エンジンメーカーが車軸メーカーを巨額買収!? 商用車の電動化の裏で何が起こっているのか?

エンジンメーカーが車軸メーカーを巨額買収!? 商用車の電動化の裏で何が起こっているのか?

 アメリカのディーゼルエンジンメーカー・カミンズが、商用車用のアクスル(車軸)、ブレーキなどで大きなシェアを持つメリトールの買収を発表した。

 従来の内燃機関によるパワートレーン事業でのシナジーに加えて、電動パワートレーンの開発を本格化する狙いがあり、競争が激しくなっている電動アクスルの開発に際して、アクスルメーカーのノウハウが重要になっている。

 いっぽう、部品メーカーの統合が進んだことでサプライヤの持つ影響力も大きくなった。内製コンポーネントにこだわっていたトラックメーカーでも水平分業が進んで行きそうだ。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/メリトール・デーナ・アリソン・ZF・いすゞ・米国日野・ダイムラー・「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】電気駆動の中核をなす各社のトラック用電動アクスル(16枚)画像ギャラリー

カミンズがメリトールの買収を発表

 アメリカのカミンズは2月22日、メリトールの買収を発表した。買収額は総額37億ドル(4260億円、1株あたり36.5ドル)としている。メリトールの取締役会は買収提案に賛成しており、株主総会を経て正式に決定する見通しだ。

 国際的なエンジンメーカーであるカミンズは北米の大型トラック市場で40%近いシェアを持ち、ディーゼルエンジンを中心にターボチャージャーや電動パワートレーンなど、パワーソリューションを提供する。

 カミンズは日本ではコマツと密接な関係にあるほか、2019年にいすゞ自動車とパワートレーン事業に関する包括的パートナーシップ契約を締結している。

 いっぽうメリトールはトラック・トレーラ用のアクスル、ブレーキ、サスペンションなどで高いシェアを持つ部品メーカーだ。買収が実現すればカミンズは内燃機関と電動の両パワートレーン全体を一社で提供することになる。

エンジンメーカーが車軸メーカーを巨額買収!? 商用車の電動化の裏で何が起こっているのか?
メリトールのトラック用電動アクスル「14Xe」

 内燃機関でのシナジー効果は3年間で1.3億ドルを見込むが、より重点をおいているのが電動パワートレーンの開発で、カミンズのトム・ラインバーガーCEOは次のように述べている。

 「メリトールとともに、私たちは今の時代に最も必要とされている技術的な挑戦に取り組んで行きます。すなわち商用車の世界に、経済的に実現可能なゼロカーボン・ソリューションをもたらすことです」。

 メリトールはすでに電動アクスルを販売しているほか、カミンズも電動パワートレーン、バッテリーパック、燃料電池セルなどを扱っている。

 内燃機関を開発する上で車軸に関するノウハウは重要ではないかも知れないが、電動パワートレーンでは事情が異なる。特に電動アクスルは、モーターとギアボックスを統合し、さらにはブレーキ、ディファレンシャル、トランスファなどの機能の一部を受け持つ重要なコンポーネントだからだ。

トラックの電動化で採られる手法

 エンジンを電動モーターに置き換えれば電動化という目的は達するわけだが、フロントにエンジンを置き後輪を駆動する(FR)という一般的なトラックの仕組み上、その目的を達成するために現在多く採用されている方法が2つある。

 一つは「セントラルドライブ」と呼ばれる方式で、エンジンの代わりにモーター・インバーターを搭載し、それ以外は従来車と同様にプロペラシャフトを介して駆動力を伝えるものだ。

 既存のシャシを使えるのがメリットで、量産車でいうと、三菱ふそうの「eキャンター」(現行の2020年モデル「eキャンター1.1」)はこの方式を採用している。またZFの「CeTrax」シリーズなどセントラルドライブ方式の電動ユニットも市販されている。

 もう一つは、モーター・インバーター、ギアボックス、アクスルなどを一体化した「電動アクスル」を使用するもの。既存のシャシから変更点は多くなるが、プロペラシャフトなどが不要となるため、シャシ設計の自由度が高くなるのがメリットだ。

 メリトールが採用するのはこの方式で、バッテリー電気駆動であっても水素燃料電池であっても、カミンズにとっては重要な技術となる。今後はギアボックス、アクスル、ブレーキなどはメリトールの技術をベースとしつつ、モーター、インバーターなどは共同で設計することになると思われる。

エンジンメーカーが車軸メーカーを巨額買収!? 商用車の電動化の裏で何が起こっているのか?
三菱ふそう「eキャンター」はセントラルドライブ方式
エンジンメーカーが車軸メーカーを巨額買収!? 商用車の電動化の裏で何が起こっているのか?
ダイムラー「eアクトロス」は電動アクスル方式

 電動化の手法として、ほかにインホイールモーターもあるが、出力やばね下重量の問題などがあり大型車では要件が厳しい。また、量産車ではないが日野の小型トラック「日野デュトロZ EV」では前輪を駆動する(FF)ことで電動化と低床レイアウトを成立させている。

次ページは : 各社の電動パワートレーン