【売れ筋国産SUVか? 憧れの高額輸入SUVか?】 日欧コンパクトSUV対決


 ボルボXC40やBMW X2など、最近日本で続々と登場している、ミドルサイズより少し小さい欧州のコンパクトSUV。まさに今注目のカテゴリーだけに、その実力が気になるところ。

 そこで、ボルボXC40とBMW X1、それに同クラスの国産SUVであるトヨタC-HRとマツダCX-5という4車を試乗で比較。日欧4台の走り、実用性、それに実燃費はどうなのか?

 ベストカーおなじみの自動車ジャーナリスト、鈴木直也氏、大音安弘氏が徹底チェックした。

※本稿は2018年5月のものです
文:鈴木直也、大音安弘、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年6月10日号


■まずはデザインの比較から

(TEXT/鈴木直也)

 売れ筋ジャンルには次々に魅力的な新車が投入されるという法則どおり、またまたSUVに魅力的なニューカマーが登場した。

 まず注目されるのは、欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞で意気あがるボルボXC40と、s Drive18iのミッションをDCTに変更したBMW X1。この2台の輸入車を、マイチェンしたCX-5とベストセラーのC-HRが迎え撃つ構図だ。

 まずはデザインだが、方向性が真っ二つに分かれた。

ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション(559万円)

今年3月に発売されたボルボ初のプレミアムコンパクトSUV。エンジンは2L直噴ガソリンターボで252ps、190psとふたつのチューンが用意され、トランスミッションは8速AT。試乗車は発売記念限定車のファーストエディション

洗練されたデザインの内装。オレンジ色の内張やカーペットは2万5000円のオプション

トヨタ C-HR ハイブリッドG(FF)(290万5200円)

TNGAプラットフォームを採用したコンパクトサイズのSUV。スペシャルティ志向のデザインを採用しているのが特徴。パワートレーンはプリウスと同じハイブリッドで駆動方式はFF。そのほか、1.2Lターボも用意されている

外観と同様に内装のデザインも斬新。Gグレードはダークブラウンのカラーを採用

 いっぽうの陣営はアグレッシヴ系のXC40とC-HR。この2車はスタイリッシュというよりは筋肉的な迫力が売り。新しさでもインパクトがある。

マツダ CX-5 XD Lパッケージ・4WD(360万1800円)

マツダのミドルクラスSUV。今回テストしたほかの3車より全長がやや大きめ。エンジンは2Lと2.5Lのガソリン、それに試乗した2.2Lディーゼルターボをラインアップするが、特にディーゼルターボの走りはトルクフル

ドライバーに操作類やメーター類が使いやすく、見やすい位置に設置したコックピット

BMW X1 sドライブ18i Mスポーツ(FF)463万円

BMWの最小SUV。2015年に日本に上陸した現行の2代目はFRだった初代と異なり、FFプラットフォームを採用する。エンジンは1.5L直3ターボで140psを発揮。そのほか上級グレードには2L直4ターボが設定されている

センタークラスターをドライバー側に向けるなど、ドライバー中心の機能的デザイン

 他方、X1とCX-5はオーソドックスなカッコよさを目指している印象。CX-5は綺麗にまとまっているが、X1はやや没個性で、BMWのエンブレムがなかったら存在感に欠ける。

■走りはXC40とCX-5の元気のよさが印象的

(TEXT/鈴木直也)

 走りに関しては、XC40の印象が強烈だった。今回の試乗車はT5 R-Designだったから、2Lターボは252ps/35.7kgmというスペック。1.7トンオーバーの車重をまったく意識することなく、いつでも右足ひとつで余裕の追い越し加速が可能で、そのドライバビリティの頼もしさはトルクで定評あるCX-5ディーゼルに迫る。

 また、XC40はエンジンだけでなくシャシーの出来も予想以上だった。

 全高1660mm、最低地上高210mmと決して重心が低いわけではないが、体感ロールは驚くほど少なく鼻歌まじりで軽快にワインディングを駆け抜けてゆける。以前のボルボを知る人なら「でもR-Designだから乗り心地が硬いんでしょ?」と突っ込むところだが、XC40は乗り心地の質も上々。新しいCMAプラットフォームの出来のよさはタダモノではない。

 走りの元気さでこのXC40に対抗しようとすると、やっぱりCX-5 XDを持ってくる必要がある。190ps/45.9kgmのトルクフルなディーゼルは、一瞬のパンチ力ではこのジャンル最強。特に高速道路で5速や6速に入っている時のグーッと息の長い加速感に醍醐味がある。

 ただし、箱根のようなワインディングではフロントの重さを感じさせるハンドリングで、軽快さでは今回の4車中では最後尾。そちらを重視するなら、気筒休止の追加などエンジン改良を施されたガソリンモデルのほうがお薦めだ。

 走りのよさでは「駆け抜ける喜び」を謳うBMW X1にも期待したいところだが、今回持ってきたs Drive18iには正直あまり見るべき点がなかった。

 いまや3気筒1.5Lターボとなったエンジンは、140ps/22.4kgmと過不足ないスペックではあるが、BMWというブランドに期待するような官能性能は備えていない。特に、アイドルから低速域にかけての振動と、ごく低速域でのトルク不足はちょっと興ざめ。“ブランド物”を買った満足感に欠ける。

 また、燃費向上のために採用されたゲトラグ製7速DCTもダイレクトで歯切れのいいシフトフィールは好ましいが、スムーズさでは明らかな後退。発進停止を繰り返す渋滞では、以前のアイシン製6速ATよりストレスが多い。

 C-HRは今回ハイブリッドモデルを持ってきたのだが、普通に走っていると「狭いプリウス」という感じでちっとも面白くないのには困った。

 もちろん、燃費性能は4車中ダントツだし、ワインディングをガンガン攻めてもへこたれないシャシー性能にも文句はないのだが、「なぜプリウスではなくC-HRを買うのか?」という動機づけがデザイン以外で希薄なのだ。

 XC40並みとまでは言わないにしても、もうちょっとピリッとしたエンジンとCVTではないミッションが選べたら、C-HRの魅力はさらに高まると思うのだが……。

次ページは : ■[計測テスト1] 実燃費、静粛性がいいのは?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ