超個性派「ムルティプラ」買って実感した衝撃的体験!! 【記憶に残る珍名車の実像】

超個性派「ムルティプラ」買って実感した衝撃的体験!! 【記憶に残る珍名車の実像】

 世の中には「珍車」と呼ばれるクルマがある。名車と呼ばれてもおかしくない強烈な個性を持っていたものの、あまりにも個性がブッ飛びすぎていたがゆえに、「珍」に分類されることになったクルマだ。

 そんなクルマたちを温故知新してみようじゃないか。ベテラン自動車評論家の清水草一が、往時の体験を振り返りながら、その魅力を語る尽くす当連載。第1回は、世界の珍車中の珍車、フィアット ムルティプラを取り上げる。

文/清水草一
写真/フォッケウルフ

【画像ギャラリー】珍車・ムルティプラの勇姿を写真で見る!(8枚)画像ギャラリー

■“世界で最も醜いクルマ”の衝撃的スタイル

お分かりいただけただろうか……。ムルティプラ前期型のフロントフェイスには、顔が上下に2個重なっていたのである!!(キャアアアァァァーーーッ!)
お分かりいただけただろうか……。ムルティプラ前期型のフロントフェイスには、顔が上下に2個重なっていたのである!!(キャアアアァァァーーーッ!)

 フィアット ムルティプラの前期型は、そのとんでもないルックスのお陰で、「世界で最も醜いクルマランキング」では、常に1位か2位に付けるツワモノである。

 外見はズバリ昆虫だ。なにしろ目(ヘッドライト)が上下2個ずつあるのだから、複眼の昆虫を連想しないわけにはいかない。今でこそ日産ジューク(初代モデル)や、シトロエンC3(現行モデル)等で採用され、かなり一般的になった上下複眼的ライトだが、ムルティプラが登場した1998年当時は、驚天動地のブッ飛びデザインだった。

 ちなみに4個のヘッドライトは、通常の位置(下側)の2個がロービームで、上の2個はハイビーム。ポジションランプでお茶を濁していないところもスゴイ。

 プロポーションも超絶ヘンテコリンだった。正面から見ると、上下に顔が2個重なっているように見え、それだけで夢に出てきそうだ。横から見ると、グラスエリアが非常に広く、いかにもキャビンからの見晴らしがいい。スピード感を捨て、乗員の快適性を最優先していることを実感する。

 つまりムルティプラは、ある意味、イタリアの“ダイハツ タント”であった。初代タントは「走る保育所」の雰囲気だったが、ムルティプラは「走る毒毒昆虫」になった。さすがイタリア。

 ムルティプラのユニークさはこれにとどまらない。前後2列のシートはどちらも3人掛け。全長は約4mしかなかったが、全幅は1875mmもあった。これは当時としてはかなりのワイドサイズで、取り回しが難題となった。

 そもそもムルティプラは、あまりにも珍車であるがゆえに、日本への導入は2003年から。本国の発表からずいぶん遅れた。それまでは雑誌等で、その奇抜すぎる姿を見るしかなかった。私が初めてムルティプラと対面したのは、たしか1999年あたり、現地イタリアでのことだった。

 正面から何か、とんでもない物体が近づいてきた。遠くから見ると、まず目に飛び込んでくるのは超個性的なフォルムだ。正面から見ると、グリーンハウスが上にいくにしたがって、逆に幅広くなっているように見えた。それは、『足袋の福助』のキャラクター・福助の頭の形に似ていた。

福助がだんだん近づいてくる。4灯までしっかり視認できるところまで来ると、すべてがあまりにも衝撃的で、もう爆笑するしかなかった。

次ページは : ■車内にも昆虫的造形を発見!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ