アップルもグーグルも超えてゆけ ホンダとソニーのEV提携 それぞれの狙い

アップルもグーグルも超えてゆけ ホンダとソニーのEV提携 それぞれの狙い(中西孝樹の「自動車業界一流分析」)

 ナカニシ自動車産業リサーチ・中西孝樹氏による本誌『ベストカー』の月イチ連載「自動車業界一流分析」。クルマにまつわる経済事象をわかりやすく解説してくれると好評だ。

 第五回目は、大きな話題となったホンダとソニーのEV提携、その背景とそれぞれの「狙い」を読み解きます。

※本稿は2022年3月のものです
文/中西孝樹(ナカニシ自動車産業リサーチ)、写真・画像/HONDA、SONY ほか
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】ソニーの「VISION-S」シリーズ、ホンダが発売を予定するEVたちをギャラリーでチェック!(30枚)画像ギャラリー

■ソニーの狙いは米アップルの「蹉跌を踏まない」こと

 ホンダとソニーのEV事業における新会社設立という電撃的ニュースに、多くのファンが興奮を隠しきれなかったことでしょう。その背景や狙いを解説します。

 今年のCES(米国のテクノロジーショー)において、ソニーはモビリティとEV事業への新規参入意向を表明済みでした。

 同社は伝統的な自動車メーカーと提携し、2024~2025年頃には市場参入の戦略をとる公算が高いとみられていました。それは宿敵の米アップル社の蹉跌を踏まないことが狙いです。

2022年3月4日の発表に臨んだ吉田憲一郎 ソニーグループ株式会社代表執行役会長兼社長CEO(左)と、三部敏宏 本田技研工業株式会社 取締役 代表執行役社長

 アップルのEV事業開発である「タイタン計画」は、2016年に鳴り物入りで始まったのですが、ソフトウェア/ハードウェア双方の自社開発にこだわった結果、参入は大幅に遅れています。

 ソニーはこの隙にどうしても先手を打ちたかったと考えられます。そして、提携のラブコールを送ったホンダにその白羽の矢が立ったというわけです。

 今年中に両社は合弁会社を設立し、2025年にこの合弁会社からホンダとソニーが共同開発した新型EVの発売が予定されています。

 ブランド名、販売方法などの詳細は今後詰めていくことになりますが、ハードウェア開発、製造、メンテナンスはホンダ、センサー技術、マルチメディア開発、サービスプラットフォームはソニーが担当していくことになります。

■ではホンダにとってのメリットとは何か?

 大きなポイントは「MaaS(モビリティサービス全般)向けプラットフォーム」はソニーが単独で開発し、新会社にサービスを提供するところです。

 これこそが、ソニーが目指すモビリティ事業のハブとなります。モビリティ領域のデータを支配し、循環型の課金ビジネスを有するプラットフォーマーを目指していると言えます。

 ではホンダのメリットとは何なのか?

「変革の波に乗り、モビリティの進化をリードしたい」と会見で三部社長は述べましたが、車両を受託製造してメンテナンスを提供するという伝統的な付加価値では、とても進化をリードするという形には程遠いのです。

ソニーの「VISION-S 02」(左)と「VISION-S 01」
2021年10月で世界初公開されたコンセプトモデル「e:N SUV Concept」「e:N GT Concept」「e:N COUPE Concept」。今後5年以内の発売を目指している

 合弁会社がチャレンジするサービス指向の次世代EVには、クルマのインカーと無限に広がるアウトカーとの間に、とても複雑で大規模なネットワークが形成されます。

 これを単純化し、魅力的なサービス指向アーキテクチャ(サービスオリエンテッドアーキテクチャ:SOA)をすでに提供してきたのがテスラであり、急成長を遂げる中国の新興ブランドです。

 トヨタ、GM、VWはSOAを提供できる自前のビークルOSを開発中で、2025年にも実装する計画です。

 クルマはITのデバイスへと進化し、「つながる」という新しいビジネスとカスタマー体験ソフトウェアが勝負どころに変わっていくのです。

 ホンダ固有での次世代車開発を考えた時に、ネットワーク、データ、人工知能といったソフトウェア領域でやや力不足の感が否めません。

 ソニーはこの領域で優れたIT企業です。ホンダは不可避なリソーシスを補完することが可能となるでしょう。

次ページは : ■最重要なのは「ホンダからは生まれない世界」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ