ホンダ新型スポーツSUVを海外で初披露!! 幻の「ZR-V」となるか? 日本導入は?? …無理…なの…か…??

ホンダ新型スポーツSUVを海外で初披露!! 幻の「ZR-V」となるか? 日本導入は?? …無理…なの…か…??

 2021年11月に、ホンダのインドネシア法人が世界初公開した、新型「SUV RS CONCEPT」。ホンダはこの2カ月前の9月に、同国で新型コンパクトSUV「BR-V」を発表しており、今回の「SUV RS CONCEPT」は、そのショートボディ版だと考えられる。

 時を同じくして、ホンダが日本国内で「ZR-V」という商標を出願していたことが判明。今回の「SUV RS CONCEPT」が、「ZR-V」として日本に導入されるのでは!? と、話題になっている。はたして、「SUV RS CONCEPT」は、「ZR-V」として日本に導入されるのだろうか。

文:吉川賢一
写真:HONDA

【画像ギャラリー】いますぐ日本にも導入を!! 日本未発表の海外ホンダのコンパクトSUV「BR-V」と「SUV RS CONCEPT」(23枚)画像ギャラリー

ロッキー/ライズサイズで、スタイリッシュな「SUV RS CONCEPT」

 今回の「SUV RS CONCEPT」は、ボディシェイプやサイドウィンドウのラインなどが、BR-Vとは明らかに異なることから、新規追加モデルとなると思われる。全長は短く、また強い傾斜のリアウィンドウ、そして大径タイヤなど、コンセプトカーなので脚色されているところはあるだろうが、かなりカッコよい。

 ヘッドライトの左右端はアキュラを彷彿させるつり目形状であり、ドット柄のメッシュグリルや、バンパー下スキッドプレートなど、新型ヴェゼルとも印象が異なる。シルバーのルーフレールも、スポーティでタフな雰囲気がある。

 ボディサイズについては現時点分かっていないが、おそらく、ダイハツロッキー/トヨタライズ程度のサイズではないか、と思われる。

細めのヘッドライトの端部はアキュラを彷彿させるデザインが施されており、スポーティな雰囲気がある(HONDAインドネシアYouTubeより)

スポーティ路線を拡充する、ホンダのインドネシアラインアップ

 ホンダのインドネシアにおけるラインアップは、コンパクトカー2車種、SUVが3車種、ミニバンが2車種、ハッチバックが2車種、セダンが3車種。全12台という潤沢なラインアップで、そのうち半数の6台は、日本未発売のモデルだ。

 インドネシアでは、シビックセダンRS、シビックハッチバックRS、シビックTypeR、シティハッチバックRSのように、スポーティな「RS」モデルが多く設定されているのも特徴。今回の「SUV RS CONCEPT」も、そのRSラインアップをイメージしたコンセプトカーのようだ。

 かつては日本市場でも、フィットRSやヴェゼルRSなど、RSグレードが設定されているモデルがあったが、どれもモデルチェンジを機にグレード廃止となっており、現在国内では「RS」が付くグレードは存在しない。

2021年9月に登場した「BR-V」。3列シート7人乗りと、2列シート5人乗りを持つコンパクトSUV

次ページは : SUV RS CONCEPT の日本導入は「ない」