新型シエンタ8月発売直前にフリードが一部改良し6月24日に発売! 気になる次期フリードの発売は?

新型シエンタ8月発売直前にフリードが一部改良し6月24日に発売! 気になる次期フリードの発売は?

 今年8月に新型シエンタがフルモデルチェンジを受けるが、その直前の6月23日にホンダがトヨタをけん制するかのように、フリードの一部改良を行うという。

 直近の5月の新車販売台数を見ると、モデル末期にかかわらず、フリードは6747台の4位、シエンタは7位の4262台と相変わらず売れているという状況だ。

 本企画ではフリードの一部改良の内容と、次期フリードがどうなるのか、徹底解説する。

文/遠藤徹
写真/ベストカーweb編集部、ベストカー編集部、ホンダ、トヨタ

【画像ギャラリー】ホンダ フリード×トヨタ シエンタ!! まずは先制パンチの一部改良でフリードが天下を維持するか!?(14枚)画像ギャラリー

■人気のホンダ フリードが一部改良

モデル末期に入ってもなお人気の現行型ホンダ フリード
モデル末期に入ってもなお人気の現行型ホンダ フリード

 ホンダはフリード&フリードプラスを一部改良し、6月23日に発表、24日に発売する。一部改良型のモデューロXは7月14日に発売する予定。

 今回の改良は全グレードに撥水・防汚シートとCパッケージを設定し、高い質感と快適性を実現。タイプ数、ボディカラーの再編、特別仕様車「ブラックスタイル」の設定、同時にモデューロXの進化などが主なメニュー。

 次期フリードは2023年秋にフルモデルチェンジする見通しで、今回が現行シリーズ最終の改良となるだろう。今回のフリードの一部改良は、ライバルであるシエンタが8月にフルモデルチェンジすることから、これに対抗させる狙いもある。

 フリードの一部改良の内容を具体的に見ていこう。

 これまで4WD車のみ設定されていた、プラズマクラスター付きフルオートエアコン、シートヒーター、ロールサンシェード、IRカット/UVカット機能付きガラス、コンフォートビューパッケージを装備したCパッケージをFF車にも標準装備とした。また最も安いBグレード(3列シート6人乗り)を廃止した。

 ボディカラーは新3色全8色を設定。新色はフィヨルドミストパール、トワイライトミストブラックパール、プレミアムクリスタルブルーメタリックの3色で、代わりに廃止するのはシーグラスブルーパール、プレミアムクリスタルオレンジメタリックII、ミッドナイトブルービームメタリック、シルバーメタリックの4色。

現行型ホンダ フリード。次期フリードは2023年秋にフルモデルチェンジする見通しで、今回(2022年6月)が現行シリーズ最終の改良となると思われる
現行型ホンダ フリード。次期フリードは2023年秋にフルモデルチェンジする見通しで、今回(2022年6月)が現行シリーズ最終の改良となると思われる

 ブラックスタイルはGグレードをベースに外装パーツや内装にブラック加飾を施した特別仕様車で3列シート6、7人乗り、2列シート5人乗りのフリードプラスを含め全グレードに設定。

 外装はフロントグリルにクロスター系パーツを適用、ダーククロムメッキ、リアライセンスガーニッシュを採用。ブラック化はドアミラー、アウターハンドル、15インチアルミホイール。

 このほか、ハイマウントストップランプは赤レンズをクリアレンズ化、LEDヘッドライトはアクティブコーナリングライトとした。

 内装のブラック化は現行クロスターと同色のインパネ上部が白、インパネ木目色は現行Sパッケージと同色。シート色はシート表皮がGグレードと同じ。外装色はプラチナホワイトパールを訴求色にトワイライトミストブラックパール、フィヨルドミストパール、シルバーミストグリーンパールの4色を展開。

次ページは : ■モデューロXはフロントエアロを一新!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!