内燃機関の終焉か!? 今後はどうなる? 消えゆく日本の”名機”たち

 自動車の心臓部であるエンジン。その鼓動に高揚感を感じたり、所有欲を満たされたり、クルマ好きにとってクルマを判断するうえで大事な要素だろう。しかし国産唯一のV12エンジンは消滅するし、かつてのようなキャラクターが立った”名機”と呼ばれるエンジンが少ないのも事実。

 内燃機関自体が少数派になっていく今日において、名機がなくなるのはいったいどんな結果を招くのだろうか?

文:鈴木直也/写真:トヨタ、日産、マツダ


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ