禁断の同門対決5番勝負 【高い車の安いグレードvs.安い車の高いグレード】


 同じメーカーのクルマでも、ひとクラス上モデルの廉価グレードとその下のモデルの最上級グレードでは、ほぼ同じくらいの値段になるモデルがある。

 たとえば、VWゴルフのベーシックグレードと新型ポロの上級グレードは約260万円だ。ほぼ同じ価格なら、どちらのクルマが“買い”なのか? いろんな同門のひとクラス差モデル同士を比較チェック!

※本稿は2018年4月のものです
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年5月26日号


【TOYOTA対決】 ヴォクシーハイブリッドZS vs ヴェルファイアX [価格約330万円]

【ひとつ下モデル】 ヴォクシーハイブリッド ZS(326万9160円)。エアロバンパーやリアスポイラーを装備した最上級モデル。1.8Lハイブリッドを搭載
【ひとつ上モデル】 ヴェルファイアX・8人乗り(335万4480円)。ベーシックグレードでエンジンは2.5L直4搭載

 ヴェルファイアXは価格が最も安いグレードだ。ほかのグレードよりは内外装が簡素だが、ヴォクシーハイブリッドの最上級車であるZSとの比較では、エアロパーツと右側スライドドアの電動機能以外は見劣りしない。

 そしてヴォクシーの緊急自動ブレーキは、歩行者に対応できないが、ヴェルファイアは対応して性能が高い。車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも備わる。従って、装備の価格換算はほぼ同額だ。

 そうなるとヴォクシーのハイブリッド換算額が注目される。グレードの計算方法によって少し差が生じるが、ハイブリッドの換算額は約40万円だ。価格は約9万円ヴェルファイアが高いから、この金額を加えた49万円がヴェルファイアとヴォクシーの「正味価格差」になる。

 内装の質、3列目シートの座り心地、乗り心地は、ヴェルファイアのほうが明らかに勝る。49万円の価値は充分にあり、ヴェルファイアが買い得だ。

【判定人の結論】 ヴェルファイアが質感で明らかに勝る。ヴェルファイアが買いだ!

【HONDA対決】 ステップワゴン スパーダハイブリッドGホンダセンシング vs オデッセイ アブソルートEXホンダセンシング [価格約350万円]

【ひとつ下モデル】 ステップワゴン スパーダハイブリッドGホンダセンシング(355万9680円)
【ひとつ上モデル】 オデッセイ アブソルートEXホンダセンシング(354万円)

 装備はオデッセイが充実しており、サイド&カーテンエアバッグ、スマートパーキングアシスト、前席の電動機能などを装着した。これらの装備の換算額は25万円だ。オデッセイはボディが大きく、さらに装備も充実させた。

 いっぽう、ステップワゴンにはハイブリッドが備わる。オデッセイハイブリッドと基本的には同じシステムだが、換算額は異なる。ステップワゴンはライバル車との競争が激しく、ハイブリッドの「正味価格」は50万円だ。

 そして両車の価格を比べると約2万円オデッセイが安いから、装備換算額は27万円に計算される。この金額をハイブリッド価格の50万円から引いた23万円が、オデッセイとステップワゴンの「正味価格差」だ。

 機能は似ているが、3列目の居住性はオデッセイが快適で、走行安定性でも勝る。オデッセイが買い得だ。

【判定人の結論】 正味価格23万円差ならオデッセイがいい! オデッセイが買いだ!

次ページは : 【SUZUKI対決】 スペーシアハイブリッドX vs ソリオG [価格約150万円]

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ