ブリヂストン、トーヨータイヤ……2022年ニュータイヤをベストカー独自チェック!

ブリヂストン、トーヨータイヤ……2022年ニュータイヤをベストカー独自チェック!

 タイヤを冬のスタッドレスに履き替える時、「そろそろ買い替え時かなあ……夏も冬もまとめて買い替えちゃおうかなあ…」なんて考える人もいるのでは?

 2022年のニュータイヤをベストカーが独自チェック!

※本稿は2021年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ブリヂストン、TOYO TIRE、横浜ゴム、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】季節の変わり目に新しい靴をおろすように タイヤも新調してみよう! 2022年ニュータイヤをベストカーがチェック!(8枚)画像ギャラリー

■ブリヂストン ブリザックVRX3 〜進化した発泡ゴムがアイス性能を引き上げる!!〜

■スタッドレスタイヤ
■サイズラインナップ:135/80R12~285/35R20(全111サイズ)
■実勢価格:1万5000円(195/65R15)

●どんなタイヤだ?

ブリヂストン ブリザックVRX3。左右非対称のトレッドパターンは接地面積を大きくとって氷上でのグリップを拡大するとともにスノー路でのグリップも向上
ブリヂストン ブリザックVRX3。左右非対称のトレッドパターンは接地面積を大きくとって氷上でのグリップを拡大するとともにスノー路でのグリップも向上

 ブリヂストンが今ウィンターシーズンに合わせて送り込んだ、最新の意欲的スタッドレスタイヤが『ブリザックVRX3』だ。これまで、スケートリンクでの試乗レポートはお届けしてきたが、今回、冬の北海道での試乗がかなったので、リアルな使用条件下での印象をお伝えできる。

 ブリザックVRX3は特にアイス性能を大きく引き上げるとともに、従来のVRX2で指摘されていたスノー路面でのグリップの抜け感や、乾燥路面でのややソフトな操舵感が大幅に改善されているというので、そのあたりを中心にチェックした。

●乗ってどうだ?

VRX3は進化した発泡ゴムによるアイスグリップが自慢だが、相反する性能の圧雪路での操安性も大きく引き上げている。これはエッジ成分を増加させたトレッドパターンの効果だ
VRX3は進化した発泡ゴムによるアイスグリップが自慢だが、相反する性能の圧雪路での操安性も大きく引き上げている。これはエッジ成分を増加させたトレッドパターンの効果だ

 アイス性能の向上に大きく寄与しているのが、ブリヂストン独自の発泡ゴムの進化だ。

『フレキシブル発泡ゴム』と名付けられた新素材は、従来球状だった発泡空洞を縦長の楕円形とすることで、毛細管現象による吸水効果が増大。より効果的に氷上の水膜を除去。

 また、新開発左右非対称トレッドパターンに配された水路が排水を後押しする。

 接地面積も増えているため、除水された氷上面にトレッドゴムがジワリと食い付く接地感が頼もしい。スケートリンクでの試乗では、制動、発進加速といった縦方向のみならず、コーナリングでもVRX2に対する明確なグリップ向上を確認した。

 アイス性能とスノー性能は技術要素が相反するため両立が難しいのだが、VRX3のトレッドパターンはブロックとサイプの角度を最適化することで接地面積を拡大するとともにエッジ成分を増大。雪中剪断力を高め、雪上グリップも確実に向上させている。

VRX3で新採用された「フレキシブル発泡ゴム」は、トレッドゴムに配合される発泡空洞を縦長の楕円形にすることで、毛細管現象による高い吸水性を発揮するのがポイントだ
VRX3で新採用された「フレキシブル発泡ゴム」は、トレッドゴムに配合される発泡空洞を縦長の楕円形にすることで、毛細管現象による高い吸水性を発揮するのがポイントだ

 残念ながら今回の試乗では、気温が高くなり、圧雪路がシャーベッド状の雪になってしまい、圧雪でのグリップや操安に関しては確認できなかった。

 その一方で、乾燥したアスファルト路面の一般公道での試乗に時間を割いた。

 プリウスとヴェルファイアで試乗したのだが、まず驚いたのが静粛性。特に室内空間の大きなヴェルファイアでは後輪から発生するノイズが大きくなりがちだが、VRX3では気になる高周波のノイズはよく抑えられていた。

 また、直進安定性の高さも特筆ポイント。路面のうねりによる外乱にも強く、ビシッとした安定感を実感するとともに、緊急回避を想定した素早い切り返し操舵にもしっかりと切り始めから反応が立ち上がり、後輪がグニャるような追従遅れを発することもない。

 ブロック剛性が高く、サイプなどでのブロック倒れ込みが抑制されているのだろう。安心感が高く、総合性能の高さを確認できた。

次ページは : ■トーヨータイヤ トランパスmp7 〜専用タイヤのパイオニアがウエット性能を大幅向上!!〜

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ