー、コペン、CH-R、ノア、ハイラックス、プリウスPHV、ランドクルーザーの7車種となっている。

次ページは : ■アメリカでチラ見せ!268馬力で四駆のGRカローラ!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ