電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【日本編】

電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【日本編】

 中高年カーマニアにとって、スポーツカーこそ魂の拠りどころ。しかし、そのスポーツカーの未来は限りなく暗い。ヨーロッパでは、2035年までに、内燃エンジン車が禁止されようとしている。アメリカの14の州でも同様の動きがある。

 実は、スポーツカーがそれなりに売れているのは、世界のなかでも日米欧、この3つの地域のみ。それで9割以上を占めている。中国をはじめとする新興国では、ごく一部の富裕層がスーパーカーを愛好するだけで、大衆はスポーツカーにまったく関心がない。新興国や途上国には、スポーツカー市場はない。

 つまり、日米欧がコケたらスポーツカーは死ぬのである!

 そこで、清水草一と渡辺敏史の2名で構成されるベストカー「スポーツカー解放戦線」が、まず日米欧のスポーツカー市場を吟味。そのうえで、生き残り策を議論! 今回は日本編。スポーツカーよ、永遠なれ!

■アメリカのスポーツカー市場規模/2021年上半期…約12万台
■ヨーロッパのスポーツカー市場規模/2021年上半期…約4万台
■日本のスポーツカー市場規模/2021年上半期…約1万台


●電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【アメリカ編】
●電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【ヨーロッパ編】

※本稿は2021年12月のものです
文/渡辺敏史、清水草一、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】スポーツカー……それはクルマ好きたちのロマン!! 電動化の波を乗り越えて生き残れ!!【日本編】(7枚)画像ギャラリー

■もっとも身近なスポーツカー市場!! 日本

国産スポーツカー国内販売ランキング(2021年上半期)
国産スポーツカー国内販売ランキング(2021年上半期)

 日本ではモデルごとの販売台数は、国産車しか公表されていないが、2021年上半期の首位はロードスター! アメリカで5位、ヨーロッパで3位、そして日本で1位の三冠王(?)に輝いた! ロードスターは究極の美少女。このまま不老不死であってほしいと願うのみだ。

 2位の86は先代モデル。新型のGR86は10月に発売されたが、BRZの売れゆき(月に1000台前後)から考えて、当初は2000〜3000台/月に達し、1位に躍り出るのは間違いない。

日本ではダントツ1位だったロードスター。ただし来年はGR86にその座を譲ることになるだろう
日本ではダントツ1位だったロードスター。ただし来年はGR86にその座を譲ることになるだろう

 ただロードスターと違って、時の流れとともに台数は落ちるだろう。

 3位はS660だが、すでに生産終了発表ずみで、その駆け込み需要。NSXはもちろん、GT-Rも勢いはない。

 2022年以降は、ロードスター、GR86/BRZ、そして新型フェアレディZの三本柱で、国産スポーツの牙城を守ることになる。それぞれまったく異なるキャラクターを持っているから、うまく役割分担して、国産スポーツカーの火を守ってくれるだろう!

駆け込み需要で第3位に食い込んだ軽スポーツのS660。日本にしか作れない超傑作だっただけに、なんとも惜しい
駆け込み需要で第3位に食い込んだ軽スポーツのS660。日本にしか作れない超傑作だっただけに、なんとも惜しい

次ページは : ■ところで輸入スポーツカーは!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ