外れドラは大化けする! 人気車が続々受注停止、納期が長い…それなら!! で選ぶ実力車たち

外れドラ1は大化けする!

 巨人の坂本勇人をはじめ、ヤクルトの山田哲人や村上宗隆などのいわゆる“外れ1位”が大成功を収めているケースが珍しくないプロ野球の世界。これをクルマの世界にたとえるならば受注停止や納期の長期化が叫ばれる人気モデルではなく、比較的短い期間で納車されるクルマを購入することがそれに当たるのでは? 

 ということで、ここではクルマの世界の“外れ1位”を厳選してみた。このようなシチュエーションに身を置くアナタ、本命をあきらめて外れ1位を選べば意外や意外、将来大化けするかもよ?

文/FK、写真/トヨタ、スズキ、日産、三菱

【画像ギャラリー】ドラ1よりイイ!! 今こそ、次期愛車選びの再考を!(21枚)画像ギャラリー

たとえ“外れ外れ外れ外れ1位”でもエクリプス クロスPHEVは魅力十二分!

外れドラ1は大化けする!
力強いパフォーマンスとプロテクションの安心感を表現したダイナミックシールドを進化させることで精悍かつスポーティな表情を実現したエクリプス クロス

 革新的なクロスオーバーEVとして今年3月に第1号の出荷を迎えたアリア。しかし、7月になるとフェアレディZとともに受注一時停止のアナウンスが……。外れ1位になり得るEVの候補としてあげられるUX300eは納期不透明、ソルテラは6月のリコールで当面は使用停止、MX-30 EV MODELも受注一時停止とEVのSUVは外れ1位すら選べないのが実情。ならば、2~3カ月という比較的短納期のプラグインハイブリッドも視野に入れるのが得策かも!? 

 そこで推したいのはエクリプス クロスPHEVだ。前後各1基搭載の高出力モーター、大容量バッテリー、2.4リッターのMIVECエンジンなどで構成するツインモーター4WD方式のPHEVシステムを採用したエクリプス クロスPHEV。

 駆動用バッテリーの電力でモーター駆動する“EV走行モード”、エンジンで発電した電力でモーター駆動する“シリーズ走行モード”、エンジンで発生した動力で走行しモーターがアシストする“パラレル走行モード”の3つのモードを走行状況に応じて自動で切り替えることでモータードライブを楽しめることも大きな特徴と言えるだろう。

 2021年11月のマイナーチェンジでは高速道路での渋滞走行時や長時間の巡航走行時にドライバーの負担を軽減する高速道路同一車線運転支援機能のマイパイロットを採用するなど装備も充実。  

 車内に設置した100V AC電源(最大1500W)で電化製品に電力が供給できたり、急速充電口を使ってクルマに蓄えた電力を家庭で使える蓄電池にもなる便利なPHEVもアリかな? という人はぜひご検討あれ。

ハスラーの特別仕様車“J STYLEⅡ”はジムニーの外れ1位になり得るか?

外れドラ1は大化けする!
J STYLEⅡでは専用のウッディブラウン2トーンをはじめ、ソフトベージュ2トーン仕様車にアーバンブラウンパールメタリックを設定するなど、全8パターンをの車体色を用意

 発売から約4年、今なお1年以上の納車待ちと言われるジムニー。本格オフロード走行が可能な唯一無二の軽自動車なだけに「1年待ってでも欲しい!」という人は少なくないが、みんながみんな、そうではないこともまた事実。軽自動車+アウトドアテイストの組み合わせを考えると……ジムニーと同じスズキのハスラーなら、外れ1位として指名するに値する1台と言えるのでは? 

 ハスラーはハスラーでも気になるのは、2022年5月に発売された特別仕様車のJ STYLEⅡ。

 HYBRID X、HYBRID Xターボをベースに、大自然の中にも街中にも違和感なく溶け込む“自分のためのスタイルを大事にする存在”として、特別仕様車ならではの専用装備を満載している。

 標準モデルとは明らかに一線を画すメッキフロントグリルやHUSTLERアルファベットエンブレム、チタニウムグレーのインパネカラーガーニッシュなどの専用装備を採用した、力強さと上質さを兼ね備えたエクステリア&インテリアは必要にして十分な仕上がり。

 また、スズキとしては初めてとなる空気清浄機のナノイーXを採用したフルオートエアコンや、落ち着きあるブラウン&ダークブルーのレザー調ファブリックシートなども快適な室内空間を提供してくれる。

 ちなみに、車両本体価格は最上級グレードのJ STYLEⅡターボ(4WD&CVT)が183万3700円であるのに対して、ジムニーの最上級グレードであるXC(4WD&4AT)は190万3000円と大差はない。

次ページは : 第2世代e-POWERを搭載したキックスが激戦のコンパクトSUV市場で存在感を発揮

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ