【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第195回

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第195回

 クルマ好きなら一発でわかるけれど、「ちょっと詳しい」くらいではパッと車名が浮かばない、というクルマは多いはず。それでも一台一台には作り手と売り手と買い手の思いが詰まっています。

 さまざまな思い出が詰まったクルマに、もう一度スポットライトが当たることを願ってお送りする本企画。車名がわかった方、ぜひSNSで思い出とともに高らかに「いいクルマだった!」とシェアしていただければ幸いです。

文/山城颯太
写真/ホンダ
難易度/★★☆☆☆

【写真ギャラリーで車名を当てろ】何台わかる? 往年の名車、珍車に光を当てよ!!


■正解はこちら!


●正解:ホンダ・シビックタイプR(EP3型/2001-2005)

ホンダ・シビックタイプR(EP3型/2001-2005)

 7代目シビックの登場から1年3ヶ月遅れで登場したシビックタイプR。ホンダの英国部門が生産を担当し、日本に輸入されました。流通する中古車は、初代のEK9型や3代目のFD2型の半数から3分の1程度で、歴代タイプRのなかでは特に希少な存在といえそうです。

 K20A型i-VTECエンジンをタイプR向けにチューニングし、最高出力215ps、最大トルク20.6kgmを発揮。なお、トランスミッションは6速MTのみ設定しました。2004年1月にマイナーチェンジを実施し、6灯式ヘッドライトの採用、イモビライザーの標準装備をはじめとする変更が加えられました。

2004年1月にマイナーチェンジを実施したタイプR後期型

【写真ギャラリーで車名を当てろ】何台わかる? 往年の名車、珍車に光を当てよ!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ