シエンタと悩んだけど結局フリードを契約! 最大の決め手はなんだ!?


 ホンダで一番売れているミニバンといえばフリード。5ナンバーサイズとコンパクトにもかかわらず、3列目シートも必要十分な大きさ。それでいて価格も手ごろとあれば売れないワケがない一台だ。

 でも果たして本当に使えて、オススメできるクルマなのか!? 最大のライバルであるシエンタと比較したうえでフリードを購入した筆者が決め手となったポイントを暴露。今から買う人これマジで必見!!

文/山本晋也、写真/山本晋也、ホンダ

【画像ギャラリー】フリードの2列目シートに注目!! 買うなら断然コレ(12枚)画像ギャラリー

■モデル末期なのにバカ売れ!! フリードはサイズも走りも文句ナシ

2016年登場のホンダ フリード。筆者は登場直後にオーダー(写真は2016年登場当時)

 世界と比較したとき日本の自動車市場が特異といえるポイントのひとつが、スライドドア車の人気が非常に高いことだ。ホンダ N-BOX、トヨタ ルーミーのような2列シートのコンパクトなモデルから、ショーファードリブンとしてのニーズも増しているトヨタ アルファードのような大型モデルまで選択肢も幅広い。

 そうした中で、3列シートを実現しているスライドドア・ミニバンとして最小サイズといえるのが、トヨタ シエンタとホンダ フリードの2台だろう。そして、このライバルの販売実績を見てみると、フリードがシエンタを上回っている。

 たいがいのカテゴリーにおいてライバルメーカーを圧倒しているトヨタがトップを獲れていない数少ないカテゴリーが、このスモールミニバンなのだ。

 さて筆者は、フリードが現行型にフルモデルチェンジした2016年秋にオーダーを入れている。その理由としては、パッケージと走りの2点において自分のニーズを満たすものであることが大きかった。

■フリードの走りはミニバンにあらず!? 見た目から想像もつかない仕上がりが決め手

 まずは走りの面についてフリードに魅かれた理由をお伝えしよう。

 ご存知のように、フリードは5ナンバーサイズのスモールミニバンだ。つまり全幅は1695mmに制限されてしまっている。それでいて全高は1.7mを超えている。そのシルエットから想像される走りは、高い重心がネガティブの作用した「どっこいしょ」と大きくロールするイメージだろう。

 フリードのハンドルを握って味わった走りは、そうした予想とは大きく異なるものだった。とくにリアタイヤの接地感が高く、60km/h走行でハンドル操作だけでレーンチェンジしたときにボディが揺すられるようなことはなかった。

 185/65R15というタイヤサイズを考えると、けっしてグリップ性能でスタビリティを得ているはずはない。

 じつは初めての手合わせは、仕事柄クローズドコースでの試乗だった。おかげで公道ではちょっと難しいような速度域での安定性も確認することができたが、それは並みのミニバンのレベルじゃないと感じるものだった。

 はっきり言って、同じ系統のプラットフォームを使っているフィットを超えるスタビリティを感じたのだ。

 その秘密は、フリードのリアサスペンションにある。実車を見る機会があれば覗き込んで欲しいのだが、リアのトーションビームを支えているコンプライアンスブッシュが特大サイズで、立派なアルミ製パーツでマウントされている様子が確認できる。

 このパーツだけが走りに効いているとはいわないが、5ナンバーサイズのスモールミニバンとしては考えられないほどリアサスペンションにお金をかけていることは実感できるはずだ。

 こうしたこだわりが、前述した接地感のあるハンドリングにつながっているといえる。それはミニバンでありながら走りが楽しめるということでもあるし、重心の高いミニバンだからといって緊急回避性能が劣っているわけではないということでもある。

 こうして最初に高いコーナリング性能の高さを味わったことが、発売直後にハンコを押そうと自分を決心させたことは間違いない。

次ページは : ■強い横風も余裕!! 先進安全装備の充実も購入した大きな理由