GRカローラには手が届かない! …かも…だけど ほかにもいいクルマありますよ! 使える中古ハッチバックターボ17選

GRカローラには手が届かない! …かも…だけど ほかにもいいクルマありますよ! 使える中古ハッチバックターボ17選

 先日発表されたトヨタ GRカローラは世界中のスポーツカー好きにとって話題の1台だと思う。とくに「モリゾウエディション」は台数限定・抽選による販売が予告されているだけに、いまから熾烈な争奪戦も予想される。だが一方、GRカローラに匹敵する魅力的なクルマがたくさん存在するのも事実。そこで2001年以降に販売されたクルマで、GRカローラに対抗できる、使えて楽しい中古ハッチバックターボをご紹介していく。

●GRカローラに負けないための4か条
・実用性に優れていること
・ターボエンジンを搭載
・ボディはハッチバック(例外でワゴンも…… OK!)
・何より走りが楽しいこと!!


※本稿は2022年6月のものです。※入手困難度の見方は 星5つ…奇跡/星4つ…超困難/星3つ…困難/星2つ…楽勝/星1つ…余裕
文・中古市場情報/萩原文博、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】まだまだある!! GRカローラに負けない魅力を持った中古ハッチバックターボ車をギャラリーでチェック(17枚)画像ギャラリー

■GRカローラに対抗できる、使えて楽しいハッチバック(中古)はどれだ!?

 ターボエンジン搭載のハッチバックが激アツだ! というのも今年4月にアメリカでのトヨタGRカローラ発表で、日本だけでなく世界中のスポーツカーファンがどっと盛り上がったからである。

 そして2カ月後の6月1日には日本仕様車も発表。富士24時間耐久レースでは一般向けに実車公開もされて、発売をまだかまだかと多くの人が待ちわびているのだ。

 ただ、あえてGRカローラ「以外」を選ぼうとする人もいるだろう。「みんながアッチなら、オレはコッチ」精神だ。そしてベストカーはそんな精神が嫌いではない。

 そこで、この企画ではGRカローラに負けぬほど実用性に富み、かつ走りが爽快なホットハッチは何があるのか調査。そして欲しくなった人向けに、中古個体を探すうえでの注目点を指南していきたい。

■ホンダ シビックタイプR(4代目)

4代目のシビックタイプRは2015年12月から販売され、当時ニュル最速のFFだった。中古車は少ないが最高出力310ps、最大トルク40.7kgmのVTECターボを味わえる
4代目のシビックタイプRは2015年12月から販売され、当時ニュル最速のFFだった。中古車は少ないが最高出力310ps、最大トルク40.7kgmのVTECターボを味わえる

 4代目のシビックタイプRは2015年12月から国内限定750台で販売された。当時、ニュルブルクリンク北コースでFF車最速タイムを記録した。

「デュアルアクシス・ストラット・フロントサスペンション」を採用したシャシーに、最高出力310ps、最大トルク40.7kgmを発生する2L直列4気筒VTECターボエンジンを搭載。

 組み合わされるトランスミッションはエンジン特性にマッチしたクロスレシオを採用した6速MTのみとなっている。限定販売だったため、中古車の流通が少ないが、前オーナーのメンテナンス履歴があればそれらを重視したい。

●ホンダ シビックタイプR(4代目)
・走りの楽しさ度:★★★★★
・使い勝手のよさ度:★★★★★
・入手困難度:★★★★☆

中古相場:395万〜500万円

次ページは : ■三菱 ギャランフォルティススポーツバック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!