N-BOXはなぜ追わない? 他メーカーがスペーシアギアに追従しないワケ

N-BOXはなぜ追わない? 他メーカーがスペーシアギアに追従しないワケ

 世界的なSUVブームの今、軽自動車にもその波が押し寄せている。ハスラーやジムニーといった老舗はもちろん、スーパーハイワゴンのスペーシアギアもラインアップされているほど。しかも近頃販売比率も上がりつつあるのだ。そこで気になるのがスペーシアのライバルであるホンダ N-BOXやダイハツ タントといったモデルも参入するのでは? という点だ。その可能性はあるのか!?

文:青山尚暉/写真:スズキ・ホンダ・ダイハツ

【画像ギャラリー】N-BOXにも設定される可能性アリ!? 大人気のスペーシアギアがコレだ(12枚)画像ギャラリー

勢いがハンパないスペーシア! ギアは唯一無二の存在

 ここ最近、クロスオーバーモデルの人気が沸騰。乗用車をベースに続々とSUVテイストあるクロスオーバーモデルが登場している。しかもその波は軽自動車にも及び、代表格として、TVCMでもガンガン登場するスズキ スペーシアギアがある。

スペーシアギアとは異なり随所にアイボリーのアクセントを加えたマイスタイルなるモデルを追加するなど、選択肢が豊富なのも人気の理由
スペーシアギアとは異なり随所にアイボリーのアクセントを加えたマイスタイルなるモデルを追加するなど、選択肢が豊富なのも人気の理由

 軽自動車の中でももはや一番人気のスーパーハイト系に属する、プチバンとも呼べるスペーシアギアは、2022年2月の軽自動車販売台数でもN-BOX、タントに続く3位の座についているほど。しかも前年同月比ではN-BOXの104.0%、タントの111.9%より売れている126.3%と、この時期での人気も絶大だ。そのスペーシアのクロスオーバー版がスペーシアギアであり、今ではややオシャレ方向に振ったデザインを持つスペーシアギア マイスタイルも登場。まさにライバル不在の布陣で、激戦区、スーパーハイト系の土俵で勝負に出ているのである。

スペーシアギの比率は2割強! ターボモデルが大人気

ノーマルのスペーシアやスペーシアカスタムとは異なり、ギアはターボ比率が高いのも特徴。遠出ユーザーが多いのだ
ノーマルのスペーシアやスペーシアカスタムとは異なり、ギアはターボ比率が高いのも特徴。遠出ユーザーが多いのだ

 ちなみに、スペーシア全体のモデル構成比では、スペーシア約40%強、スペーシアカスタム約40%弱、スペーシアギア約20%となっているが、母数が大きいため、約20%はかなり健闘していると言っていい。あえてギアを選ぶユーザーは、広く使いやすい軽自動車を望む30-40代ファミリー。家族や仲間とお出かけする機会の多いユーザーや、小型車からのダウンサイザーも少なくないのだ。

 迫力、そして存在感あるデザインを求め、なおかつ登録車のような高級感や上級感を軽自動車に臨むスペーシアカスタムとはやや異なるのも特徴。SUVテイストのデザインを求め、平日は純然たるファミリーカーとして使い、週末にはアウトドアに出掛け、アウトドアフィールドにも似合う、1台2役の幅広い使い方に共感している軽自動車ユーザーだという。

 ギアの人気のボディカラーはオフブルーメタリック×ガンメタリック2トーン、アクティブイエロー×ガンメタリック2トーン、そしてピュアホワイトパールとなる。オフブルーメタリック×ガンメタリック2トーンルーフは自然の中に似合い、アクティブイエロー×ガンメタリック2トーンは自然の中でも目立ち、安全にもつながるワイルドさもあるカラーとしてのメリットが見て取れる。

 注目すべきはターボ比率で、ノーマルスペーシアではNAの比率が高いものの、ギアになるとターボの比率が高いこと。アウトドアへはロングドライブするケース多く、また、アウトドアグッズ満載だとパワーに余裕が欲しくなるといった理由からだと推測する。

次ページは : スペーシアギアは見た目重視! 割り切りがお見事

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

秋から2024年の注目車がこぞって登場!! ベストカー10月26日号

 10月26日号のベストカーは、みんなの好きなコンパクトSUVに関してBCスクープ班が現在掴んでいる…

カタログ