【代替わり、販売減、絶版へ】 哀しき運命を辿った“自滅”グルマ 8選


 最近、自ら滅してしまったんじゃないかと思えるような“自滅型”の日本車が、かなり目につく。

 その要因の多くが、「発売当初は日本でかなり売れていたけど、代替わりするたびに海外市場ばかりに目を向け、サイズが肥大化するなど日本市場に合わなくなった」こと。そうなると、“販売激減” → “絶版”という運命を迎えることもある。

 日本市場、あるいは我々日本のクルマ好きから見ると、それらは“自滅したクルマ”という表現も当てはまる。

 重い“入り”になってしまったが、もちろんそれはクルマたちだけが悪いわけではない。その多くはメーカーが懸命に戦略を練り、前を向いて突っ走ったがゆえの結果だ(それにしては「あんまりじゃない?」と思うケースもないではないのだが)。

 では何が悪かったのか。いや誰も悪くないのか。

 さぁ、ここからは、下のリストの国産絶版車、最近国内販売が低迷中の日本車のなかから8台が登場。クルマの横顔&概況を紹介しつつ、ノムさんも真っ青のボヤき節、「自滅の心境」を(勝手に状況から想像して)語ってもらった。

※本稿は2018年9月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年10月26日号


■トヨタ RAV4 (登場年 1994年絶版年 2016年)

■弾けた初代。が、代替わりで魅力が薄れる。「最初はモテモテだったのに~」

「身内のヴァンガードも一緒におサラバでした(涙)」

■RAV4氏の横顔&概況

 1994年に発売された初代RAV4は、5ナンバーサイズの軽快な3ドアボディにより、若年層も含めて大ヒット。シティ派SUVの先駆けだった。しかし、しかし。2代目、3代目とボディを拡大して全幅が1800mmを上回り、売れゆきも減。2016年に3代目が生産を終え、国内から撤退という末路に。

■RAV4氏、自滅のボヤき節

 最初に登場した時、そりゃ僕はカッコよかったですよ。それまでにないスタイルが新鮮で、女子にも大人気でいい思いをしちゃいました(CM登場の木村拓哉クンの恩恵もありましたけどね)。

 ところがですよ。2代目で3ナンバー車になり、2005年の3代目では海外志向が一層強まりスポーティ感が薄れる。

 加えて2007年には、あろうことか僕のロング版を豪華にしたヴァンガードも発売され、こっちは後席が広く3列シートまで用意されちゃ、かないませんよ。親(トヨタ)の考えが理解できないですよ!

 で、結局その身内(ヴァンガード)と人気を奪い合い、共倒れになりました。あ~あ。

(※なお、アメリカではRAV4は売れ続け、2019年春には日本市場に凱旋帰国し、復活販売。捲土重来を期します。果たして売れるのか!?!?)

■トヨタ イスト 登場年 2002年絶版年 2016年)

■初代の新風はどこへ? 北米好みの2代目は「ブサイクで上等よ」と暴れる

「北米ではこれが好みでも、日本じゃイケてないよな」

■イストくんの横顔&概況

 初代イストは、初代ヴィッツをベースにしたクロスオーバー風の上級コンパクトカーとして2002年に発売され、堅調に売れた。が、2代目は、北米でサイオンxDとしても販売され、全幅が1725mmに広がって3ナンバー車に。

 大胆な形状のフロントマスク、太いCピラーなどが日本人の好みに合わず、売れゆきを落とした……。

■イストくん、自滅のボヤき節

 俺っちは登場した時、人気者だったんだよ。初代ヴィッツはどっちかといえば女の子風で、こっちは男子風な感じだったし。で2001年、初代フィットが発売され、2002年には国内販売の1位だったんだけど、ヴィッツと俺っちはその独走を食い止めたんだよね。

 2代目ヴィッツが質感を一層高めたから俺っちも期待した。でも内容はガッカリ。2代目は「イケメンがブサイクになった」と言われ人気もガタ落ち。ブサイク上等よ、あばよ! と去っちまったよ。

次ページは : ■マツダ プレマシー (登場年 1999年/絶版年 2018年)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ