eKスペース&eKクロススペース、さらにルークス生産停止の怪! いったい何が?


 2021年の12月初旬、三菱eKスペース&eKクロススペースと、日産ルークスが生産、出荷、登録中止になった。これに対し同年12月24日、三菱より「一部条件下ではエアバッグの性能が十分発揮されない可能性がある」とお知らせが出ている。

 2022年1月現在も、まだその状況は続いているようだ。一体何が起きているのだろうか? そこで今回、販売店に問い合わせて状況を調査した! まだもう少し買えるのは先になりそう!?

文/渡辺陽一郎
写真/三菱自動車、日産

【画像ギャラリー】売りたいのに売れない!! 生産亭停止中の3車種をチェック!(8枚)画像ギャラリー

■「売れる軽」3車種生産停止の波紋

「クルマが売れない」といわれるなかで、国内販売を支えているのが軽自動車だ。2021年1~11月の国内販売状況を見ると、新車として売られたクルマの37%を軽自動車が占めた。

 そして軽自動車の販売比率が高いメーカーといえば、以前はダイハツとスズキだったが、今はホンダも軽自動車比率を増やしており、国内で新車として販売するホンダ車の53%を占める。

 同様に日産は40%、三菱は57%が軽自動車だ。こうなると軽自動車比率が国内販売比率の37%を下回る乗用車メーカーは、トヨタ、マツダ、スバルの3社にかぎられてしまう。

 軽自動車への依存度が高まった状況で、三菱eKスペース&eKクロススペースと日産ルークスが生産と届け出を停止した。すでに報道されているが、三菱の販売店に改めて直近の状況を尋ねると以下のように返答された。

三菱eKスペース&eKクロススペースと日産ルークスが生産と届け出を停止。しかし、それ以外のバリエーションは販売しているようだ

「三菱の水島製作所が生産するeKスペースとeKクロススペースのエアバッグに、不具合の可能性があることがわかった。そのために昨年12月初旬以降、この2車種の生産と届け出を停止している。すでに販売会社に届いている車両もあるが、届け出とナンバー取得はストップされている。なおeKワゴンとeKクロスについては、生産と届け出が問題なく行われている」。

■今注文して買える? 納期について聞いてみた

 今後の見通しはどうなるのか。またeKスペースとeKクロススペースを新たに注文することは可能なのか。

「今のところ今後の見通しはわからない。リコールを行うか否かも、現時点では検討段階だ。装着されているエアバッグに問題がないことがわかり次第、すでに完成している車両については、届け出とナンバー取得を再開する。水島製作所の生産も始まる。ただし、メーカーでは、生産や届け出の再開が、2022年2月に遅れる可能性もあるとしている」。

 そうなるとeKスペースとeKクロススペースの納期はどうなるのか。

「現時点で納期は少なくとも2カ月を要しているから、これから注文すると、少なくとも3カ月以上に伸びるだろう。従ってeKスペースとeKクロススペースについて、お客様からの注文は受けられるが、いつ納車できるかはお伝えできない状態だ」。

 日産は、eKスペース&eKクロススペースの姉妹車としてルークスを取り扱っている。生産は三菱の水島製作所が行う。ルークスについて、日産の販売店に尋ねた。

「デイズは生産されているが、ルークスは停止している。お客様に納車する車両がすでに届いている場合でも、車両の届け出は停止している。ルークスと、三菱が扱うeKスペースとeKクロススペースでは、開発や試験は日産が担当している。今回は日産側のテスト内容に問題があったと聞いている」。

次ページは : ■販売店も問題解決を望んでいる

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ