空母化で注目の護衛艦「いずも型」。そもそも空母とはどんな船?

空母化で注目の護衛艦「いずも型」。そもそも空母とはどんな船?

 海上自衛隊の護衛艦いずも型の空母化改修が進んでいる。これについては以前の記事『海自最大の護衛艦「いずも」型が能力向上! いま空母化が求められるわけ』にて紹介した。いずも型に付与される能力や、今後期待される運用については、先の記事を参照してもらうとして、今回は空母という船についてさらに掘り下げていくことにする。「いずも型が空母化!」などとメディアでは一言で済まされてしまうが、空母といってもさまざまなサイズや用途がある。海自のいずも型を深く理解する上でも、空母という船への理解が不可欠だ。

『海自最大の護衛艦「いずも」型が能力向上! いま空母化が求められるわけ』の記事はこちら

文・イラスト/坂本 明、写真/海上自衛隊

【画像ギャラリー】海自最大護衛艦の「いずも型」を写真で見る(3枚)画像ギャラリー

■空母とはどんな船なのか

 現在進められている護衛艦「いずも」型の改修ポイントは、F-35B(垂直/短距離離着陸機)を搭載・運用できるようにすることで、事実上の空母化といわれている。

 しかし、空母(航空母艦)とはいうものの、いずも型は、艦の大きさ、そして搭載できる機体数、さらには運用する機種などの面から見て、アメリカが保有する超大型空母とは全く異なる存在だということがわかるだろう。

 いずも型護衛艦のサイズは、全長248m、最大幅38m、満載排水量2万6000トンで軽空母に相当する大きさだ。

 建造費は約1200億円、さらにF-35B搭載に当たっての改修費は「いずも」と「かが」の2隻で61億円。搭載機数は任務により異なるが、F-35Bは10機程度、ヘリコプターは3~4機というところだろう。

 これに対してCTOL機(通常型固定翼航空機)を運用するアメリカ海軍の最新鋭原子力空母ジェラルド・R・フォード級は、全長337m、最大幅78m、満載排水量が10万1600トンで建造費は1.4兆円とされており、年間運用費が約1兆4534億円といわれる。このように艦の大きさも建造費もケタ違いに異なっている。

 もっともジェラルド・R・フォード級は世界最大の大型空母であり、搭載機数もCTOL機とヘリコプターを合わせて75機以上とダントツだ。

 では空母(航空母艦)とはどのような艦のことか。一言でいうと、多数の航空機を搭載して海上の航空基地の機能を果たす軍艦のことである。最大の特徴は多数の航空機を離着艦させられる全通型の飛行甲板と航空機を収容し整備や修理を行うことができる巨大な格納庫(ハンガー)を持っていることだろう。

■空母の建造や保有にはお金がかかる

 空母の起源は第1次大戦でイギリス海軍が考案した水上機母艦だが、起工時から空母として設計され、世界で最初に完成したのは日本海軍の鳳翔(1922年竣工)である。

 そして1940年12月8日、日本海軍が行った真珠湾攻撃から始まった太平洋戦争で、空母は一気に海戦の主役になった。空母は第二次大戦を通して海軍の主力兵器の1つとなり、アメリカ海軍では今日でもその座を占めている。また中国のように空母を主力兵器の1つと位置付けて、建造に拍車をかける国もある。

 現在、空母を保有・運用しているのはアメリカ、中国、イギリス、フランス、イタリア、ロシア、インド、タイの8カ国と言われるが、なかでも圧倒的な保有数を誇るのがアメリカ海軍である。

 アメリカ海軍では2017年に就役したUSSジェラルド・R・フォードを含めて11隻の原子力空母を保有している。加えて、現在もう1隻の同級(USSジョン・F・ケネディ)を建造中で、2024年には12隻体制となる予定だ。アメリカ海軍の原子力空母は満載排水量が10万トンを超えるので超大型空母(スーパーキャリアー)ともいわれる。10万トン以上の超大型空母を建造し、運用する費用やノウハウを持つ国はアメリカしかない。

 大型空母に分類されるイギリスの最新空母クイーン・エリザベスや中国の002型(山東)は、満載排水量約7万トン、ロシアのアドミラル・クズネツォワが6万トン近くあるが、アメリカ空母には遠く及ばない。STOVL機を運用するクイーン・エリザベスは別にして、002型やアドミラル・クズネツォワはCTOL機を運用しているが、発艦にはスキージャンプ方式が使われ、搭載機数も50機前後である。

 これら以外の国の空母は、満載排水量は5万トン以下であり、艦の大きさも小さい。

 当然ながら建造費や維持運用費はずっと安価だ。また保有する空母を、多用途な任務に使用できる強襲揚陸艦等に改修する国もある。コストがかかる空母を維持するよりは、多用途に運用できる艦にするほうが良いということなのだろう。実際、空母を保有していない国でも強襲揚陸艦を保有・運用する国は多い。

次ページは : ■様々な空母の分類法

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ