なぜカラーリングを変更? 18年間も続いた「見慣れた」カラーリングをやめる理由に迫る


 新京成電鉄と船橋新京成バス、松戸新京成バスは、約18年ぶりに乗合バスのデザインを一新する。2022年7月に新京成グループデザインバス4両を導入し、今後も順次導入していく予定だ。新しいデザインにはどのようなコンセプトがあるのか? 慣れ親しんだカラーリングをやめる理由とは?

文:三条桐葭
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】新京成グループデザインバスがデビュー(新旧比較)(4枚)画像ギャラリー

18年ぶりの新デザイン

 新京成グループバスでは、約18年ぶりの路線バス新デザインの導入だ。今回のデザイン変更は、新型コロナウイルスの影響や交通業界を取り巻く事業環境の変化に対応し、グループ一丸となって地域の交通網を担っていくため、新京成グループの結束力を高めることを目的としている。

車体(前面)

 デザインコンセプトは「つながり」。「結束」をイメージした白い帯を車体1周にぐるりと繋げ、車体前面はロゴのステップマークをイメージしたデザインに統一。公共インフラとして沿線地域の生活をグループ一丸となって支え、一歩一歩ステップし続ける姿勢を表現した。また新京成のコーポレートカラーでもあるジェントルピンクを基調とすることで、認知度向上とブランド力強化を目指す。

車体(後面)

2022年7月中旬から運行開始

 新デザインのバスは2022年7月中旬から運行開始予定で、当初は4両(車両番号:船橋新京成バス2両1356・1357、松戸新京成バス2両3332、3333) でスタートする。今後は新京成グループ乗合バス(一部の車両を除く)の新車導入時に本デザインへ置き換える予定だ。

 鉄道とグループバス事業者のデザインを統一することで、新京成グループは地域の発展を具体的にイメージできる公共交通機関として新たなブランドを築く。

【画像ギャラリー】新京成グループデザインバスがデビュー(新旧比較)(4枚)画像ギャラリー