ノア&ヴォクシーより納期が早いのは有利! ステップワゴンの先行受注は1.8万台で11月中納車が可能!


 2022年5月27日に発表された新型ステップワゴン。ボディサイズを拡大し、装備を充実させて進化した。

 先行受注の台数は約1.8万台で好調だが、納期がどうなのだろうか? ホンダディーラーからは、久々に嬉しい悲鳴が聞こえてくる。

 ライバルである新型ノア&ヴォクシーに対し、反撃の狼煙を上げたステップワゴン。人気を取り戻し、巻き返しを図りたいところだ。ミドルサイズミニバンの直接対決は目が離せない。

 本稿では、販売店への取材から判明したステップワゴンの人気グレードや最新の納期情報をお届けするとともに、近年絶版ラッシュのホンダディーラーにとって、新型ステップワゴンはどのような存在だったのかを考えていく。

文/木村俊之
写真/ベストカーweb編集部、ホンダ

【画像ギャラリー】最新情報では全グレードの納期が11月中と早まったステップワゴンを写真で徹底チェック!(11枚)画像ギャラリー

■年内納車は無理じゃないぞ! 好調のステップワゴンの人気グレードは?

エアーは自然で親しみやすく、新型の走りや居住性に合っているにもかかわらず、装備はスパーダに比べて見劣りする

 ステップワゴンの人気グレードはガソリン、e:HEVモデルともに「スパーダ」である。これまでのステップワゴンとは少し異なり、最上位モデルの「スパーダプレミアムライン」が売れ筋になっているのには驚いた。

 オデッセイが撤退したことで、ホンダ上級ミニバンの席が空いたからだろう。そこへスパーダプレミアムラインが上手くポジニングできたことが、一つの要因だろうと筆者は考える。

 ステップワゴンはボディサイズを拡大し、装備が充実したことでオデッセイにも引けを取らないほど「格」が上がった。それでいてオデッセイより価格は控えめだから、ユーザーも選びやすい。

 納期はガソリンモデルで今年12月、e:HEVモデルで2023年1月以降とすでに年内は絶望的と言われていたが、ディーラーへの取材で新たな情報を入手した。部品の供給や生産ラインが落ち着きつつあり、メーカーからは全グレードで年内(11月中)に納車ができると通達があったという。

 ライバル車であるノア&ヴォクシーは、1年以上の納期が確定的だ。半年以内に納車ができるステップワゴンは、かなりのアドバンテージがあるだろう。

 新車納期が長ければ、営業マンは「車検の到来」「代車の用意」など、解決しなければならない問題が増える。商談も消極的にならざるを得ない。

 納期の早さをユーザーに強く訴求できれば、先行するノア&ヴォクシーに対し大幅な巻き返しが見込めるはずだ。ステップワゴンがライバルたちの脅威となるか、その動向が楽しみである。

ステップワゴンの人気グレードはガソリン、e:HEVモデルともにスパーダ(写真)

■ステップワゴンならではのノア&ヴォクシー対応策とは

新型ノアはエアロ系ハイブリッドが人気だ

 新型ステップワゴンのライバルであるノア&ヴォクシーは、安全装備や運転支援機能の先進さで1歩リードしているように思える。

 例えば「アドバンスドパーク」は、遠隔操作でクルマを出し入れでき、狭い駐車場での使い勝手が素晴らしい。燃費も良く、高級感漂う佇まいは、ミドルクラスミニバントップの実力を感じさせる。

 だが、ノア&ヴォクシーほどの先進的な装備こそ搭載されていないものの、ステップワゴンの機能も負けてはいない。

 走りは重厚感があり、揺れが少なく感じる。クルマ酔いに強いクルマ作りを意識して、路面のギャップによる突き上げ感などがかなり軽減されているのだ。

 また座面を高くするなど車内の見渡せることで、視覚的なクルマ酔い低減効果も生まれている。乗り物が苦手という人でも乗りやすく仕上がっているのがステップワゴンだ。

 クルマ酔いしてしまうと、せっかくのお出かけも楽しさが半減してしまう。ステップワゴンがライバルと1番の違うところは、クルマに乗る家族への気配りなのだろう。

乗り味は柔らかめだが安定性は充分。道路の起伏を拾っても突き上げを感じにくい

次ページは : ■ステップワゴンはディーラーにとってリーダー的存在