日産のガソリン車は新規開発終了!?? でも「残してほしいエンジン」はひとつだけ!

日産のガソリン車は新規開発終了!?? でも「残してほしいエンジン」はひとつだけ!

 先般、「日産が日欧中向けガソリン車の新規開発を終了する」との報道があった。それに対して日産のグプタCOOは、「欧州向けは新規ガソリンエンジン開発を終了するが、日本と中国に関しては、お客様がいるかぎりそのようなことはない」と回答した。

 日本市場に関しての発言の要旨は、次のようなものである。

「日本市場については、2026年度までに新車販売の55%の電動車が目標。つまり45%は電動車ではない。わたしたちは電動化を進めているが、それはお客様が望むかたちで、自然にシフトしてゆくものだと考えている。決めるのはあくまでお客様だ」

 なるほどと思わされる説明だが、「お客様が存続を望んでいる日産のガソリン車」って、考えてみるとどれだろう? ”エンジンマニア”として知られる自動車評論家・清水草一が総括する。

文/清水草一
写真/日産

【画像ギャラリー】マニアも魅了した味わい!! 日産を代表する新旧エンジンを写真で見る!(7枚)画像ギャラリー

■名機「RB26DETT」に匹敵するのは……

 真っ先に思い浮かぶのは、3.8L V6ツインターボ(VR38DETT)を搭載するGT-Rだが、騒音規制をクリアできないため、生産終了は秒読み段階。これはもう仕方ないし、個人的には、それほど惜しいという思いも沸かない。

 GT-Rはすでに14年間も生産され、十分にその役割を果たした。エンジンの味わい的には、ものすごくステキかというとそうでもなく、とにかくパワフルで、「結果を出すマシーン」という以外、心に刺さる部分はそれほどなかった。サイボーグ的と申しましょうか。

 それに比べると、第二世代スカイラインGT-Rに積まれたRB26DETTは、今乗ると風情も満点。RB26DETTは、今でも多くのマニアを魅了している。

 それに匹敵するんじゃないかと私が考えるのが、スカイライン400Rに積まれた3.0L V6ツインターボ(VR30DETT)だ。現行GT-Rに比べると、はるかにパワーは小さいが、味わいとしてはRB26DETTにも通じる風情がある。具体的には、トロトロッとソフトに回ってドカーンと炸裂する、古典的に気持ちいいターボエンジンの味わいだ。思わず「ウヒョー!」と叫びたくなってしまう、内燃エンジン独特の「タメ」がある。

「スカイライン」としては史上最高となる400馬力超を実現したVR30DETT
「スカイライン」としては史上最高となる400馬力超を実現したVR30DETT

 このエンジンが、新型フェアレディZにも積まれるのは、本当に喜ばしい。新型Zはこのエンジンを積んでいるだけで、名車と呼ばれる予感ビンビンだ。スカイライン400Rはともかくとして、日産は新型Zを末永く、ギリギリまで作り続けてほしい。このエンジンなら、EVがどれだけ進化しても、それとは別の魅力を味わいたいという「お客様の要望」があるだろう。

次ページは : ■そのほかのエンジンはどうか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ