地味だけど使い勝手がよくて走りが楽しい「秀才車」 4選


 スポーツモデルといえば、ハイパワーエンジンを搭載し足をがっちり固めた粋のいい奴と相場は決まっている。しかし、飽きないだろうか? 

 それよりも、一見普通でコンサバ、エンジンもタイヤも大したことはない平均レベル。サスペンションも柔らかい。それでも、走ってみるとバランスが良くて、ハンドルを握ることが楽しくて仕方ないモデルがある。

 本記事では、そんな少し地味ながら走りが楽しめる車を紹介。その“懐の深さ”は本格スポーツに勝るとも劣らない!

文:松田秀士
写真:編集部


驚くほど足が動くカローラスポーツ

カローラスポーツ/全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm、エンジン:1.2L直4ターボ、116ps/18.9kgm、価格:222万4800円(G)

 スポーツモデルは法定速度内では持っているポテンシャルの50%も使えない。サーキットしかないわけですよ、性能を使い切るには。

 一方で、スポーツモデルというほど気張ってはいないけれど、バランスが良くてハンドリングが楽しいモデルがある。その筆頭がカローラスポーツ。車名にこそ「スポーツ」を謳うが、このクルマ、サスペンション柔らかいです。ロールも結構します。

 恐らくWRX STIや昔のシビックタイプRを絶賛する人からすれば、思いっきり拍子抜けすると思う。とにかく「足こんなに動いて良いの?」というくらいにストロークもありロールもする。

 エンジンは1.2Lターボで116ps/185Nmと大したパワーではない。トランスミッションは6MTかCVT。しかし、185Nmの最大トルクを1500~4000rpmという低中速域で発生するので、コーナリング中にアクセル操作を加減して車の姿勢をコントロールする楽しみがある。

 しかも、リヤサスペンションは左右が独立したダブルウィッシュボーン式。ロール(車の傾き)が深くなってもロールセンターの移動とキャンバー&トレッド変化がコントロールされているので、しっかりと路面を捉えて安定しています。

 ダンパー内のオイルも、強いストレスを受けたときに粘性を上げて減衰力を瞬間的に上げる特性のものが採用されている。しかも、ボディ剛性が高いから、タイヤが路面にへばりついている感覚、そして路面の状況がしっかりとドライバーに伝わってくる。

 これには新設計のスポーツシートの出来の良さも貢献している。最初はレカロか? と間違えたほど。長距離にも耐えるマルチなシートだ。とにかく、カローラスポーツはプチ走り屋さんが腕を磨くにはもってこい。

アクセラは激シブ仕様の走りが楽しい!!

アクセラスポーツ/全長×全幅×全高:4470×1795×1470mm、エンジン:1.5L直4、111ps/14.7kgm、価格:214万9200円(15Sプロアクティブ)

 次にお勧めなのがアクセラスポーツ。なかでも、アクセラスポーツのなかでも1.5LモデルのMTがイチオシ。

 搭載される直列4気筒1.5Lエンジンは、あのロードスターに搭載されているものと同じ。こっちはロードスターよりも車重があるために中速寄りのチューンがなされている。その出力は111ps/144Nmと、やはり大したことはない。

 しかもカローラスポーツスポーツは1.2Lではあるがターボで武装していたからそれなりにトルクもあったが、こちらはノンターボ・自然吸気。パワー的にもトルクの盛り上がりも、それほど期待はできない。

 ただ、このエンジン、高回転域まで回すとスッキリ気持ちが良い。パワーがないから使い切れるともいえるし、やはりロードスターの血を引いた高圧縮のSKYACTIV-Gだ。さらに、6速MTはATやCVTよりも軽量。

 ロードスターでは縦置きだったエンジンも、アクセラスポーツではFFゆえに横置き。つまり、フロントセクションが重くなってしまうレイアウトながら、6速MTによって比較的フォローされている。

 サスペンションは初期がすっきりと動くけれども、ロール角そのものは大きくない。アクセラスポーツもリヤサスペンションは左右が独立したダブルウィッシュボーン式の進化系であるマルチリンク式。よ~くスペックを見ると、さすがな仕様なのだ。

 また、6速MTなのにレーダークルーズコントロールとレーンキープアシスト(LAS)が標準装備されている。MTなのにLASまで装備されているのは、日本でもこの1台だけではないだろうか。

 このシステムがあれば、高速道路で遠出する間はこの2つの運転支援装置で疲れずに移動。目的地の峠道をしっかり楽しむ、なんてこともできる。マツダはMTだからといって安全快適面で手を抜かないところがうれしいね。

次ページは : 走りのバランス秀逸なスバル&ホンダのミドルハッチ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ