【N-BOX、ハスラー、デイズ…】軽ハイトワゴン「素うどん車」選手権


7月21日公開の「クルマは安くて素朴な「素」が一番!? コンパクトカー「素うどん車」12選」につづき、今回は軽ハイトワゴン編をお届けします。

まだご存知ない方のために「素うどん車」とはなんぞや、をまずはご説明します。エビ天ぷらやかき揚げなどの具がなにものっていないのが素うどん。だから、余計(?)な装備をつけていない“素”なグレードのクルマが「素うどんグルマ」。これに対して、いろんな具(装備)を乗せてお値段も張った車を「具のせグレード」と称しています。

これっていったいどちらが割安なんでしょう? ということで、自動車ジャーナリスト渡辺陽一郎さんにお買い得度の検証ランキングをつくってもらったのが、この「素うどんグルマ選手権」です。

なお検証の結果、やっぱり「具のせ」のほうが割安だ! という結論に至ったクルマも多くありました。そちらはその度合いによって「ランキングD・E」に分類させていただいてます。

文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部
写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年8月10日号


■ハスラー A(110万520円/CVT)

素うどんグレードのAが2万720円割安

価格が最も安い素うどんグレードはAだ。具のせグレードはXで、2個のカメラを使う緊急自動ブレーキのデュアルカメラブレーキサポート、ディスチャージヘッドランプ、アルミホイールなど、Aに比べると34万円相当の装備を加えた。それなのにXの価格は、Aに比べて36万720円も高い。

したがって素うどんグレードのAは具のせグレードのXに比べて2万720円割安だ。

軽自動車は競争が激しく大半の車種が中級の具のせグレードを割安にする。素うどんのほうが買い得、つまり「価格差−装備換算額」がプラスの金額になるのは珍しい。

Aがそれを可能にしたのは、法人やレンタカーの需要を視野に入れてメーカーオプションの設定も省き、アイドリングストップや Sエネチャージまで非装着にしたからだ。それでもエンジン本体の効率が優れ、JC08モード燃費は26.6km/Lに達する。

■素うどんグレード:A(110万520円/CVT)
■具のせグレード:X(146万1240円/CVT)
■価格差:36万720円
具のせグレードに加わる装備の価格換算額:34万円
価格差−装備換算額=2万720円

●素うどんグレードのお買い得度:Aランク

具のせグレードのXは素うどんグレードのAに比べて34万円相当の装備を加えているが、価格はAに比べて36万720円も高い

■N-BOX Gホンダセンシング(138万5640円/CVT)

戦略的な価格設定の素うどんN-BOX

N-BOXのようなスライドドアを備えた全高が1700mmを超える軽自動車は、実用装備を充実させた具のせグレードを140万~150万円に設定する。

いっぽう、ワゴンRやムーヴなど、スライドドアを備えない全高が1600~1700mmの車種は130万円前後が具のせグレードの価格帯だ。

ホンダではN-WGNやN-ONEの設計が古くなり、売れ筋の軽自動車は、実質的にN-BOXのみだ。この1車種で、ワゴンRやムーヴの顧客まで奪わねばならない。

そこでN-BOXは素うどんグレードのGホンダセンシングを割安にして、130万円台に設定した。具のせなG・Lホンダセンシングに比べて10万円相当の装備を省くが、価格は11万3400円も安い。この価格ならワゴンRやムーヴの顧客も取り込める

■素うどんグレード:Gホンダセンシング(138万5640円/CVT)
■
具のせグレード:G・Lホンダセンシング(149万9040円/CVT)
■価格差:11万3400円
■具のせグレードに加わる装備の価格換算額:10万円
価格差−装備換算額=1万3400円

●素うどんグレードのお買い得度:Bランク

ワゴンRやムーヴの顧客を取り込むため、戦略的な価格設定にしたGホンダセンシング

次ページは : ■キャストアクティバ X(122万5800円/CVT)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ