エクストレイル シエンタ ステップワゴン… 買うべき? 待つべき? 今年登場予定の新型vs現行ライバル 買い待ち判定

エクストレイル シエンタ ステップワゴン… 買うべき? 待つべき? 今年登場予定の新型vs現行ライバル 買い待ち判定

 2022年も今後続々とニューモデルが登場する予定だ。が、その新型車の発売を待たずに今あるライバル車を買うのはありなのか? 今後デビューする新型車のライバルとなる主な現行モデルを「買い」「待ち」判定する!

※本稿は2022年2月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年3月10日号

【画像ギャラリー】あなたの次の愛車はどっち!? 新型&現行ライバル車をギャラリーでチェック!(23枚)画像ギャラリー

■日産 新型エクストレイル(2022年9月デビュー予想)vs 三菱 アウトランダーPHEV&スバル フォレスター

日産 新型エクストレイル。新型はプラットフォームを一新。注目はパワーユニットで1.5Lの可変圧縮比ターボを発電用に使う新世代e-POWERを搭載予定

●現行アウトランダーPHEVとフォレスターは買い?

 今年秋には新型エクストレイルが発売される見込み。そのライバル車はアウトランダーとフォレスターだ。

 新型アウトランダーは走行性能を大幅に向上させた。よく曲がって運転の楽しさを満喫できる。「買い」のクルマだが、エクストレイルを待つ手はある。

 なぜなら両車はプラットフォームが共通で、エクストレイルの北米仕様となるローグもアウトランダーに似た操縦性を持つからだ。しかもエクストレイルは、アウトランダーのPHEVとは異なる新しいe-POWERを搭載する。

 アウトランダーが好きなユーザーなら、エクストレイルも気に入るだろう。両車を乗り比べて、パワーユニットや価格の違いを判断したうえで選びたい。

 フォレスターは発売から2年以上を経過したが、改良を受けて古さを感じない。ターボのスポーツは、走行安定性をはじめとする機能のバランスが優れ、価格はアウトランダーのPグレードよりも約200万円安い。

 エクストレイルと比べても車両の性格が異なり、新型の登場を待つ必要はない。

●結論:アウトランダーPHEV…今は待ちか。判断難しい/フォレスター…今買っても後悔しないでしょう

■ホンダ新型SUV(2022年10月デビュー予想)vs トヨタ カローラクロス&マツダ CX-30

今年秋頃にホンダから登場する予定の新型SUV。ヴェゼルとCR-Vの中間の位置付けとなるSUVで、1.5Lハイブリッドと1.5Lターボを搭載する(画像はベストカー編集部による予想CG)

●現行カローラクロスとCX-30は買い?

 今年の10月頃に、ヴェゼルとCR-Vの間に位置するSUVが登場するという情報がある。プラットフォームはシビックと共通で、ハイブリッドのe:HEVを搭載する。

 ただしヴェゼルも空間効率が優れているから、コンパクトサイズながら、前後席の頭上と足元の空間はCR-Vと同等だ。内装も上質で、快適性に不満を感じない。

 そうなるとホンダの新型SUVがヴェゼルを上まわる機能は、後席を使った時の荷室長と、動力性能や走行安定性だろう。

 価格はヴェゼルe:HEV・Zが約290万円だから、新型SUVのe:HEVは、インサイトLXに近い330万円前後になりそう。

 一方、カローラクロスは最上級のハイブリッドZが299万円だから、価格帯はヴェゼルに近い。割安感で新型SUVに勝てるため、今買ってもいいだろう。

 CX-30も外観やディーゼルの搭載にほかにはない個性があり、新型SUVとは競合しにくい。

 待つ必要はないが、2022年の10月から年末頃に改良を受ける。これを狙うなら、新型SUVと比べて買う方法もある。

●結論:カローラクロス&CX-30…今買っても後悔しないでしょう

次ページは : ■トヨタ 新型シエンタ(2022年8月デビュー予想)vs ホンダ フリード

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ