大人の階段上る!? 新社会人にオススメしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ」7選

大人の階段上る!? 新社会人にオススメしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ」7選

 「クルマを買う」という行為が、若い世代、特に初めての愛車を手に入れるときにはとてつもなく高いハードルに思えた人も多いだろう。

 10万円単位はハッキリいえば安い方であり、100万円単位でようやく選択肢が・・・という世界だ。上を見ればそれこそキリがない。

 さらには、郊外の新築一戸建てよりも高いクルマ(それも中古車)が中古車検索サイトで見つけることも容易だ。誰が買うのだろう・・・と思って「お気に入り」登録してみると、翌日にはストックリストから消えていたり・・・。

 ソニー損保が毎年年始に発表している「新成人のカーライフ意識調査 2022年版」によると、「自分のクルマを持っている」割合は16.0%であるのに対して「クルマを購入するつもりはない」割合は31.0%だという。

 ちなみに「同年代でクルマを所有している人は格好いいと思う」のは46.1%で、女性では49.6%とのことだ。

 さらに、クルマを購入する際の購入資金の捻出方法の割合は「働いて貯める」68.7%、「親など親族に援助してもらう」13.4%、「自動車ローンを組む」11.7%とあり、多くの新社会人が自分の手の届く範囲で頑張ろうとしている姿が見てとれる。

 かつて、新社会人が入社数ヶ月でユーノスロードスターの新車(もちろんフルローン)を手に入れた・・・なんて時代もあったような気がする。

 しかし、現在は親の力を借りず、すべて自力でとなると新社会人でローンが通らない可能性が高い。親が保証人となってはじめて可能性が開けてくるのが現実だ。

 とはいえ、通勤の足としてクルマは必要だし、社会人になってクルマの必要性を実感することが増えてくるかもしれない。

 そこで間もなく新生活を迎える新社会人にお勧めしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ7選」と題してお届けしたい。
*中古車の価格は2022年3月16日現在のものです。

文/松村透
写真/レクサス、トヨタ、マツダ、BMW、フィアット、Adobe Stock(@tatsushi)

【画像ギャラリー】新社会人に手が届きそうな中古車はズバリ このクルマだ!(11枚)画像ギャラリー

■「コミコミ50万円」で自由の翼を手に入れる!

 これらの結果を踏まえたうえで、新社会人で「コミコミ50万円」ともなれば、コツコツとアルバイトをして貯めたお金と考えるのが妥当だろうか。

 デザインが魅力的で、古さを感じさせなくて、実用的で維持費がかからず、しかもできるだけ壊れない(これが大切)。このあたりを加味した最大公約数は下記2台だろうか。

■初代ホンダN-ONE
・生産時期:2012年11月~2020年10月
・エンジン:直列3気筒DOHC、直列3気筒DOHCターボ
・排気量:658cc
・最高出力/最大トルク:58ps/6.6kgm、64ps/10.6kgm
・発売時の価格帯:115万円〜189.8万円
・現在の中古車相場:68.5万円

大人の階段上る!? 新社会人にオススメしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ」7選
クルマに詳しい人でなければ、先代モデルと現行モデルの区別が付きにくく、古さを感じさせない点も魅力。それほど完成されたデザインということを意味する
大人の階段上る!? 新社会人にオススメしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ」7選
グレードや設定色により、男女それぞれが好みそうな内装のカラーバリエーションが用意されているのもN-ONEの魅力のひとつ


トヨタiQ
・生産時期:2008年11月~2016年3月
・エンジン:直列4気筒DOHC
・排気量:996cc、1329cc
・最高出力/最大トルク:68ps/9.2kgm、94ps/12kgm
・発売時の価格帯:129万円〜355万円
・現在の中古車相場:41万円

大人の階段上る!? 新社会人にオススメしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ」7選
生産終了からすでに6年が経過したとは思えないデザインが魅力のトヨタiQ
大人の階段上る!? 新社会人にオススメしたい「頑張れば手が届きそうなクルマ」7選
内装の仕立ても古さを感じさせない。iQをベースにアストンマーティンが「シグネット」を販売していたこともあった

次ページは : ■コミコミ100万円なら選択肢も広がる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ