【ランクル、FJ、N-ONE…】 カッコいい? イマイチ? あの復刻車はアリかナシか


経済が減速し、社会が定常化すると、逆に過去が新しく感じられる。クルマの世界でも、ネオクラシックカーが穏やかなブームになるなど、リバイバルの風潮は確実に感じられる。

そんな風潮の真骨頂が復刻車だ。復刻車というと、言葉の響きは「オリジナルを忠実に再現したクルマ」のように感じられるが、ここでは過去の名車のエッセンスを取り入れたクルマ全般を指すことにしよう。

過去を振り返り懐かしむ復刻車。それは前向きなのか後ろ向きなのか!? そこんところをモデルごとに判定していこう。

※本稿は2017年のものです。
文・判定:清水草一

写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2017年8月26日号


■No.1 日産 IDx(2013年11月 東京モーターショーにて発表)

2013年の東京モーターショーで初公開されたIDxニスモ(下)とIDxフリースロー(上)。1960〜1970年代の日産箱型スポーツセダンや2ドアハードトップを連想させる。サイズは全長約4.1m、全幅約1.8m、全高約1.3m。

【こちらが元ネタ】BRE510ブルーバード

◎清水草一の判定………アリ!!

これまで登場した国産復刻モデルのうち、最も欲しいと思わせる要素豊富なショーカーだったと考えている。逆スラントノーズや直線基調のフォルムに普遍的な魅力があっただけに残念。

■No.2 スバル エルテン(1997年11月 東京モーターショーにて発表)

1997年の東京モーターショーに出展されたエルテンはスバル360をモチーフにしながらも4ドア。46ps/5.8kgmの658cc直4ガソリンエンジンのパラレルハイブリッド+4WDを搭載。

【こちらが元ネタ】スバル360。1958年から1970年まで。

◎清水草一の判定………ナシ!!

最も復刻するにふさわしい国産車はスバル360の復刻ショーカーだと思っているが、こうして見てもあまりそそられない。オリジナルは実にすばらしいクルマだが、復刻されるほどではなかったということなのか。

次ページは : ■No.3  トヨタ オリジン(2000年11月発売・限定1000台)