数年間野ざらし!? 持ち主は連絡を!! 茨城空港の放置車両問題が深刻

茨城空港でとんでもない事態が起こっている。なんと自家用車の放置が多発しているというのだ。3118台分のスペースに当初は50台以上の放置車両があったという。

利用料が無料ということが災いしてしまったのか、放置車両が続出。法律の壁もあり勝手に移動もできず、頭を抱えてしまっているそうだ。

ベストカー編集部は現地へ急行。その実態に迫りました。

※今回は現在も茨城空港に放置中の8台の写真を掲載しました。盗難などの可能性もあるので、もし写真のクルマに心当たりがある場合は茨城県政策企画部空港対策課(TEL:029-301-2768)にご連絡を。

文・写真:ベストカー編集部/取材協力:茨城県政策企画部
ベストカー2018年8月26日号


■行政が勝手に撤去できない放置車両

空港に長期間放置されたクルマが問題となっている。

放置することを前提に駐車したものだけでなく、何らかの理由によって所有者が取りに来ることができなくなったケースもあり、全国の空港が対応に苦慮しているのだ。

そんな放置車両すぐに撤去すればいいじゃないか! という声もあるが、簡単にはいかない理由があるのだ。

「自力救済の禁止の原則」というもので、「公の手続きを踏まずに、私人が自己の権利を実力行使にて実現すること」を指す。

名車32GT-Rも放置されている。しかも「34」ナンバーとくれば新車から大事にしているクルマだろう。希少色ダークブルーパールだけに盗難や事故などの可能性も?

これに抵触して撤去すれば、逆にクルマの所有者から訴えられる危険性があるのだ。

さて今回直撃した現場は、霞ヶ浦のほど近くにある茨城空港だ。元は百里飛行場として防衛省・航空自衛隊が管理する飛行場だったが、2010年に民間共用化され現在の茨城空港となった。

この茨城空港、臨時駐車場も含めると3118台の無料駐車場があり、茨城県近郊の空の玄関口となっている。

今回の取材に対応してもらった、茨城県政策企画部交通局空港対策課課長補佐の矢口健氏によると、茨城空港は開港して約8年になるが、放置車両の問題が顕在化したのは2〜3年前。

それまでは、放置車両の存在に気づいていなかったのだそうだ。

綺麗なベンツBクラスも放置。ナンバーの文字色も褪せてしまっている

駐車料金が無料ということで気軽に駐められて、長期間駐めても高額請求の心配もないから安心という心理が働くのだろうか?  当初確認した際は、50台前後の放置車両があったそうだ。

しかし、そこから県職員が注力し、順次移動や撤去をしてもらうことに取り組んだ。

弁護士のアドバイスも受けながら、所有者とコンタクトを取ったり、場合によっては直接訪問して移動のお願いをしたとのこと。

それぞれ事情があったが、粘り強く交渉することで移動してもらうことができ、8台まで減らすことができた。

人気のあるステップワゴン。このエアロなどからそこそここだわっている感じのある1台。コケが生えている

しかし、残った8台が実に厄介だった。茨城空港にはナンバーのない車両がなかった(前後どちらかは付いている)ため、陸運局にナンバーを照会して所有者の特定はできた。

だがこの8台は、所有者が車検証に記されている住所にすでにいないということで、連絡の取りようがない手詰まり状態になっているのだ。

■引き取りに来れないのには事情があるのか?

現在茨城空港に残っている8台は、県内ナンバーと県外ナンバーが半々。

こちらのステップワゴンはフルノーマル。きっとオーナーと楽しい時間を過ごしていたはずだ

取材をしていて気づいたのだが、どの放置車両も経年劣化でタイヤがパンクしていたり、何年も風雨に晒されたためボディ塗装は傷んでいるものの、放置を前提に駐車したクルマは少ないのかもしれない?  という印象を受けた。

左ハンドルのアコードワゴン。車内には飲みかけのペットボトル、紙パックなどが置かれていた

なぜかというと、飲み残しのジュースや、ゴミとは言い難い荷物など生活感のある物品を載せたままになっているクルマが多かったからだ。

矢口氏も「駐めた時には、ひょっとするとすぐに取りに来るつもりだったのかもしれないが、何らかの事情で取りに来られなくなってしまった人もいるかもしれませんね」と語っていた。

こちらのプリメーラはフロントのナンバーが行方不明。かなり退色している

これまで放置車両に手をこまねいていた茨城空港だが、今後は取り締まりを厳しくしていくということだ。

検討しているところでは、現在は利用者用の駐車場の一角を占めてしまっている放置車両を、まずは支障のない別の場所に移すことを検討しているそうだ。

ああ、名車ムーヴも。車内には獅子舞の頭があった!!

有償での管理になるのか、取りに来た際にかかった撤去費用などを請求する形にするのかなどは、これから検討していく段階だという。

パジェロミニは比較的新しい放置車両とのこと。たしかに綺麗だ

茨城県庁内の関係部署と検討しているのと、ほかの空港がどのように取り組みをしているのかも参考にしながら、よかった点や問題が発生する点を情報収集し、どのような形がベストなのか模索中だ。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ