ヴェルファイア&アルファードがなぜ高級ミニバン市場で一強なのか


今は新車として売られるクルマの約37%を軽自動車が占めており、「価格の高い大きなクルマは売れない」といわれる。

ところがトヨタのアルファード&ヴェルファイアは別格だ。全長が4900mm、全幅は1800mmを軽く超えて、売れ筋グレードの価格は370〜500万円だが、販売は好調だ。2018年上半期(1〜6月)の登録台数を1か月平均にすると、トヨペット店の扱うアルファードは4568台、ネッツトヨタ店が売るヴェルファイアは3781台に達した。この台数はトヨタパッソやハリアーと同程度だ。

そして姉妹車を合計すると8349台だから、ミドルサイズミニバンのトヨタヴォクシー(姉妹車は含まない)よりも多く、日産セレナの9349台に迫る。アルファード&ヴェルファイアは、トヨタの国内販売を支える基幹車種となっている。

これだけ高くてこれだけ売れるなら、強力なライバルが現れてもおかしくない。しかしこの「高級ミニバンカテゴリー」は、長くヴェルファイア&アルファードの独走状態が続く。

なぜヴェルファイア&アルファードだけが好調に売れるのか。ライバル各車はどういう状況なのか。その理由を考えたい。

文:渡辺陽一郎


■ライバルの状況を分析しよう

まず筆頭に挙げられるのは、アルファード&ヴェルファイアとライバル車で商品力を比べた時に、後者が圧倒的に弱いことだ。アルファード&ヴェルファイアの1人勝ちになった。

ライバル車は、全長が4800mm、全幅が1800mmを超えるLサイズミニバンで、日産エルグランド、ホンダオデッセイ、同じトヨタのエスティマが該当する。この3車種はかつて販売が好調な時期もあったが、今は大幅に下落した。

■日産エルグランド

日産・エルグランド(現行型発売は2010年8月)

2018年上半期の1か月当たりの平均登録台数は668台だ。アルファードの4568台、ヴェルファイアの3781台に比べると圧倒的に少ない。

一番の敗因は、Lサイズミニバンで重要な3列目のシートが狭いこと。床と座面の間隔が不足して座ると膝が持ち上がり、窮屈な姿勢になる。

さらに3列目を格納する時は座席を下側に畳むから、左右に跳ね上げたり反転させる方式に比べて、床が高まってしまう。重い荷物を高い位置まで持ち上げる必要があり、荷室高も足りないから自転車などを積みにくい。

エンジンは直列4気筒2.5LとV型6気筒3.5Lのみで、アルファード&ヴェルファイアのようなハイブリッドは選べない。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は設計が古く、歩行者を検知できない。しかも装着されるのは3.5Lのみで、売れ筋の2.5Lでは選べない。

同じ日産が用意するミドルサイズミニバンのセレナに比べると、3列目の広さと居住性、荷室に変更した時の積載容量と使い勝手、安全装備の性能、ハイブリッドの設定まで、さまざまな機能で見劣りする。当然にアルファード&ヴェルファイアにも負けている。

しかも2列目のシートベルトは、セパレートタイプでも、ピラー(柱)から引き出す方式だ。セパレートタイプの2列目は、スライドやリクライニングの調節幅が大きいために背もたれから引き出して体にフィットさせるのが常識だが、エルグランドはそうなっていない。安全性にも不満がある。

今の日産では、商品開発と販売促進が海外中心になり、日本は冷遇されている。この象徴がエルグランドだ。

次ページは : ■ホンダオデッセイ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ