【灼熱地獄】 真夏の車内はどこまで暑くなる? その危険度をチェック!!


 8月に入っていよいよ夏本番! の前にすでに暑い、暑すぎる! 7月の平均気温は東日本で過去最高となり、西日本でも第2位タイ。埼玉県熊谷市では41.1℃を記録(日本の観測史上最高を更新)、全国の観測地点の約4分の1で最高気温が35度以上の猛暑日を記録……と、もはや災害と言っていいレベル。

 7月の終わりにはこの暑さもすこし和らいだものの、8月に入ってまたじんわり気温が上がりつつある。これからの時期、お子さんの夏休みやお盆休みなどで海や山にドライブに行く計画を立てている人も多いと思うが、気をつけなければならないのが車内での熱中症。熱中症は屋外だけで起きるものではない。クルマという密閉空間は、特に暑くなるので注意が必要なのだ。

 JAF(日本自動車連盟)が行ったテスト結果と、編集部・林が毎年熊谷市と暑さを競っている群馬県館林市へ、36.4℃の猛暑日に行ってテストした結果を併せて、実際にクルマがどれほどまで暑くなるものなのか? をご覧いただこう。これを見たら、「ちょっとだけだし」なんて気は起きなくなるハズ。

※本稿は2017年のものです。
文:ベストカー編集部
写真:日本自動車連盟・西尾タクト
データ提供:日本自動車連盟

初出:『ベストカー』2017年8月26日号


「ちょっとなら」で、大変な事態に

 JAFが夏の閉めきった車内の熱中症指数(WBGT)による測定を行った結果によると、20℃まで冷やした車内でも、エアコンを停止してわずか15分で熱中症指数は危険レベルに達したという。

 「子供が寝ていて起こすのがかわいそうだし、ちょっとの時間だからクルマに残してお買い物」なんて、気持ちはわかるがもってのほかなのだ。

真夏の車内の温度 条件違いでどう変わる?

 気温35℃の環境に4時間、ボディカラー黒、ボディカラー白、サンシェード装着、窓開け(3cm)、エアコン作動といった、さまざまな条件のクルマを置いた場合、車内温度がどう変化するのか? というテストをJAFが行っているので、まずはその結果(下表)を紹介したい。

■色違いで約5℃の差が生じる

 一般的にボディカラーが黒っぽい車両のほうが、温度が高くなりやすいといわれている。テストでもそのとおりの傾向となっており、対策なし同士で比較した場合、黒いボディカラーの車両のほうが、各部の温度が白い車両よりも約5℃高い結果となった。

 ただ、もっと差が開くかと思った数値だが、思ったよりも小さかった。

■サンシェードは効果薄

 よく駐車場で目にするサンシェード。ダッシュボードやハンドルが熱くなるのを防いではくれるのだが、さて車内温度は? となると、車内最高温度は対策なしに比べてたったの2℃しか低くならず、温度抑制効果はほぼないと言える。これではとても車内にはいられない。

■空気を循環させても厳しい

 では空気を循環させるのはどうだろうか? 結果としては、開けないよりはマシといったレベルだった。

 約5℃低下はするが、ダッシュボードの温度が高いことの影響か、それとも入ってくる空気が外の熱風なので効果が低いのか、期待したほどの効果は出なかった。

■文明の利器(エアコン)は強いのだが……

 これは比べるまでもないだろう。これなしでは夏は生きていけないと言う人がいるのがよくわかる、圧倒的な力を見せつけた。

 しかし、確かに涼しくはなるのだが、ずっとエンジンをかけておかねばならず、誤作動でクルマが動いたり、燃料切れでエンジンが止まってしまう可能性もある。緊急災害時などは死活問題になってしまう。また排ガスを出しているため、環境負荷の面でも問題がある。

 個別にテストした結果では、温度抑制効果は低いという結果が出た。しかし、サンシェードと窓開けを組み合わせれば相乗効果が期待でき、皮算用ではあるがエアコンに頼らずとも、10℃くらいは低くなるかもしれない。

※以上、実施日:2012年8月22〜23日、場所:彩湖・道満グリーンパーク駐車場(埼玉県戸田市)、天候:晴れ、気温:35℃、試験時間:午後12時から4時間

次ページは : 真夏の車では何が起きるのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ