モデルチェンジで実はお買い得に!? 価格以上に内容充実のお得車10選

モデルチェンジで実はお買い得に!? 価格以上に内容充実のお得車10選

 現行型のクルマは15年前と比べて価格は1.2〜1.4倍になった。つまり昔と比べて最近のクルマは高くなっているわけだが、たとえばモデルチェンジで価格自体は14万円の値上げになっても、装備の充実や質感の向上によって40万円の価値が加えられたクルマだってあるのだ。ここではそんな「価格以上に内容充実」された新型車10台を紹介する。

※本稿は2022年5月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】ライズ&ロッキー タント ステップワゴン…まだまだあります!!! 実質37万円も値下げされたオトク車はどれ??(16枚)画像ギャラリー

■最近のクルマは高い! でも質感と装備は価格以上にアップ

「最近はクルマの価格が高い」といわれる。確かに15年前と、同じ車種の同じグレードを比べると、現行型の価格は1.2〜1.4倍に相当する。15年前に200万円だったクルマが、今では280万円前後に達することもある。

 その代わり機能や装備も進歩した。今のクルマには、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、通信機能、各種の情報を表示できるディスプレイなどが備わり、車種によっては質感も向上している。

 特に軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、SUVなどの売れ筋カテゴリーは、ライバル同士の競争も激しい。フルモデルチェンジを行って価格が割高になると、競争に負けて売れゆきも下がる。

 そうなるとフルモデルチェンジで価格を14万円高めても、装備の充実や質感の向上によって40万円の価値を加え、実質26万円の値下げをするような商品開発を行う。このような買い得車が以下に紹介するホンダ ヴェゼル、トヨタ アクアを始めとした10車だ。

■ホンダ ヴェゼルは価格換算で、26万円オトク【お得指数160%】

ヴェゼルは先代から現行へ約14万円値上げされたが、リアゲートの電動開閉機能などが加わった。さらに元々高かった内装の質感もさらにアップ。実質26万円は値下げされたことになる
ヴェゼルは先代から現行へ約14万円値上げされたが、リアゲートの電動開閉機能などが加わった。さらに元々高かった内装の質感もさらにアップ。実質26万円は値下げされたことになる

 先代ヴェゼルハイブリッドZホンダセンシングの価格は276万186円であった。現行ヴェゼルe:HEV(ハイブリッド)Zは289万8500円だから、約14万円値上げされた。その代わり死角に入る後方の並走車両を検知して知らせる機能、曲がる方向を照射するアクティブコーナリングライト、リアゲートの電動開閉機能などが加わった。

 内装の質は先代型も高かったが、現行型では各部のつくりがさらに上質になった。ハイブリッドシステムは、エンジンは主に発電を行い、モーターが駆動を担当するe:HEVに進化し、加速が滑らかになった。

 これらの価値を価格に換算すると、少なくとも40万円に相当するので、価格上昇分を差し引いても、実質26万円は値下げされたことになる。

●価格:227万9200〜329万8900円

次ページは : ■トヨタ アクアは価格換算で30万円オトク【お得指数170%】

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ