えっ、まだやってるの!? 昔の常識今の非常識 古いクルマ好きの無意味な慣習


 古いクルマ好きがどうしてもしてしまう慣習ってあるはず。たとえばエンジンをオフにする前に「フォーン、フォーン」とアクセルを煽るとか。

 でも現代のクルマは信頼性もあがり、数多くの儀式は不要だし、むしろその習慣がクルマを痛めている可能性すらあったりするんです。

 そんなクルマ界の儀式に意味があるのか迫ります。

文:鈴木直也/写真:AdobeStock


■忘れ去られた習慣はロストテクノロジーに

 メディアで定期的に話題になるネタとして「死語」というテーマがある。

 例えば「ナウい」とか「チョベリバ」みたいなカビが生えた言葉をとりあげて、「昔はこんなこと言ってましたねぇ」と笑い飛ばすやつだ。

 でも、この「死語」みたいな現象、クルマの世界にもけっこうありますよ。

 思いつつままに言葉だけ拾い集めてみても、三角窓とかチョークとかグリスアップとか、若い人には何のことだかわからない用語がゴロゴロ出てくる。

ひと昔まえはシャシーの可動部に定期的なグリスアップが必要だった。しかし2代目スカイラインが1年間もしくは3万kmの無給油シャシーをデビューさせた

 クルマの場合はどうしても技術用語が多くなる傾向があるが、技術が進化すれば古いコトバやモノは使われなくなる。やがて、それが落ち葉のように積もってロストテクノロジーの地層を形成してゆくわけだ。

 そんな、クルマ界の忘れられた技術や忘れられた習慣について、ちょっと考察してみようと思います。

■暖機運転5分はもう必要ない?

 昔の人は「始動してすぐ走り出すとエンジンを痛める」と教わっていたから、5分くらい暖気運転して水温計が動いてから走り出す習慣があった。

 昔のクルマは今より「固いオイル」を使っていたから油温が上がるまではオイルポンプの送油能力が不十分だったし、ピストンやシリンダーの金属が膨張してクリアランスが適切な状態になるまで大きな負荷をかけたくない。

 昔は5分間暖気にもそれなりにリーズナブル(編註:合理的)な理由があったのだ。

 しかし、ウォームアップがまったく不要とまではいえないが、現代のクルマで5分も暖気運転するのはムダな習慣といえる。

 じつは、今でも冷間時の始動はエンジン開発者にとって鬼門で、最近のエンジンはとにかく早く温度が上昇するよう工夫されている。

 触媒の温度が上がらないと排ガス浄化がうまく行かない。水温油温が上がらないとフリクションが減らない。

 最適運転温度にならないと燃費ベストなECU制御マップが使えない…。

 つまり、エンジンを暖めるのは「エンジンを痛める」という古典的な理由からではなく、燃費と排ガス性能を早くベストな状態に持って行きたいがゆえ。

 そこで5分もアイドリングで停止していたら、単なる燃料のムダ遣いになってしまうってことですね。

次ページは : ■エンジン設計者は慣らし運転は必須とは言わない