さみしすぎる!! さよならも言わずにひっそり去っていった名車たち(涙)


 どんなものにも始まりがあれば終わりがある。もちろん、クルマも例外ではなく、鳴り物入りのデビューを飾った、一世を風靡したにもかかわらず、ひっそりと生産終了していた……というクルマは数えきれない。今回は、特に「去り際がさみしすぎる!!」と感じずにはいられないクルマをピックアップしてみたい。

文/関谷明日香、写真/トヨタ、ダイハツ、日産、ホンダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】去り際がさみしすぎる名車たちにエールを!(19枚)画像ギャラリー

晩年がさみしすぎた!! コンパクトカーの概念を覆した名車 「日産 マーチ」

さみしすぎる!! 何も言わずにひっそり去っていった名車たち
8年半ぶりにフルモデルチェンジをした4代目。かわいらしい印象が強かったマーチから一新、力強くスタイリッシュなスタイルへとチェンジしたものの……

 マーチは、初代モデル(1982年~1992年)、2代目モデル(1992年~2002年)、3代目モデル(2002年~2010年)、そして現行となる4代目モデルは2022年で12年目を迎えるという、日産のロングセラーモデルのひとつ。そんなマーチが、悲しいことに2022年8月をもって生産終了となった。

 初代は近藤真彦さんをイメージキャラクターに据え、「マッチのマーチ」のCMも大きな話題となるなど、鳴り物入りのデビューを果たし、セールス的にも大成功を収めた。

 初代の人気を凌駕したのが1992年1月に登場した2代目で、安かろう悪かろうというコンパクトカーの概念を覆したと言われるほどの大ヒットモデルとなった。その人気はとどまることを知らず、1998年には派生モデルとして、ハイトワゴンのキューブが誕生している。こちらもヒットモデルとなった。

 しかし、その後の3代目、4代目は思うように販売台数を伸ばすことができず……。そんな状況のなか、日産はマーチと同じ5ドアハッチバックであるノートにe-Powerを搭載するなど、コンパクトカー戦略を刷新。しかし、マーチにはこれといった変更は加えられないまま時は過ぎていった……。

 そして、ついに日本では姿を消すことになってしまった。一世を風靡したコンパクトカーにもかかわらず、ラストの限定車などといった有終の美を飾るような施策もなく……。コンパクトカーの概念を覆した名車の去り際としてはあまりにさみしすぎる!

 しかし! ほんの少し明るいニュースも。メキシコでのマーチの人気は根強く、e-Power搭載モデルも発売間近となっている。今後、マーチが逆輸入車として凱旋してくる……かもしれないことをちょっと期待したい。

ホンダの技術力の高さを見せつけた革新的HVだったが……「ホンダ インサイト」

さみしすぎる!! 何も言わずにひっそり去っていった名車たち
初代は燃費性能を最優先、2代目は低価格でハイブリッド車の普及を目指した。そして最後となった3代目は、ミドルサイズの4ドアセダンの上質でスポーティなハイブリッド車に生まれ変わった

 1999年に登場して以来、ホンダのハイブリッド専用車として3世代に渡って国内販売されてきたインサイト。

 1999年にデビューした初代は燃費性能を追求。オールアルミ製モノコックを採用し、ボディにもアルミとプラスチックを使用するなどして、820kgというハイブリッドカーとしては驚異的な軽量化を実現。そのおかけで、当時の量産車としては最高となる35km/L(10・15モード)を達成。ホンダの技術力の高さを世に示した。

 2代目はハイブリッドの車の普及を目指して価格を抑え、ボディタイプも5ドアファストバックスタイルへ。デビュー直後は好調だったが、ライバルだった3代目プリウスに押され、販売台数は低迷し、2018年にフルモデルチェンジが実施され、3代目へ。

 この3代目は「コストパフォーマンスに優れたエコカー」から「高機能かつ上質なスポーティセダン」へとコンセプトを大きく変更。それに伴い価格もアップ。最も安いグレードなら200万円を切る価格設定だった先代とは異なり、3代目はなんと200万円台のグレードすらなく、すべて300万円以上という価格設定に。結果としてこの方向転換が仇となってしまった。さらに国内のセダン低迷のあおりも受け、2022年8月末で生産が終了となった。

 インサイトの実質的な後継車は発表されたばかりの新型シビックe:HEVとも言われている。今後はシビックe:HEVの動向に注目したいところだ。

次ページは : スーパーハイトワゴン同士の共食いに負けた!? 「ダイハツ ウェイク」

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ