えっ、まだやってるの!? 昔の常識今の非常識 古いクルマ好きの無意味な慣習

 古いクルマ好きがどうしてもしてしまう慣習ってあるはず。たとえばエンジンをオフにする前に「フォーン、フォーン」とアクセルを煽るとか。

 でも現代のクルマは信頼性もあがり、数多くの儀式は不要だし、むしろその習慣がクルマを痛めている可能性すらあったりするんです。

 そんなクルマ界の儀式に意味があるのか迫ります。

文:鈴木直也/写真:AdobeStock


■忘れ去られた習慣はロストテクノロジーに

 メディアで定期的に話題になるネタとして「死語」というテーマがある。

 例えば「ナウい」とか「チョベリバ」みたいなカビが生えた言葉をとりあげて、「昔はこんなこと言ってましたねぇ」と笑い飛ばすやつだ。

 でも、この「死語」みたいな現象、クルマの世界にもけっこうありますよ。

 思いつつままに言葉だけ拾い集めてみても、三角窓とかチョークとかグリスアップとか、若い人には何のことだかわからない用語がゴロゴロ出てくる。

ひと昔まえはシャシーの可動部に定期的なグリスアップが必要だった。しかし2代目スカイラインが1年間もしくは3万kmの無給油シャシーをデビューさせた

 クルマの場合はどうしても技術用語が多くなる傾向があるが、技術が進化すれば古いコトバやモノは使われなくなる。やがて、それが落ち葉のように積もってロストテクノロジーの地層を形成してゆくわけだ。

 そんな、クルマ界の忘れられた技術や忘れられた習慣について、ちょっと考察してみようと思います。

■暖機運転5分はもう必要ない?

 昔の人は「始動してすぐ走り出すとエンジンを痛める」と教わっていたから、5分くらい暖気運転して水温計が動いてから走り出す習慣があった。

 昔のクルマは今より「固いオイル」を使っていたから油温が上がるまではオイルポンプの送油能力が不十分だったし、ピストンやシリンダーの金属が膨張してクリアランスが適切な状態になるまで大きな負荷をかけたくない。

 昔は5分間暖気にもそれなりにリーズナブル(編註:合理的)な理由があったのだ。

 しかし、ウォームアップがまったく不要とまではいえないが、現代のクルマで5分も暖気運転するのはムダな習慣といえる。

 じつは、今でも冷間時の始動はエンジン開発者にとって鬼門で、最近のエンジンはとにかく早く温度が上昇するよう工夫されている。

 触媒の温度が上がらないと排ガス浄化がうまく行かない。水温油温が上がらないとフリクションが減らない。

 最適運転温度にならないと燃費ベストなECU制御マップが使えない…。

 つまり、エンジンを暖めるのは「エンジンを痛める」という古典的な理由からではなく、燃費と排ガス性能を早くベストな状態に持って行きたいがゆえ。

 そこで5分もアイドリングで停止していたら、単なる燃料のムダ遣いになってしまうってことですね。

■エンジン設計者は慣らし運転は必須とは言わない

 昔からクルマ好きの間で論争になるのが、慣らし運転をどうすべきかというテーマ。慣らし運転不要論を唱える人もいれば、入念に慣らしたエンジンは後々のパフォーマンスが違ってくるという人もいる。

 ぼくの経験では、自動車メーカーのエンジン設計者で「慣らし運転は必須」という人に出会ったことはない。

 もちろん、走行0キロでいきなりサーキットに持ち込むのは推奨しないが、入念に慣らし運転をしないと設計値のパフォーマンスが出ないなんてことは有り得ない。

 慣らし不要とまではいわないが「現代のエンジンの工作精度はそんなに甘くないですよ」というニュアンスで話してくれる人がほとんどだ。

 では、「じゃアナタは新車を買ったらいきなり全開にするの?」と聞かれるかもしれないが、それはもちろん「NO」だ。

 自分で買った新車を初回点検前に全開でブン回すなんて、クルマ好きのすることじゃない。最低限、最初のオイル交換までは丁寧に乗って、じょじょに慣らしてゆくに決まってる。

 つまるところ、慣らし運転というのは「気持ちの問題」ということ。現代のエンジンは慣らし不要といえるくらい機械精度は高いが、だからといって最初からブン回すのは気持ちのいいものじゃない。

 慣らし運転も新車を買う楽しみのひとつなんだから、そういう気持ちでエンジョイすべきだと思うのですが。

■3ペダルのテクニックはまだ必要なのか?

 マニュアルミッションが絶滅危惧種となった現在、もはや無形文化財といってもいいくらい珍しくなったのがヒール&トゥとダブルクラッチだ。

 こうなってくると、まずヒール&トゥとダブルクラッチとはなんぞやということを説明しないと、話が前へ進まない。

 ヒール&トゥはブレーキを踏みながらシフトダウンするという状況で、エンジン回転を下のギアに同期させるためブレーキを踏んだまま右足のカカトでアクセルをちょんと空吹かしするテクニック。

 ダブルクッチは、シフトアップ/シフトダウンでギアを切り替える時、いちどニュートラルポジションでクラッチをつないで回転を同期させてから次のギアに入れるテクニック。

ヒール&トゥーは必須というわけではないがこれができないと一人前じゃない、みたいな空気はいまだにありそうだ

 シフトダウンの時には同期のためのアクセル空吹かし、シフトアップの時はその逆の操作が必要となる。

 まぁ、ほとんどの人には「何のこっちゃワカラン」と思うが、昔の人はこういう風にイロイロと面倒な作業をこなしつつ、マニュアルシフトのクルマに乗っていたわけだ。

 しかし、面倒なことは機械に肩代わりさせるのが技術の進歩というもの。

 ダブルクラッチはシンクロナイザー(これも死語だね)の発達で使われなくなり、ヒール&トゥもフェアレディZが装備した「シンクロレブコントロール」のような自動空ぶかし装置で置き換えることが可能となっている。

 というか、そもそも面倒なシフト操作を機械やらせようというのが、オートマチック・トランスミッション(AT)の発想なんだから、ATを選んだ時点でそれまでドライバーがやっていたクラッチ操作やシフト時の回転同期などはすべて不要となる。

 冒頭に述べたとおり、AT車比率98%という現代ではヒール&トゥとダブルクラッチはもはや無形文化財といってもいいテクニックなのである。

■エンジンをかける前にアクセルを踏む!?

  クルマ関連に限らず、よく意味はわからないんだけれど、先祖代々伝承されている文化みたいなものがある。

 たとえば、正月になると門松を立てておせち料理を食べるなんていう習慣も、それが始まった頃には意味がある習慣だったのだろうが(門松は神様が家にやってくるときの目印、おせち料理は作り置きに向いたレシピといわれている)、今それを意識する人はあんまりいない。

 エンジンをかける前にアクセルを3回踏むとか、エンジンを切る前にブオンと吹かすとかいう習慣(?)などまさにそれだ。

キャブ車時代の慣習をいまだにする人もいるがインジェクション時代には不要だ。ジェットの交換なんてのももう知らない人が多いだろうな……

 まだ燃料噴射が普及する前のキャブレター時代には、始動時にアクセルを2〜3度あおってやることで加速ポンプ(死語)を作動させ、空燃比を濃くすることが可能。

 チョーク(死語)を使わずにエンジンをかけるという、ちょっと小洒落たテクニックだった。

 逆に、エンジンを切る時には軽くブォンと空ぶかししてからスイッチオフ。たぶんレーシングマシンを真似たのだと思うが、それが通っぽいとされていた。

 キャブ車が絶滅して久しいのに、こういう昔風の儀式が残っているのは、むしろ人間の習慣の方が意外に変わらないということかもしれないですね。

■水抜き剤が効果的なクルマなんてもう少ない!?

 昔のクルマはメンテナンスを必要とする部分がたくさんあったが、現代のクルマは基本メンテナンスフリー。

 ディーラーで真面目に定期点検を受けておけば、燃料を入れるだけで快調に走り続けてくれる。

 ところが、そうなると逆に「いじりたいユーザー」にとっては物足りなくなる。

 昔はプラグコード(死語)を変えたり、バッテリーのアース線を交換したり、お手軽なDIYチューンが楽しめたが、今のクルマは素人には手も足も出ない。

 ガソリンスタンドで「ガソリンタンクの水抜きはどうですか?」なんて言われると、ちょっとやってみたくなったりするわけだ。

 率直に言って、こういう水抜き剤などはあんまりお勧めできない。そもそも現代のクルマの燃料タンクはほとんど樹脂製だし、燃料系はHC(炭化水素)の蒸発を防止するため完全密閉で蒸発HCを吸着するキャニスターまで装備している。

 内部の結露がゼロとはいわないが、それが悪影響を及ぼすような設計にはなっていない。

圧倒的に密閉式のバッテリーが多い現代で、バッテリー液の補充はもはや風前の灯火。メンテナンスフリーのバッテリーが圧倒的勢力だ

 これは12Vバッテリーも同じ。昔は電解液が大気開放だったから、液が減って電極が露出しないように蒸留水の補給したりという作業があったが、いまのバッテリーは完全密閉型。蒸留水を補給しようにも補給口がない。

 そんな閉塞状況ゆえ、最近のDIYチューンはSEVやアルミテープのような心理効果(?)を狙ったネタにシフトしているような気もしますねぇ。

■右ウィンカーで「追い抜きたい」は通じない?

 交通というのは一種のコミュニティだから、そのコミュニティの中で通用する一種の「言語」が存在する。

 代表的なのはハザードランプで、本来緊急事態を知らせる非常信号だったのに、いつの間にか「ありがとう」のサインとしても使われるようになった。

 いまやそっちの方が主流。これは日本特有の文化らしいけれど、カー・トゥ・カー・コミュニケーションの先駆けともいえる事例だ。

ウィンカーで自車の意思表示をするという習慣はすでに廃れてしまったようだ。速いクルマが迫ってきたらとりあえず左車線に避難したい

 逆に、すっかり悪いイメージがついてしまったのがパッシングライト。本来は追い越し車線にふらっと出てくる遅いクルマへの警告だったのに、最近では典型的な煽り運転行為という扱い。ちょっと使用をはばかる空気になっている。

 同様に影が薄くなってきているのが、右ウインカーで「追い越したい」というサイン。

 パッシングライトよりも刺激の少ない(へり下った?)合図として、いっとき高速道路で右ウインカーの点滅が見られたが、もはや追い越しそのものが「悪」なのかもしれません。

 煽り運転といえば、だったら左ウインカーで「追い越してください」という意思表示をして先に行かせちゃえばいいじゃないと思うのだが、これも意外に普及しない。

 こちらは、もっと一般化してほしいコミュニケーションサインだと思うのですがねぇ。

■もうすぐクルマの鍵すらなくなるぞ

 さて、いろいろ書いてきけれど、最近は技術の進歩が早いからそれが陳腐化するのもアッという間。

 10年くらいクルマから離れていたらほとんど浦島太郎状態で、「え、そんなことまだやってるの!?」というネタがどんどん増えてゆく。

 たとえば、最近のクルマは多くが電子キー装備だから、ドアのロック/アンロックはリモコンで一発だけれど、ボルボなんかキー自体を廃止してスマホで認証させる計画を進めている。

 今はポケットから鍵を取り出して鍵穴を探す行為が古臭く見えるけれど、もうちょっとしたら「え? まだ鍵なんて持ち歩いてるの?」になるかもしれない。

 自動車業界に押し寄せる「電動化」の荒波は、100年に一度の大変革と言われているけど、クルマとの買い方、使い方、付き合い方など、クルマに関わるすべてが大きく変化しつつある時代といえそうですね。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ