新型クラウンSUV発表1ヵ月前 ディーラー直撃! いま商談をするとどんな状況?


 SUVになると言われる新型クラウンの発表は、これまで本webが掴んだ情報によると、今年6月末。5月10日の段階で、あと1ヵ月半、ティザーサイトが立ち上がって、先行予約が始まっていてもよさそうなものだが、そんな話は入ってこない……。

 そこで、いまディーラーに行ってクラウンの商談をするとどんな状況になっているのか、直撃してみることにした。次期型の話がされるのか、現行型はまだ残っているのか。ひょっとすると、新型クラウンSUVの見積もりも取れる可能もある。

 いてもたってもいられない、そんな人のためにトヨタディーラーに行ってみた!

文/柳川洋
写真/トヨタ、BMW、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】クラウンの歴史を画像で振り返り!(15枚)画像ギャラリー

■日本で一番クラウンが売れる販売店(?)で最新情報を聞いてきた!

このようなフォーマルな場が一番しっくりくる日本車の代表選手といえば何といってもクラウンだが、新型になってもその立ち位置は変わらないのだろうか

 日本で最も頻繁にクラウンを見かける場所、それはどこかあなたはわかりますか? 答えは東京都心のオフィス・官公庁街。皇居や東京駅の周りを、ピカピカに磨き上げられた紺や黒の外装色のクラウンが、会社役員や高級官僚、政治家を乗せて走り回る。

 ブラックアウトされたリアウインドウでプライバシーが守られた後部座席では、偉いおじさんたちが時間を惜しんで読書灯の明かりを頼りに車内で書類や新聞に目を通したり、携帯電話で会話したり、激務の疲れを癒すために一寝入りしたりしている。白い手袋をしたベテラン運転手は、彼らの邪魔をしないよう、熟練の技で滑るようにスムースにクラウンを走らせる。

 そんな法人顧客向けに、日本で最も多くクラウンを販売していると言っても言い過ぎではないトヨタの販売店が都心にある。クラウンの最新情報が最も集まっているに違いないそのディーラーにゴールデンウィーク直後に訪問し、直近の状況を伺ってきた。

 店頭でクラウンに興味があることを告げると、まず初めに営業マンに言われたのが、「新型のクラウンがもう少しで発売になる、今まさに切替えのタイミングで、すでに現行型のクラウンの受注はGW前に終了しております。現行型はまだ在庫はございますが、1台を除いてすでに全車が商談中となっております」。

 ちなみに残っている最後の1台は、ガソリンエンジンの直列4気筒2Lターボエンジンを搭載した2.0 RSで、プレシャスホワイトパールの外装色。2.0 RSとは、カタログの価格表では、さまざまなグレードが並ぶなかで一番下に記載されている、いわゆる「素」のグレードだ。

 唯一現行型で500万円を切る、ハイブリッドの2.5L、RS-Bの次にお求めやすい値札をつけたクラウンで、どちらかというと自分でハンドルを握るオーナー向けのクルマだ。

現行クラウンRSは、自らハンドルを握る40~50代のドライバーを想定顧客層としていた

 この販売店の在庫が2.0 RSの1台しかないのかと思ったが、聞いてみると東京で200店舗以上あるトヨタモビリティ東京全体で、ラスト1台のクラウンがその2.0 RS、という状況らしい。ベストカーwebが得た情報によればすでに3月14日には受注は締め切られているという。

「ご承知の通り、トヨタのクルマは注文をいただいてから1台1台生産するのが基本なので、在庫車は、たくさんはございません。このクルマも各店舗で話が進んでいるはずですぐに売れてしまうと思われ、東京中探しても、もう新車のクラウンを買うことはできなくなります。どうしても現行型が欲しいということでしたら、今日あるいは今すぐにでもご決断ください」と営業マンが申し訳なさそうに話す。

大方のディーラーで現行クラウンの在庫車がほぼ残っていない状態で、すでに3月14日に現行型のオーダーストップがかかっている

 せっかくなので見積もりをいただいたが、「伝統的な」クラウンの、新車の見積書は東京ではこれが最後になるかと思うと、筆者もやや感慨深いものがあった。

次ページは : ■新型クラウン発表のタイミングは?