BRZ GRヤリス ロードスター フリード… オーナーだからこそわかること 国産車オーナーインプレッション Vol.01

BRZ GRヤリス ロードスター フリード… オーナーだからこそわかることがある!!! 国産車オーナーインプレッション Vol.01

 本企画では、クルマのプロである自動車評論家が実際に購入した愛車についてインプレッションをしてもらう。

 なぜ買ったのか? チョイ乗りではわからない、いろいろなシチュエーションで使ってみてわかったいいところ、悪いところ、そして期待どおりだったのか? 後悔していないか? オーナーだからこそわかるクルマ評価を大公開!!

 購入を検討している人にとって最高のアドバイスとなるはずだ!

※本稿は2021年11月のものです
文/マリオ高野、永田恵一、西村直人、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年12月26日号

【画像ギャラリー】「先達はあらまほしきことなり」!! BRZ・GRヤリス・ロードスター・フリードの魅力をギャラリーでチェック!(22枚)画像ギャラリー

■スバル BRZ(オーナー:マリオ高野氏/永田恵一氏)

スバル BRZとマリオ高野氏。全長4265×全幅1755×全高1310mm、車重1260kg、排気量2387cc、水平対向4DOHC、235ps/25.5kgm、WLTCモード燃費12.0km/L

●マリオ高野氏の評価

 水平対向エンジンを歴代SUBARU車で最も低く搭載し、ルーフやフロントフェンダーのアルミ化などで慣性モーメントを低減。旧型キャリーオーバーながらインナーフレーム構造化で強くなったボディがもたらす操縦性の高さは、乗れば乗るほどこのクルマから離れたくなくなる魅力にあふれている。

 レースカーと同タイプの巨大リアスポを付けたおかげもあって、高速ダイナミクス性能はすこぶる秀逸。ステアリングに軽く手を添えているだけで埼玉から熊本まであまり疲れず巡航可能なのは意外な美点。

 ACC装着車並みにロングドライブは安楽だ。大雨に見舞われても、AWDのように安心してアクセルが踏める安定感もグランドツーリング性能の高さに直結する。

 エンジンもトルクがあって全域安楽ながら、フラットトルクの宿命で出力特性のメリハリ感はやや乏しく、官能性はターボのEJ20型エンジンには及ばず。

 サウンドの演出は自然な感じで悪くないが、サーキット走行などの全開時にはうるさく感じるので、吸排気系をカスタマイズしたらサウンドコントロール機能はオフにするかも。スロットル開度の微小域での反応はやや鈍く、渋滞時などでわずかなアクセルワークを行う際は多少気を遣わされる。

 ミッションの操作フィールは街乗りではバネの反力がやや強すぎ、ギヤボックス自体もほかのSUBARU製ミッションより華奢な手応えだ。

 気持ちよく操作するには少しコツが必要ながら、そこにはギヤボックスと対話する楽しさがあるのでむしろ加点要素。高回転域多用時などスポーツ走行での操作フィールは抜群なので、コンペティションな雰囲気でもあり楽しい。

 Rグレードの17インチタイヤは車高が高く見えてしまい、フェンダーとタイヤのクリアランスの大きさが気になるが、基本的な乗り味はSグレードと変わらず設計者たちの良心を感じる。電制モノは最小限なので30年は乗れそう。

●永田恵一の評価

 初代86前期型からの乗り換えだったこともあり、新型BRZには「すべてが9年分大人になった」という期待どおりの満足を得ている。

 ボディ剛性の強化を基盤とした乗り心地やステアフィールといったスバルが提唱する動的質感の大幅な向上がいい。クローズドコースでドリフト練習をしたところ、トルクの太さとタイヤを有効に使えることが理由と思われるドリフトコントロール性の劇的な向上を確認できた。

 不満は液晶メーターにもう少し拡張性が欲しかったことだが、こちらも内容を考えたら頑張った価格を含め、「買ってよかった!」と断言する。

次ページは : ■トヨタ GRヤリス(オーナー:永田恵一氏)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ