クルマ好きの味方、スズキ好調! クルマ界イチ速くて、安くて、旨い! その理由を探る


 スズキは昨年11月、2021年度上期(4~9月)期連結決算を発表したが、それによると売上高は1兆6735億円(前年同期比31.8%増)、営業利益が991億円(同32.3%増)、当期純利益が1005億円(同85.0%増)と増収増益となった。

 薄利多売を地で行くアルトやワゴンR、スペーシアといった軽自動車のほか、コスパに優れたスイフト&スイフトスポーツなどを揃える国内4輪事業はもとより、グローバルではインドなどで確固たる存在感を放っているスズキだが、「商売のやり方の巧さ」について分析する。

文/井元康一郎、写真/スズキ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】小型車専門メーカーの意地!? スズキ車の魅力に迫ってみよう!!(11枚)画像ギャラリー

うま味がないと言われる日本市場で稼ぐスズキ

 スズキが業績好調だ。昨年11月11日に発表した2021年4-9月の6カ月決算では売上高1兆6736億円、本業での儲けを示す営業利益は991億円。過去最高だった2018年の同期にはまだ遠く及ばないが、コロナ禍の後遺症や半導体不足などさまざまな逆風が吹くなか、トヨタ自動車に次ぐ利益率を叩きだしたのは中小メーカーとしてはこのうえない健闘ぶりと言えるだろう。

昨年12月にフルモデルチェンジし、9代目となったアルト。最近はハイトワゴン車の人気に押され気味だったが、ハイブリッド仕様による環境性能を取り入れてきた今モデルはヒットの予感

 実はグローバルで見ると、決して状況がいいとは言えない。インドをはじめとする新興国市場で巨額の利益を出すのが同社の経営の特徴であったが、今期のスコアを見るとインド市場でトップシェアを維持している合弁会社、マルティ・スズキは販売台数こそ大幅回復したものの、収益的には赤字すれすれ。インド以外のアジアや欧州の利益も低水準だ。

 その苦境を救ったのは、人口減やクルマ離れでウマ味はもはやないと言われることの多くなった日本市場だ。営業利益991億円のうち、実に3分の2以上にあたる665億円を日本で稼ぎ出したのである。

 もし、スズキが日産やホンダのように日本事業が慢性赤字体質だったら今頃はひとたまりもなく赤字転落していたことだろう。

■日本でのスズキの強さはハズレのない商品ラインナップにあり!!

 輸出比率が高いわけでもなく、高価なクルマが売れているわけでもない。また、日本での販売台数も半導体不足の影響で、コロナ禍に見舞われた昨年よりさらに減少している。

 にもかかわらず、日本でこれだけ手堅い収益を上げられている要因として、いのいちに思い浮かぶのは、スズキのニューモデルの「空振り率」が近年、目に見えて低下していることだ。

 自動車メーカーは口先はともかく、本心では最初から売れなくてもいいなどと思ってはいない。どんな薄利多売であってもこれなら利益が出るという値段で思惑どおりの台数が売れれば必ず儲かるのだ。

 もちろん現実は厳しい。クルマの価値づけがうまくいかず、コストの高いクルマを儲けの出ない価格で売らざるを得ないこともあるし、そもそも販売台数が低迷して当初の想定が狂うことも多々ある。

日本市場でのスズキの強みは、ユーザーの心を掴む巧みな商品戦略にある。単にファミリー向けの軽自動車や小型車ばかりではなく、ジムニーのような趣味性の高いモデルもラインナップする

 失敗が多ければ利益が低かったり、赤字になったりする。気まぐれな消費者のマインドや世の中の潮流に常に振り回される。正しさだけではうまくいかないのが自動車ビジネスの難しさだ。

 その難しいビジネスにおいて、スズキはここ数年、新商品を当てまくっている。2017年末に発売した軽スーパーハイトワゴンのスペーシア、2018年発売のジムニー/ジムニーシエラ、2020年発売の小型トールワゴンのソリオ、そして昨年発売したスライドドア装備の軽トールワゴン、ワゴンRスマイルなどなど。

次ページは : ■ライバルを脅かす売れゆきを誇る、「スペーシア」と「ソリオ」

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ