うわっ……私のクルマの補償額 低すぎ……? 古いスポーツカーオーナーを悩ませる車両保険問題

うわっ……私のクルマの補償額 低すぎ……? 古いスポーツカーオーナーを悩ませる車両保険問題

 ここのところ90年代スポーツモデルが話題になることが多い。環境対策が進む中で新型のスポーツモデルの選択肢が少なくなっていることも影響しているだろうが、何といっても米国の25年ルールが大きく影響しているだろう。

 発売後25年過ぎると右ハンドルの日本車が米国で販売できるようになる。日本車のスポーツモデルは人気で、高い価格で販売されることもあり、これに引っ張られて国内での販売価格もどんどん高くなっている。

 しかしその一方で、古いクルマということで保険の評価が低く、価値に見合わない保険にしか入れないことが多いという。そんな保険の打開策を探ってみる。

文/藤田竜太
写真/Nissan、AdobeStock(トップ写真=umaruchan4678@AdobeStock)

【画像ギャラリー】GT-Rの価格高騰に車両保険金額が見合わない!! 歴代GT-Rを画像で振り返る!!(14枚)画像ギャラリー

■ネオクラ高騰で浮上した自動車保険問題

写真のスカイラインR34など、1980~90年代の中古スポーツカー価格が高騰している中、クルマの価値と補償が釣り合わないという問題が起きている
写真のスカイラインR34など、1980~90年代の中古スポーツカー価格が高騰している中、クルマの価値と補償が釣り合わないという問題が起きている

 ご存じの通り、第二世代のスカイラインGT-Rを筆頭に、昨今1980~90年代の中古スポーツカーの価格が高騰している。そうした中、古いスポーツカーのオーナーを悩ませているのが自動車保険だ。

 万が一の事故や盗難に備えて、自動車保険に加入していても、自動車保険で支払われる保険金はそのクルマの時価額まで(これは対物無制限の保険に入っていても同じこと)。

 困ったことに、この時価額は市場価格と連動しているわけではなく、通常、30年も前の国産車など、保険会社からすれば減価償却済みの時価額ほぼゼロのクルマとして扱われてしまう。

 したがって、いま中古車相場で平均価格が1600万円オーバーのR34GT-Rでも、もし誰かにぶつけられてしまったとすると、加害者が加入している自動車保険からは極端な話、数10万円しか支払われない可能性だってあるわけだ。

 被害者=R34 GT-Rのオーナーからすれば、愛車の価値は1600万円以上。それに対し、加害者側の保険会社からは、「全損扱いでも80万円しか出せないと」などといわれれば大揉めになるのは避けられない!

 このように、古いクルマの場合、修理費用が時価額を上回って、事故相手と揉めることは多々あるので、最近、大手の自動車保険では「対物超過修理費用特約」を標準化する流れがある。

 この「対物超過修理費用特約」を付けておけば、保険会社から見た時価額以上の修理費用でもカバーしてもらえるのでひと安心、といいたいところだが、「対物超過修理費用特約」も上限50万円までというパターンが多い。

 一部の保険会社では「対物超過修理費用特約」も無制限を選べるものが出てきているが、まだまだ少数派……。

次ページは : ■ネオクラスポーツも補償上は単なる中古車に

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ