4年は待てないな…(泣) 現行型ランクル&ランクル200 中古車最新事情!!

4年は待てないな…(泣)現行型ランクル&ランクル200 中古車最新事情!!

 2021年、14年振りにフルモデルチェンジしたトヨタ新型ランドクルーザー300(通称:ランクル300)。国内外でも人気が高く、納車は約4年待ちという状況だ。4年という歳月は長く、早くランクルを手に入れたいという一部ユーザーには厳しいことだろう。ところが、既にランクル300の中古車が市場に登場しているという…。

 そこで今回は、新型ランクル300の最新情報から、旧型ランクル200の中古車最新情報をお届け。もしかしたら、納車を待つよりも早く手に入るかもしれない…。

文/萩原文博、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】中古車が買い時を迎えている200系ランドクルーザーを画像でチェック!(13枚)画像ギャラリー

ランクル300が中古車市場に登場!? いくらで買える?

納車まで4年以上と納期が長納期化しているランクル300。中古車市場では、価格が約1588万〜1748万円と新車価格の約2倍というプレミアム価格になっている

 卓越した走破性と信頼性でキング・オブ・SUVと呼ばれ、日本国内だけでなく世界中で人気が高いモデルがトヨタランドクルーザーだ。

 2021年8月に約14年振りにフルモデルチェンジを行い、現行型の300系ランドクルーザーが登場した。トヨタのクルマ構造改革である「TNGA」に基づいたGA-Fプラットフォームを採用。伝統のラダーフレームを継承しながら約200kgの軽量化を実現している。

 搭載するエンジンは、最高出力415psを発生する3.5L V型6気筒ガソリンツインターボに加えて、最高出力309ps、最大トルク700Nmを発生する3.3L V型6気筒ディーゼルターボの2種類。組み合わされるトランスミッションは10速ATとなる。

 指紋認証スタートスイッチを採用し高いセキュリティに加えて、先進機能を付与した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を採用し、高い安全性を実現している。

 標準グレードに加えて、世界一過酷なダカールラリーで鍛えられ、創り上げられたGR  SPORTを設定しているのが特徴だ。

 販売開始とともにオーダーが殺到し、現在ホームページ上では「これから注文すると、納車まで4年以上」と納期が長期に渡ることがアナウンスされている。新車価格が510万〜800万円という高価なクルマだが、ランドクルーザーの高い走行性能と耐久性はそれくらい待ってでも欲しいというユーザーが世界中にいるということだ。

 新車が手に入らないなら、即納可能な中古車ならばどうか。ということで、ランドクルーザー300の中古車事情を調べてみた。

 現在、ランドクルーザー300の中古車は約6台流通していて、平均価格は約1723万円。中古車の価格帯は約1588万〜1748万円と新車価格の約2倍というプレミアム価格となっている。

 注目のポイントは、現在流通しているランドクルーザー300の中古車はほとんどが5人乗りのディーゼルエンジン車ということ。日本市場でのオーダーのうち6割を占める3.5Lガソリンエンジンを搭載した7人乗りのZXはさらに高くなる可能性もあるということだ。

 それならば、旧型となったランドクルーザー200の中古車を狙ってみるのはどうだろうか。

買いどきを迎えている旧型ランクル200 オススメ中古車は?

 ランドクルーザーは、空冷エンジンを搭載したポルシェ911そしてスズキジムニーと並んで、中古車となっても値落ちしない車種としてよく知られていて、古い80系や100系のランドクルーザーも多くのファンがいるのだ。

 200系と呼ばれる旧型のランドクルーザーは2007年9月より販売開始されたが、それ以降度重なるマイナーチェンジや変更が加えられている。

 2009年4月に一部改良では搭載するエンジンを4.7L V8エンジンの2UZ-FE型から4.6L V8の1UR-FE型エンジンへと変更。同時にトランスミッションも5速ATから6速ATへと変更され、燃費性能を向上させた。

 2011年12月に1度目のマイナーチェンジを行い、内外装の変更と一部グレードを除いて、オフロードの走破性を向上させるマルチテレインセレクトなどを装備。そして2015年8月に2度目のマイナーチェンジを行い、内外装のデザインを大幅に変更。同時にミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた運転支援システム「トヨタセーフティセンスP(現在はトヨタセーフティセンス)」を全車に標準装備し安全性を向上させている。

 旧型の200系ランドクルーザーは5人乗りのGX、そして8人乗りのAX、AX  Gセレクション、ZXの4グレードがカタログモデルとして設定されていた。

 現在、旧型の200系ランドクルーザーの中古車は約165台流通していて、平均価格は約450.4万円。フルモデルチェンジを行った2021年8月当時の流通台数は約215台。平均価格は約575.3万円だった。

 200系ランドクルーザーの中古車の平均価格は2021年9月の約577.2万円をピークにその後値落ち傾向となり、2022年2月から3月にかけてわずかひと月で平均価格が約50万円という大幅な値落ちを記録していたのだ。

 さすがにその後はほぼ横ばいで推移しているが、200系ランドクルーザーの中古車はまさに買いどきを迎えているというのは間違いない。

 200系ランドクルーザーの中古車の価格帯は約239.8万〜約1244.6万円とかなり幅広くなっている。またグレードでは最上級グレードの4.6ZXが最も多く、4.6AX Gセレクションが続いている。

 200系ランドクルーザーの中古車の中で、運転支援システムの「Toyota Safety Sense」を装着した中古車も約55台流通し、価格は約495万円からとなっている。

 運転支援システムを搭載した200系ランドクルーザーの中古車が約495万円からとそれほど割安になっておらず、しかも300系はプラットフォームを一新するなど大きく進化していることを考えると、新車の300系ランドクルーザーを購入するほうが満足度は高いと言えるだろう。ただし、4年待つことを覚悟しないとならない。

【画像ギャラリー】中古車が買い時を迎えている200系ランドクルーザーを画像でチェック!(13枚)画像ギャラリー