入金から2年たっても納車ナシ返金ナシってマジか… 被害者続出!! 狂気の車販売店「デュナミスレーシング」の闇


「500万円全額入金したのに2年近く納車されない」
「契約キャンセルをして、返金の期日から半年たっても返金なし」
「注文したのと違う安いナビがついていた。差額50万円が返金されない…」
「同じ時期、同じ車種を買った他の人は納車済み。なぜうちは納車されないのか」
「30年以上ここでクルマを買ってきた。これまでは何の問題もなかったのに…」

 テレビや新聞、ネットニュースなどでも報道されるようになり、御覧になった方もいらっしゃるだろう。長野県長野市にある自動車販売店『デュナミスレーシング』で、新車納車をめぐるとんでもないトラブルが発生し、経営者であるO社長は行方不明。納車を心待ちにしていた多くの被害者を苦しめている。

 被害の全容は明らかになっていないが、筆者のところにはこの1週間で40人以上の被害者から情報提供があった。元従業員と接触した関係者の話では、被害者の数は100名以上、被害総額3~4億円との試算もある。以下、事件の概要と現時点での実態を取材結果からお届けします。

文/加藤久美子
写真/AdobeStock(アイキャッチ写真はイメージ、@DESIGN ARTS)、被害者提供

【画像ギャラリー】現時点でディーラーはもぬけの殻…店内には「ベストカー」もあり…入金済みの予約はどうなるのだろうか…(9枚)画像ギャラリー

■デュナミスレーシングとは?

 前代未聞の大規模納車トラブルの店「デュナミスレーシング」は、1995年にオープンした長野市内にある自動車販売店である。新車販売、中古車販売、下取り、買い取り、車検、チューニング、カスタム、一般修理、自動車保険などクルマに関わるあらゆる業務を行っていた。昨年12月28日頃から行方不明になっているO社長が経営している。

 O社長は1980年代、神奈川県内の日産生産工場勤務を経て神奈川県内の日産ディーラー→長野県内日産ディーラーで新車販売を担当していた。営業成績は非常によく、県内トップレベルだったという。今回の被害者の中には、日産(長野)時代から付き合いのある人も少なくない。

2022年1月初旬に被害者が店舗を訪れた際は、もはやショールームには何もなし(写真:被害者提供)
長野在住の被害者の方が店の写真を撮ってきてくださいました。まさに「もぬけの殻」としか言いようがなく…(被害者提供/そのほかの写真は画像ギャラリーをご参照ください)

 長年の付き合いがある被害者Aさんは、こう明かす。

「20年以上前、デュナミスレーシングはクルマ好きのたまり場でしたね。当時は新車販売よりもチューニングがメインのショップでした。チューニングの相談をしたり走行会の計画を立てたり、クルマ好きが集まる店内は活気がありました。ショップに集まって、そのまま走りに行くこともありました。当時は整備士も5名いて、腕のいい整備士がチューニングを担当していました。

 その腕利きの整備士さんたちがいなくなってから新車販売メインの商売になったんです。2000年以降ですね。

 それから店の雰囲気も変わってきたように思います。昔はプライドのあるショップだったのに、こんなふうにヤバい店になってしまって、とてもショックですし残念です。そして腹立たしい」

■ディーラーが怒るほど安い値段で販売?

 デュナミスレーシングはとにかく新車がすさまじく安かった。以下は今もデュナミスレーシングの公式サイトに掲載されている2020年6月の新型車価格表である。

並みいる人気車が20万~40万円引きの価格で掲示されている。下部のモザイク部分にはO社長の名前と個人の携帯電話番号が記されている。それにしてもなぜ(未発表車である)「TJクルーザー」の価格まで…?

「デュミナスレーシング」の当時の主な車種の販売価格は以下のとおり。

●新型ハスラー
G 2WD 定価:172万円→141万円
G 4WD 定価:186万円→151万円

●新型ハリアー(予約受付中)
予想価格2WD:368万円→327万円
予想価格4WD:388万円→342万円

●新型フィット BASICセンシング付き 1.3L
2WD 定価:219万円→189万円
4WD 定価:240万円→210万円

●新型RAV4
X 2WD 定価:323万円→305万円
X 4WD 定価:347万円→325万円

●新型アルファード/ヴェルファイア
X 2WD 定価:436万円→385万円
X 4WD 定価:462万円→410万円

●新型N-BOX
2WD 定価:181万円→158万円
4WD 定価:195万円→178万円

●スペーシアカスタム ハイブリッドGS
定価2WD:201万円→172万円
定価4WD:213万円→184万円

●セレナ
S 定価2WD:333万円→286万円
X 定価4WD:366万円→319万円

 新車販売店としてはありえない値引き額に驚くが、さらに驚愕なのは、これらが車両本体価格ではないということ。フロアマット、サイドバイザー、バックカメラ、カーナビに、なんと諸費用までが含まれた価格なのである(つまり乗り出し価格ということ)。一体なぜこんな価格が実現できるのか?

 O社長と長年の付き合いがある客の一人はこう話す。

「私が購入したのは7年前ですが、その当時からこれくらい安かったですよ。ちなみに当時は問題なく納車されていました。O社長は昔から『車は購入後も車検やらタイヤ交換とかもあるから、長く付き合いながら儲けていきたい』と言ってました。」

 その後のメンテナンスまでを考えて新車価格を爆安価格に設定しているということのようだが、それにしても安すぎる。車検だって新車を買った客が絶対デュナミスレーシングで車検を受けることが確約されているわけでもないし…。

次ページは : ■異常に安い販売価格でディーラーに怒られていた

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ