クラウン4車種&同門同士で共食い勃発か!? 名門「エステート」復活の歓喜と今後の展望

クラウン4車種&同門同士で共食い勃発か!? 名門「エステート」復活の歓喜と今後の展望

 名車クラウンエステートの名が復活した。2022年7月15日の新型クラウンワールドプレミアで登場し、ステーションワゴンからラージSUVへと大きな変貌を遂げている。

 クラウンファンの中では、最も愛された派生車の一つであろうクラウンエステート。その歴史をひもときながら、新型クラウンエステートについて、今後の展望を考えていこう。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、奥隅圭之

【画像ギャラリー】新型クラウンエステートが独り勝ち!? 充実すぎるトヨタの高級SUVラインナップ(25枚)画像ギャラリー

歴代クラウンの大きな財産「エステート」の存在

クラウンファン感涙!? エステート復活!! なぜクラウンエステートは愛されるのか?
1999年に登場した11代目クラウンに設定されたクラウンエステート(アスリート)

 クラウンのワゴンモデルといえば、やはりクラウンエステートだろう。17系クラウンをベースにステーションワゴン化したこのモデルは、ステーションワゴンのイギリス英語であるエステートと名付けられた。ちなみに、エステートの登場前には、クラウンワゴンというモデルが、クラウンのステーションワゴンとして活躍している。

 1999年のデビュー当時、エステートにはロイヤルサルーンとアスリートの2グレードが設定された。しかし2001年にロイヤルサルーンを廃止。その後は2007年までアスリートグレードのみで販売が続けられている。そのため、クラウンエステートというと、メッシュグリルのアスリート顔を思い浮かべる人が多いだろう。

 少しやんちゃなクラウンとして、当時のセダンユーザーよりも若干低い年齢層に愛されたクルマだ。クラウンとしての質感を残しながらも、走りのグレードであるアスリートを強く意識させ、クルマとしての派手さもあった。現在も根強いファンは多く、新車購入したクラウンエステートを、現在も所有し続けているというユーザーを、筆者は数多く知っている。

 クラウンエステートは、それだけ完成度が高く、また代わりになるクルマがない、唯一無二の存在でもあったのだ。

生まれ変わったクラウンエステートはどんなクルマ?

15年ぶりに復活するクラウンエステート。新型はステーションワゴンからラージSUVへ
15年ぶりに復活するクラウンエステート。新型はステーションワゴンからラージSUVへ

 16代目クラウンのラインナップとして登場したエステート。その内容を見ていこう。

 ボディ形状はクロスオーバーよりもワゴンを際立たせた2BOXで、サイドビューはハリアーやRAV4に近い。カテゴリーとしてはラージSUVと区分された。ボディサイズは全長4930mm×全幅1880mm×全高1620mm、ホイールベースは2850mmだ(数値はいずれも開発目標値)。アクティブライフを楽しむワゴンとSUVのクロスオーバーは、シリーズの中で最も全高が高く、使い勝手が良さそうだ。

 ボディサイズ以外の数値は、まだ公式に発表されていないが、エンジンや駆動方式、乗車定員がどのようになるのか、今後の情報が楽しみである。

 ランクルやレクサスRXと充分に勝負できるボディサイズであり、クルマの仕上がりにも期待できるはずだ。また、既に高級SUVの雄としてハリアーがいるが、それ以上のプレミアムSUVが2023年に誕生するということになる。世界的にも人気が高いプレミアムSUV市場にクラウンエステートが入り、欧州プレミアムSUV達とどのような戦いを繰り広げるのか、今から楽しみな存在だ。

次ページは : 2023年 クラウン三つ巴対決&トヨタ同士の共食いが始まるのか!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!