【セレナe-POWER vs.ステップワゴンハイブリッド】 最高速&ゼロヨン ガチ対決

「いや、セレナやステップワゴンで最高速競ってもしょうがなくない?」

 タイトルをみた皆さんのこんな声が聞こえてきそうだ。たしかにある意味そのとおり。「そういうクルマじゃない」は重々承知です。でも、「動力性能としてどちらが優れているか」と考えれば、気になる人もでてくるでしょう?

 今一番激戦のカテゴリー、いわゆる2LクラスBOXミニバンの動力性能はいったいどんなもんなのか?

 最新モデル、しかも人気急上昇中の2台、セレナe-POWERとステップワゴンハイブリッド、そしてセレナ2Lガソリンエンジンモデル(オーテック)も加えて、その加速性能、最高速をテストで解き明かしていきます。

※本稿は2018年5月のものです
文:ベストカー編集部/写真:池之平昌信、西尾タクト
初出:『ベストカー』2018年6月10日号


■[TEST 1] セレナe-POWERとステップワゴンハイブリッド 加速性能はどっちが上!?

 セレナe-POWERは直列3気筒1198ccエンジンを発電用に搭載し、実際の駆動力は136ps/32.6kgmを発揮する電気モーターが担当する「シリーズハイブリッド」。エンジン動力は駆動力にはいっさい関わらない、動力性能的にはEVと同じである。

 いっぽうステップワゴンハイブリッドは145ps/17.8kgmの直列4気筒1993ccエンジンが「主に」発電を担当し、およそ100km/h以下の領域では184ps/32.1kgmの電気モーターがもっぱら駆動を担当。

 だが低負荷の高速定速走行時には自動的にクラッチが繫がりエンジン動力が駆動力として使われ、高速道路の上り坂での加速時などはエンジン+モーターで走行する場面もある。シリーズハイブリッド的側面も持つ「パラレルハイブリッド」である。

先行するセレナe-POWERをジワジワと追い詰めるステップワゴンハイブリッド……というこちらは“イメージ”。実際の勝負ではどうなるか

 2台横並びでよーいドンしたのがこの下のGIF画像。スタッフの事前予測以上にステップワゴンの出だしがよく、最初のひと転がりからセレナe-POWERを引き離す。実際にタイムを比較しても、100m、200m、300m……と両車の差はジワジワと広がっており、出だしでスッとリードしたステップワゴンハイブリッドがそのまま逃げ切るかたちに。

テストデータの数字からイメージする以上に、この両車の発進加速は大差。最初のひと転がりからステップワゴンが先行し、その差はグイグイ広がって行く

 最高速はセレナe-POWER=157.99km/h、ステップワゴンハイブリッド=160.25km/hで、若干ステップワゴンのほうが速いもののほぼ同等ということで、セレナの巻き返しはかなわなかった。

■[TEST 2] おなじセレナのe-POWERと2Lガソリンではどっちが早い!?

 これもなかなか興味深い。片や最高出力136ps、最大トルク32.6kgmのモーター、片や最高出力150ps、最大トルク20.4kgmのガソリンエンジンだ。

 結果から言ってしまえば、最高速は両車ほぼ同じ。2Lガソリンエンジンを搭載するセレナオーテックで計測した最高速は156.86km/hで、先ほどのe-POWERの157.99km/hとは誤差の範囲程度の差でしかない。

 これはちょっと意外だった。モーター動力のe-POWERは予測通りの結果なのだが、ガソリンエンジンモデルはもうちょっと伸びていくかと予測していたのだ。

 加速性能に関しては表のとおり。

参考としてN-BOX、86GRのテスト結果も載せている

 出だしの瞬間から起動トルクで有利なe-POWERがリードする展開は予測通り。ただ、モーターは高速域が苦手というのが一般的なので、100km/hを超える400m地点あたりからは差が縮まり、1000mより手前で逆転するだろう……という予測は完全に裏切られ、全域e-POWERが先行する結果となった。

セレナe-POWERと2Lガソリンでは、圧倒的にe-POWERが速かった

■松田秀士のワンポイントインプレ

 e-POWERの発進加速はいかにもモーターらしいトルク感があって力強い。高速域も思いのほか加速が継続し、メーター読み161km/hまで到達。ここまでは一気に加速していく感じ。足は柔らかいものの意外なまでに安定感がありバンクも安心。

テスト後に語る松田氏。今回の取材はJARI(日本自動車研究所・茨城県つくば市)にて5時間にわたって行われた

 ステップワゴンはe-POWERよりも発進加速がいい。特に100km/h超えの加速はe-POWERよりも強力。そして、なによりも直進安定性が高く、トップスピードでも安心感が高いのがいいし、そのいっぽうで微少な操舵にもしっかりとノーズが反応してくれるからドライブしていて安心。

 ただ、バンク内の路面の継ぎ目でボディに二次振動が発生し、ブルブル感が出るのが気になりました。

 セレナの2Lガソリンは、動力性能的にはe-POWERのほうがいいですね。乗っていて楽しさがあります。ただ、今回の2Lガソリン車は「オーテック」だったので、操安性能はノーマルより断然よかったですね。

●日産セレナe-POWER ハイウェイスターV

最高速度……157.99km/h

主要諸元……全長×全幅×全高:4690mm×1740mm×1865mm/ホイールベース:2860mm/車両重量:1760kg/エンジン:直列3気筒DOHC/総排気量:1198cc/最高出力:84ps/6000rpm/最大トルク:10.5kgm/3200〜5200rpm/モーター出力/トルク:136ps/32.6kgm/サスペンション:ストラット/トーションビーム/タイヤサイズ:195/65R15/JC08モード燃費:26.2km/L/価格:340万1400円

●日産セレナオーテックスポーツスペック

最高速度……156.86km/h

主要諸元……全長×全幅×全高:4810mm×1740mm×1850mm/ホイールベース:2860mm/車両重量:1740kg/エンジン:直列4気筒DOHC/総排気量:1997cc/最高出力:150ps/6000rpm/最大トルク:17.8kgm/4000rpm/トランスミッション:CVT/サスペンション:ストラット/トーションビーム/タイヤサイズ:205/50R17/JC08モード燃費:───km/L/価格:356万7240円

●ホンダステップワゴンスパーダ ハイブリットG ホンダセンシング

最高速度……160.25km/h

主要諸元……全長×全幅×全高:4760mm×1690mm×1840mm/ホイールベース:2890mm/車両重量:1790kg/エンジン:直列4気筒DOHC/総排気量:1993cc/最高出力:145ps/6200rpm/最大トルク:17.8kgm/4000rpm/モーター出力/トルク:184ps/32.1kgm/サスペンション:ストラット/トーションビーム/タイヤサイズ:205/60R16/JC08モード燃費:25.0km/L/価格:335万160円


【番外コラム】 あのクルマの最高速は!?

 今回はセレナe-POWER vs ステップワゴンハイブリッドを軸に、最高速が速度リミッターよりも低そうなクルマたちの実力をテストしたわけだが、これまでもそんなクルマたちのテストをベストカーでは実施してきた。それが下の表である。GT-RやNSX、ポルシェ911やイタリアンスーパーカーなどの動力性能も気になるけれど、今後も身近なクルマの動力性能もテストしていきたい。

 

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ