新型CX-60はマツダのDNAを入魂した史上最強のSUV! はたしてマツダを救えるのか?

新型CX-60はマツダのDNAを入魂した史上最強のSUV! はたしてマツダを救えるのか?

 理想のエンジンと言われる直列6気筒、意のままに操れるFR駆動、そしてディーゼルターボ+48Vマイルドハイブリッドや2.5LのPHEVを揃えた4種類のパワートレイン……。開発コンセプトは明確で「ドライビングエンターテイメントSUV」として、意のままに操れる、走りのいいSUVを謳っている。

 しかしそもそもSUVは、走りを一番に押し出していいのだろうか、という疑問符も少し残る。いずれにしてもマツダ入魂の力作といっていいだろう。

 はたして、このCX-60がマツダを救える存在なのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーweb編集部、マツダ

【画像ギャラリー】クルマ好きも注目する「マツダの救世主」!! 直6FRに最先端技術を投入した入魂の力作CX-60(8枚)画像ギャラリー

■直6・後輪駆動の注目のSUV

マツダ CX-60。マツダのラージ商品群第一弾として登場する。登場前からクルマ好きにとって注目の存在だ

 マツダの新型車、CX-60は、クルマ好きにとって注目される存在だ。SUVのカテゴリーに属するので、外観の強いカッコよさと、快適な居住性や積載性を合わせ持つ。しかもプラットフォームを刷新して、エンジンは縦向きに搭載され、駆動方式は後輪駆動とこれをベースにした4WDになる。

 かつてのクルマは後輪駆動が中心だったが、2000年以前に大半の車種が前輪駆動に切り替わった。海外を見ても、乗用車の分野で後輪駆動車を積極的に手掛けるメーカーは限られる。その意味で、CX-60から採用が開始された後輪駆動プラットフォームの開発は、大いに注目されるところだ。

 CX-60が後輪駆動を採用した理由として、開発者は直列6気筒3.3Lクリーンディーゼルターボの搭載を挙げる。燃焼を効率良く制御するには3.3Lの排気量が必要で、そのために6気筒が求められ、後輪駆動の直列6気筒に至ったという。

 CX-60に直列6気筒3.3Lディーゼルを搭載するXD・Lパッケージ・2WDのWLTCモード燃費は19.8km/Lだ。CX-5に直列4気筒2.2Lディーゼルを搭載するXD・Lパッケージ・2WDの17.4km/Lよりも優れている。CX-60のATは8速、CX-5は5速という違いもあるが、CX-60の効率は高い。

 そして後輪駆動のメリットは、エンジンの効率に留まらない。最も注目される点は、後輪駆動だから可能になったボンネットの長い美しい外観だ。

 2012年の初代(先代)CX-5から採用が開始された魂動デザインは、フロントピラー(柱)を室内側に引き寄せてボンネットを長く見せ、後輪に荷重が加わったように表現するものだった。

 ただしこのデザインは、外観に躍動感を与えられる半面、後輪駆動でないと視覚的なバランスが良くない。CX-5を始めとする従来のマツダ車は、前輪駆動なのにボンネットを無理に伸ばしたから、フロントオーバーハング(ボディが前輪よりも前側に張り出した部分)が不自然に長くなっていた。

 そこが後輪駆動のCX-60なら、エンジンを縦向きに搭載するため、前輪が前寄りに配置される。フロントピラーと前輪の間隔が大幅に広がり、フロントオーバーハングを伸ばさずにボンネットの長い外観にデザインできた。

 つまり魂動デザインは、本来は後輪駆動で実現すべきデザインコンセプトだった。CX-5などは、それを前輪駆動に当てはめたから無理な印象が生じたが、CX-60は自然でスマートに見える。CX-5を真横から見た時のような違和感はない。

 そして後輪駆動の採用は、魂動デザインに留まらず、スカイアクティブ技術の方針にも合っている。マツダの走りは人馬一体と表現され、具体的には、ドライバーの操作に対して忠実に走り、曲がり、止まることだ。

 そのためには、操舵は前輪、駆動は後輪と役割を分けた方が目的を達成しやすい。今は前輪駆動でも機能的な問題は皆無だが、運転感覚の違いは依然として生じる。前後輪の荷重バランスを整える上でも、後輪駆動は有利だ。

 従ってメルセデスベンツやレクサスといったプレミアムブランドの上級車種は、今でも後輪駆動にこだわる。

 このようにマツダ車の柱とされる魂動デザインとスカイアクティブ技術の両方において、後輪駆動は親和性が高い。CX-60はマツダ車の決定版ともいえる。

次ページは : ■4種類のパワーユニットも注目

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ