道路環境にマッチ? ステータスシンボル?? 日本で長く愛され続ける輸入車5台とその理由を考える

道路環境にマッチ? ステータスシンボル?? 日本で長く愛され続ける輸入車5台とその理由を考える

 フィアット500、ミニ、ポロ、Gクラス。日本でも昔から頻繁に見かける輸入車だと思うが、長く愛され続けるクルマにはやはり理由がある。遠く異国の地でロングセラーを続ける輸入車5台の「そのクルマでしか味わえない」もの、「ライバルを凌駕する性能を持ち続けている」理由を考える。

※本稿は2022年6月のものです
文/岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月10日号

【画像ギャラリー】フィアット、Gクラス、ポロ… 遠く日本で長く愛され続ける輸入車5台をギャラリーでじっくりチェック(25枚)画像ギャラリー

■世界的アイコン/フィアット500(2011年3月日本デビュー)

フィアット500(2011年3月日本デビュー)…ルパン三世の愛車としても有名なフィアット500。電気自動車であるフィアット500eが2022年6月に発売予定

 誰の目にも文句なくカワイイ。乗りたい! と思う人が続出するのは当たり前。原寸大のオモチャのようなクルマで、ペットのような感覚でつきあえる。それにいつまでたっても古くならない。新型が出てこないからなおのことだ。

 走りの仕上がりはおぼつかないところも見受けられるが、あまりそれが弱点になっていなくて、むしろひとクセあるからこそいつまでも飽きがこないような気もする。このまま作り続けても、一定数はずっと売れ続けるんじゃないだろうか。

●フィアット500 主要諸元
・全長×全幅×全高:3570×1625×1515mm
・ホイールベース:2300mm
・車重:990kg
・パワーユニット:0.9L、直2ターボ(85ps/14.8kgm)
・燃費:19.2km/L

■日本の道路環境にマッチ/BMW MINI ONE(2014年1月日本デビュー)

 クラシックMiniが確立した強力なブランドイメージがあるので、もはや最初から成功が約束されていたようなものだが、それをBMWがやったところがポイント。

 このデザインで走りもよくて装備が充実して完成度も保証されたのだから、もはや言うことなしだ。

 販売店もたくさんあるから安心して買えるし、オーナーの心をくすぐるアクセサリーを驚くほど豊富にラインナップするなど、MINIを所有することを楽しめるような企業努力を怠っていないところもさすがなのだ。

●BMW MINI ONE主要諸元
・全長×全幅×全高:3865×1725×1430mm
・ホイールベース:2495mm
・車両重量:1210kg
・パワーユニット:1.5L、直3ターボ(102ps/19.4kgm)
・燃費:16.2km/L

■Bセグのベンチマーク/VW ポロ(2018年3月日本デビュー)

VW ポロ(2018年3月日本デビュー)…ゴルフと並ぶフォルクスワーゲンの主力コンパクトカー。走行性能、ユーティリティ、すべてがハイレベルだ

 ポロの価値は、“普通”を極めたところにある。歴代ずっと、それぞれの時代において期待を裏切ることのない完成度を維持してきた。

 それにゴルフの弟分には違いないが、ゴルフだと何か気に障る部分があるととやかく言われやすいのに対し、なぜかポロはそうでもなくて、ネガティブな印象が持たれにくい。

 価格もずっと安いのに、乗ってる本人にとっても周囲への見え方にしても、存在感がゴルフとたいして変わらなかったりする。だったらポロで充分、となるよね。

●VW ポロ主要諸元
・全長×全幅×全高:4060×1750×1450mm
・ホイールベース:2550mm
・車両重量:1160kg
・パワーユニット:1L、直3ターボ(95ps/17.9kgm)
・燃費:16.8km/L

次ページは : ■新型よりこっちが人気!?/ルノーカングー(2009年9月日本デビュー)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ