マンガやマニアックグレードで人気上昇中!? ホンダ トゥデイ【記憶に残る珍名車の実像】


 世の中には「珍車」と呼ばれるクルマがある。名車と呼ばれてもおかしくない強烈な個性を持っていたものの、あまりにも個性がブッ飛びすぎていたがゆえに、「珍」に分類されることになったクルマだ。

 そんなクルマたちを温故知新してみようじゃないか。ベテラン自動車評論家の清水草一が、往時の体験を振り返りながら、その魅力を語る尽くす当連載。第3回では、別に珍しくもおかしくもないじゃないか!? と思われるかも知れないが、ホンダ トゥデイ(初代モデル)を取り上げてみたい。

文/清水草一
写真/ホンダ、カーマニアI氏

【画像ギャラリー】ホンダ トゥデイの中古車高騰の秘密を写真から探る!(9枚)画像ギャラリー

■カーマニアのガレージで発見!

初代トゥデイは1985年に登場。低全高のスタイリッシュなスタイルながらゆとりのある居住スペースを確保した軽自動車だった

 かつて、ホンダ トゥデイという軽自動車が存在した。現在すでに消えていることからわかるように、販売はあまり振るわなかったが、2代にわたって、非常にユニークな存在だった。それは、「名車」と呼ぶには少し物足りないけれど、「珍車」と切り捨てるわけにもいかない「珍名車」だった。あるいは「オレ流名車」だろうか?

 そんなトゥデイの中古車相場が、このところ急上昇を見せている。すでに車名すら忘れられつつあった気がするのに、いったい何が起きているのか。

 2年前、旧知のカーマニアであるI氏のガレージを訪れると、そこには赤い初代トゥデイ(前期型の丸目)がラインナップに加わっていた。I氏はこれまでも、数々の旧車を購入している。そのなかには、スバル 360やマツダ R360クーペ、ホンダ シティターボII ブルドッグなどもあった。

I氏のガレージに置かれていた赤色トゥデイ。ショートノーズに丸目ライトが実にキュートである

 それら3台は、異論のない国産旧名車。マニアなら手に入れたくなって当然だろう。でも初代トゥデイはどうなのか。私の脳内は「???」になった。

「このクルマ、どうしたの」
I氏「最近買ったんですよ。20万円でした」
「な、なぜ?」
I氏「だって、この頃の軽自動車って、かわいいじゃないですか~」

 確かに、85年に発売された初代トゥデイ(前期型)はとてもかわいい。フォルムはシンプルな砲弾型で、先端についたふたつの丸目は、ボンネットとバンパーに食い込んで、なんとも言えないステキな表情をしている。

■軽自動車で低全高スタイルを実現

 全高は1315mmと非常に低い。現在の軽自動車の主流たるトールワゴンの全高は、1800mm前後。最も背の低いアルトやN-ONEでも1500mm以上ある。当時ライバルだった2代目アルトで1400mm。トゥデイの低さは圧倒的だった。

 全高だけでなく、ボンネットも非常に低かった。まるでスポーツカーのような低いボンネットは、2気筒エンジンをほとんど90度前傾させることで実現していた。ホンダは1981年、当時の「クルマは背が低いほどカッコいい」という常識を覆し、トールボーイスタイルの初代シティをリリースしている。が、そのいっぽうでは、背の低いクルマの本家&元祖デートカーの2代目プレリュード(1982年)や、砲弾型フォルムの白眉たる3代目シビック(ワンダーシビック)を発売した(1983年)。

なるべくタイヤをボディの四隅に配置して大きな居住空間を生み出している

 当時の軽自動車は、主に地方のミニマムな移動手段の色彩が強く、流行とかカッコよさはあまり求められてもいなかったが、ホンダは、登録車の常識をそのまま軽自動車の世界に持ち込み、ワンダーシビックをさらに一歩進めた超スタイリッシュなデザインを、トゥデイに与えたのである。このフォルムは、のちにルノーの初代トゥインゴが、ほとんどパクリ的に踏襲したが、それくらいシンプルで美しく、スポーティで居住性も高かった。

 ただ、市場の反応はそれほど芳しくなかった。当初トゥデイは商用車のみの設定。安さが命ゆえ、ライバルより価格の高いトゥデイは、苦戦して当然だった。I氏が購入したのは、この前期型の丸目トゥデイである。

次ページは : ■中古車相場の値上がり理由を考察

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ