振り返るといろいろ見えてくる…!? 日本の自動車業界2021-2022 回想と展望

振り返るといろいろ見えてくる…!? 日本の自動車業界2021-2022 回想と展望

 ベストカー編集部選出のランキングで2021年を振り返り。あなたの印象に残っているのはどんなニュース? 何位に入ってる!??

※本稿は2021年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】ベストカー編集部選出のランキングで2021年を回想!! 日本の自動車業界を振り返った時なにかが見える!!(13枚)画像ギャラリー

■第1位 水素燃焼エンジン開発で今後に期待膨らむ!

気体をシリンダー内に噴射する、水素燃焼エンジンを搭載し走る実験モデルのカロスポ
気体をシリンダー内に噴射する、水素燃焼エンジンを搭載し走る実験モデルのカロスポ

 この先のカーボンニュートラルが叫ばれるなか、トヨタがやってくれました!

 MIRAIなどの水素で発電させて走るFCVではなく、「水素を燃焼させる内燃機関エンジン」という発想。

 カローラスポーツをベースにしたモデルでレース活動をしつつ、実験、データ解析を含めた研究開発を現在行っている。「内燃機関生き残りもある!?」と期待が膨らむ。1位で間違いなし!

■第2位 半導体不足問題で新車が届かない!

工場では『滞り』が発生。半導体というモノの重要性を改めて認識(※写真はイメージ)
工場では『滞り』が発生。半導体というモノの重要性を改めて認識(※写真はイメージ)

 ハンコを押したのに新車がなかなか来ない……。過去にはなかった「世界的な半導体不足問題」とコロナ禍における「パーツ供給滞り」で工場では減産を強いられ、新車納入が大幅に遅れる事態が発生し、今も続いている。

 2021年に刻まれる大きな出来事だ。2021年春先までは1〜2カ月で納車されたが、現在は半年待ちというモデルも。

 待てずに中古車市場へお客が流れるという現象も起きている。

■第3位 世界初の自動運転レベル3をレジェンドに

只今レベル3、体験中!
只今レベル3、体験中!

 高速道路などの自動車専用道路であることなど一定条件下で、運転の主体がドライバーからシステム側へ渡されるのが「自動運転レベル3」。

 これが世界で唯一市販車(レジェンド)で実現した! ベストカー編集部も体験したぞ。ホンダ、凄いぜ!

■第4位 東京モーターショー2021が中止!!

次回は存分に楽しみたい!
次回は存分に楽しみたい!

 クルマ好きのみならず、開催を楽しみにしていた人に衝撃が走ったのが2021年4月22日。新型コロナの影響をモロに受け、「東京モーターショーが中止」と発表された。67年の歴史で初めてのことだった。

■第5位 ガソリン価格高騰! 7年ぶりの高値を記録

 コロナ禍で停滞していた経済活動が2021年は世界的に再開し、原油の需要が高まったことなどで、原油価格とともにガソリン価格が高騰。

 11月には資源エネルギー庁が発表したレギュラーガソリンの全国平均小売り価格で、1Lあたり168円台を記録。2014年8月以来、約7年ぶりという高値となった。

次ページは : ■第6位 日産が北米で新型フェアレディZを世界初公開

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ