さよならクラウン!? 現行型でセダンは最後!? 今買ったら値上がりするか?


 2022年3月をもってオーダーストップとなり、今月(6月)発表とも、来月(7月)にも発表とも言われているトヨタ 新型クラウン。

 今回は、クラウンの最新の中古車事情と、今後の値動きについて解説していきたい。

※本稿は2022年2月に執筆されたものに適宜修正を加えています。中古車の相場・価格帯は執筆時のものとなります
文/萩原文博
写真/トヨタ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】安全装備が充実したトヨタ 現行型クラウンをギャラリーでチェック!(24枚)画像ギャラリー

■販売から約3年半 現行型クラウンの足跡を振り返る

2018年に登場した現行型クラウンはTNGAに基づいたGA-Lプラットフォームを採用。走る・曲がる・止まるをを大幅に進化させスポーティセダンとして生まれ変わった。

 2018年6月に登場した現行型クラウンは、旧型のロイヤル、アスリート、マジェスタを統合しクラウン1モデルに集約されたのが特徴だ。

 クラウンシリーズの中にスポーティなRSや豪華仕様のGエグゼクティブが用意されている。

 また現行型クラウンは、新たなモビリティライフを提案する、初代コネクティッドカーとして、「クルマの機能を拡張するコネクティッド」と「デザイン/走り/安全性能の進化」が追求されたのも特徴。

 クルマ構造改革である「TNGA」を採用し、プラットフォームやパワートレインなど一新。ボディの高剛性化や低重心化を実現することで、意のままのハンドリングとフラットな乗り心地を実現している。

 外観デザインも6ライトウィンドウを採用したスポーティなデザインを採用。またインテリアも8インチと7インチのディスプレイを連携させた新開発のダブルティスプレイを採用し、初代コネクティッドカーらしい先進性を主張している。

 また、コネクティッドサービスとして「T-Connectサービス」を3年間無料で提供している。

 現行型クラウンに搭載されるパワートレインは、2.5L、直4ガソリンエンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステムをはじめ、2L、直4ガソリンターボエンジン+8速AT、そして3.5L、 V6エンジン+モーターのハイブリッドシステム+10速のトランスミッションを組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムの3種類。

 駆動方式は2WD(FR)を中心に2.5Lハイブリッド車にのみ4WDを用意している。

搭載されるパワートレインは3種類。2.5Lは直4ハイブリッドシステム。2Lは直4ガソリンターボエンジン+8速AT。3.5Lは V6ハイブリッドシステム+10速のトランスミッション。2.5Lハイブリッド車のみ4WDが用意され、他はFRとなる(画像は3.5Lモデル)

 またそれぞれのパワートレインには標準モデル、走りに磨きを掛けたRSそして豪華仕様のG-エグゼクティブを用意。安全装備では、運転支援システムは「プリクラッシュセーフティ」をはじめとした5つの機能がパッケージ化された、第2世代となる予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備している。

 2020年4月に一部改良を行い、T-Connect SDナビゲーションシステムにスマートフォン連携機能を追加し、スマホアプリをナビに表示し操作が可能となった。

 また、一部グレードを除きドアトリム&インストルメントパネルの加飾に合成皮革を採用し上質感を高めている。

 続けて、2020年11月にも一部改良を行い、体調急変などドライバーの無操作状態が継続している場合、徐々に車両を減速させ自車線内に停車。

 早期救命救急をサポートする「ドライバー異常時対応システム」など機能を追加した最新の「トヨタセーフティセンス」を搭載。

 インテリアではダブルディスプレイを廃止し、12.3インチのワイドディスプレイを採用しインストルメントパネルのデザインを変更している。

 また、本革シート採用グレードの拡大や、「RSアドバンス」「RS アドバンス Four」専用の18インチアルミホイール(スパッタリング塗装)などホイールバリエーションを充実させている。

 2020年にインパネのデザインを変更しているが、販売開始から約3年半が経過しているが、外観の変更を伴いマイナーチェンジは行われていない。

 もしかすると、今回のオーダーストップは法規対応だけでなく、マイナーチェンジを行うことも考えられる。

次ページは : ■クラウンの中古車市場。狙い目は3.5ハイブリッド車!?