躍進を支える隠れた名車「小さくても上質」の嚆矢 日産ティーダの魅力

躍進を支える隠れた名車「小さくても上質」の嚆矢 日産ティーダの魅力

 日産のノートオーラが好調だ。8月の発売開始から約3週間で1万台を突破、直近11月の登録台数は、ノート全体の9412台に対し、3ナンバーノート(ノートオーラとノートオーラNISMOの合算値)は3914台、おおよそ5台に2台がノートオーラ(含むNISMO)ということになる。ノートオーラの上質かつ落ち着いた雰囲気が、大いに受け入れられている、ということだろう。

 「上質をまとったコンパクト」といえば、日産にはかつて、コンパクトカーながら上質な内装をもったクルマがあった。2004年に登場した「ティーダ」だ。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】「コンパクトの質をシフト」したティーダと、「上質をまとったコンパクト」のノートオーラ(26枚)画像ギャラリー

コンパクトカーとは思えない上質さと広さ

 2004年に、「コンパクトの質をシフト(変革)する」というキャッチコピーで登場した、ティーダ。全長4250mm(後期型)×全幅1695mm×全高1535mmという、5ナンバー枠いっぱいのボディサイズに、上質で広い室内空間を実現。この前年である2003年には、「モダンリビング」のコンセプトでヒットした、初代ティアナが誕生しており、ティーダはまさに、この初代ティアナの小型版、という感じだった。

 その特徴は何といってもコンパクトカーとは思えない広さだ。後席は240mmのロングスライドが可能で、足も組めるほど。さらに、リアアームレストや10段階40度のリクライニング機能も備え、その価格からは想像できない装備を備えていた。 

 当時、筆者がもっとも感銘を受けたのが、フロントシートの手触りや座り心地であった。ティアナ並にボリュームあるシートを5ナンバーの車内へ押し込むため、リクライニングレバーを車両中央側へ移すなど、工夫も凝らされており、特に、発売翌年の2004年に追加されたセダン版「ティーダラティオ」は、まさに小型ショーファードリブン、といった雰囲気であった。

ティーダは、コンパクトカーというクラスをこえた広い室内空間とインテリアで、派手さはなかったが支持されたモデルだった

静かで必要十分なパワー

 プラットフォームは、マーチと同じBプラットフォーム。ティーダにはホイールベースを大きく伸ばして採用された。エンジンは、当初は新開発の1.5L直4のみだったが、2005年には1.8L直4を追加。車重が1200kg程度と軽量だったティーダには、必要十分なパワーであった。欧州車の走りには遠く及ばなかったが、上質な室内と、滑らかなパワートレイン、そして取り回しの良い5ナンバーサイズなど、日本市場にピッタリの一台であった。

 マイナーチェンジでは、6速MT仕様を追加。当時、日産コンパクトカーのMT車と言えば、マーチかフェアレディZ程度しかなく、一つの選択肢として期待されたが、走り自体はそれほどでもなく、エクステリアデザインがノーマルのティーダと変わりない地味目な外装であったこともあり、数年でカタログ落ちしてしまった。

次ページは : 地味だったが、支持されていたティーダ